第二百十七段 或大福長者の言はく

或(ある)大福長者(だいふくちょうじゃ)の言はく、「人は万(よろづ)をさしおきて、ひたふるに徳をつくべきなり。貧しくては生けるかひなし。富めるのみを人とす。徳をつかんと思はば、すべからく、まづその心づかひを修行すべし。その心と言ふは、他のことにあらず。人間常住(じょうじゅう)の思ひに住(じゅう)して、かりにも無常を観ずる事なかれ。これ第一の用心なり。次に万事の用をかなふべからず。人の世にある、自他につけて所願無量なり。欲に随ひて志を遂げんと思はば、百万の銭ありといふとも、暫くも住すべからず。所願は止(や)む時なし。財(たから)は尽くる期(ご)あり。限りある財をもちて、かぎりなき願ひにしたがふ事、得(う)べからず。所願心にきざす事あらば、我をほろぼすべき悪念来(きた)れりと、かたく慎み恐れて、小要(しょうよう)をも為すべからず。次に、銭を奴(やっこ)のごとくして使ひもちゐる物と知らば、永く貧苦を免るべからず。君のごとく、神のごとく畏れ尊(とーと)みて、従へもちゐることなかれ。次に、恥に臨むといふとも、怒り恨むる事なかれ。次に、正直にして約を固くすべし。この義を守(まぼ)りて利を求めん人は、富の来(きた)る事、火のかわけるにつき、水のくだれるにしたがふがごとくなるべし。銭積りて尽きざる時は、宴飲(えんいん)・声色(せいしょく)を事とせず、居所(きょしょ)を飾らず、所願を成(じょう)ぜざれども、心とこしなへに安く楽し」と申しき。

口語訳

ある大金持ちが言うことに、「人はあらゆる事をさしおいて、ひたすらに富を身につけるべきだ。貧しくては生きているかいが無い。富んでいる者のみを人とする。富を身につけようと思えば、当然のこととして、まずその心使いを修行すべきだ。その心というのは、他のことでもない。この世が永久不変であるという信念を固く守って、かりそめにも無常観にとらわれたりしないことだ。これが第一の用心である。

次にあらゆる用事をかなえようとしてはならない。人の世にある、自分のことも他人のことも、欲望は無限である。欲に従って願いを遂げようと思えば、百万の銭があっても、ほんの短い間も手許に残ることはない。

欲望にはきりがない。財産は尽きる時がある。限り有る財産で限り無い願いに従がう事は、不可能だ。欲望が心にわきたつことがあれば、わが身を滅ぼす悪い考えが来たと、かたく慎しみ恐れて、小さな欲望をも成し遂げてはならない。

次に、銭を下僕のように使い用いる物と考えていると、永く貧乏から抜け出すことができない。君主のように、神のように畏れ敬って、思いにまかせて使ってはならない。

次に、銭のことで恥をかいたとしても、怒り恨む事があってはならない。次に、正直にして約束を固く守るべきだ。この道義を守って利益を求める人は、富が来る事、火がかわいた所について、水が低い所に流れるようになるに違いない。

銭が積もって尽きない時は、酒・歌・女にも構わず、住まいを飾らず、欲望を果たせないといっても、心は永遠に安らかで楽しい」と申した。

語句

■大福長者 大金持ち。 ■ひたふるに 一途に。 ■徳 「得」に同じ。富・利益。 ■つく 身につける。獲得する。 ■すべからく 当然。 ■人間常住の思ひ この世は不変不滅だという信念。 ■住す 固く守る。 ■無常を観ずる 無常観を得る。無常を認識する。 ■かなふ 目的を果たす。 ■所願無量 欲望は無限にあるということ。 ■住す 手元に留まる。 ■きざす もよおす。 ■小要 小さな用事。 ■従へもちゐる 思いのままに使う。■恥に臨むといふとも 金銭のことで恥をかくとしても。 ■約 約束。 ■義 道義。 ■火のかはけるにつき 「同声相応じ、同気相求む。水は湿に流れ、火は燥に就く」(易経・文言)。 ■水のくだれるにしたがふ 「人の性の善なる、なほ水の下(ひく)きに就くが如し」(孟子・告子章句上)。水が低い所に向かって流れること。 ■宴飲 宴会。酒盛り。 ■声色 歌舞音曲と女色。 ■事とせず 気に留めず、顧みず。


仰(そもそも)人は、所願を成(じょう)ぜんがために、財(たから)を求む。銭を財とする事は、願ひをかなふるが故なり。所願あれどもかなへず、銭あれども用ゐざらんは、全く貧者とおなじ。何をか楽しびとせん。このおきては、ただ人間の望みを断ちて、貧を憂ふべからずと聞えたり。欲を成(じょう)じて楽しびとせんよりは、しかじ、財なからんには。癰(よう)・疽(そ)を病む者、水に洗ひて楽しびとせんよりは、病まざらんにはしかじ。ここに至りては、貧富分く所なし。究竟(くっきょう)は理即(りそく)に等し。大欲(たいよく)は無欲に似たり。

口語訳

そもそも人は、欲望を成就するために財産を求める。銭を財産とすることは、願いをかなえるためである。欲望があってもかなえず、銭があっても使わないのは、まったく貧乏人と同じである。何を楽しみとするのだろう。この大福長者の教えは、ただ人間の欲望を断ち切って、貧しさを憂うべからずと受け取れる。欲望を成就して楽しみとするよりは、財産が無いほうがよい。悪性のできものを患う者が、水で洗って楽しみとするよりは、病気をしないほうがいいのだ。ここに至っては、貧富を分ける所は無い。悟りの境地は迷いの境地と本質的に等しいということだ。欲望が大きいことは、無欲に似ているということだ。

語句

■おきて 前に述べられた大福長者の教え。 ■望みを断ちて 欲望を断ち切って。 ■聞こえたり 理解される。受け取れる。 ■癰(よう)・疽(そ) 悪性のできもの。 ■究竟は理即に等し 悟りの境地と迷いの境地は本質的には等しいこと。「究竟」は天台宗の悟りの境地。「理即」は凡夫の迷いにとらわれた状態。それらは本質において等しいとする。 ■

メモ

■大福長者の言は教科書に載せて繰り返し繰り返し暗誦させるべき。すばらしい。
■後半の兼好の理屈は、まったく説得力に欠ける。大福長者への反論にすらなっていない。強引に自分の土俵に話をもっていこうとして空回りしている。
■富む者が金を使わないのと、貧しい者が金を使えないのは、まったく意味が異なる。兼好の言には説得力が無い。
■日本には「お金儲けは汚い」「お金の話は下品」という間違った価値観があり、学校教育で徹底して洗脳されるから、まずい。
■「お金を目的にしてはいけない」は、大嘘。お金を目的にしない態度でお客様に接するのは失礼。
■一円でも高く、一つでも多く売る。そのためにお客様に何が提供できるか、脳ミソから血が出るくらい考え抜く。それが商売。「お金じゃないよ」など言ってるのは、お客様をバカにした態度である。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク