第二百十六段 最明寺入道、鶴岡の社参の次に

最明寺入道(さいみょうじのにゅうどう)、鶴岡(つるがおか)の社参(しゃさん)の次(ついで)に、足利左馬入道(あしかがのさまのにゅうどう)の許(もと)へ、先(ま)づ使を遣して、立ち入られたりけるに、あるじまうけられたりける様、一献にうち鮑(あわび)、二献にえび、三献にかいもちひにてやみぬ。その座には亭主夫婦、隆弁僧正、あるじ方(がた)の人にて座せられけり。さて、「年毎(としごと)に給はる足利の染物、心もとなく候」と申されければ、「用意し候」とて、色々の染物三十、前にて女房どもに小袖に調(ちょう)ぜさせて、後につかはされけり。

その時見たる人の、近くまで侍りしが、語り侍りしなり。

口語訳

最明寺入道(五代執権北条時頼)が、鶴岡八幡宮に参詣のついでに、足利左馬入道のもとへ、前もって使いを遣わして、立ち寄られた時に、主人として接待されたその様子は、最初の膳にはのし鮑、二番目の膳にはえび、三番目の膳にはかいもちひで終わりになった。その座には亭主である足利夫婦と、隆弁僧正が主人側の人としてお座りになっていた。さて、「毎年いただいています足利の染物が、待ち遠しいです」と申されたので、「用意してございます」といって、色々の染物を三十疋、最明寺入道らが並み居る前で女房たちに小袖に仕立てさせて、後からお届けになったという。

その時見た人で、最近まで存命でございました人が、語りましたことです。

語句

■最明寺入道 五代執権北条時頼。前段参照。 ■鶴岡 鶴岡八幡宮。鎌倉雪ノ下に鎮座。源頼義が康平6年(1063年)由比ヶ浜に石清水八幡宮を勧請したのが始まり。治承4年(1180年)源頼朝が現在の位置に移した。 ■社参 神社に参詣すること。 ■足利左馬入道 足利義氏(1189-1254)。左馬頭。母は初代執権北条時政の娘。妻は三代執権北条泰時の娘。北条氏とは深いつながりがある。承久の乱(122年)で武勲を立てた。仁治2年(1241年)出家。 ■立ち入られたりけるに お立ち寄りになった折に。 ■あるじもうける 主人として客をもてなす。饗応。 ■一献・二献・三献 最初の膳・二番目の膳・三番目の膳。 ■うち鮑 のしあわび。鮑の肉を薄く細く切り、干したもの。 ■かいもちひ ぼた餅説とそばもち説があり定まらない。 ■亭主夫婦 家の主人足利義氏とその妻。 ■隆弁僧正 石清水八幡宮別当。四条大納言隆房の小。権僧正。歌人としても知られ『続後撰集』に入集。 ■あるじ方 主人側。 ■足利の染物 足利の染め物。足利は足利氏の本拠地。栃木県足利市。 ■三十 三十疋。一疋は二反。 ■前にて 時頼らが並み居る前で。 ■小袖 袖口を狭く仕立てた衣類。 ■調ぜさせて 仕立てさせて。 ■近くまで侍りしが 最近まで生きていた者が。

メモ

■古き執権時代の素朴な接待の場面
■ほほえましい君臣の交わり
■兼好の時代、時頼の子孫の高時が、足利左馬入道の子孫の高氏に滅ぼされた。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク