第二百十九段 四条黄門命ぜられて言はく

四条黄門(しじょうのこうもん)命ぜられて言はく、「竜秋(たつあき)は、道にとりてはやんごとなき者なり。先日来りていはく、短慮のいたり、きはめて荒涼(こうりょう)の事なれども、横笛の五の穴は、聊(いささ)かいぶかしき所の侍るかと、ひそかにこれを存ず。その故は、干(かん)の穴は平調(ひょうじょう)、五の穴は下無調(しもむじょう)なり。その間に、勝絶調(しょうぜつじょう)を隔てたり。上(じょう)の穴双調(そうじょう)、次に鳧鐘調(ふしょうじょう)を置きて、夕(さく)の穴、黄鐘調(おうしきじょう)なり。その次に鸞鐘調(らんけいじょう)を置きて、中(ちゅう)の穴盤捗調(ばんしきじょう)、中(ちゅう)と六(ろく)のあはひに神仙調(しんせんじょう)あり。かやうに間々(まま)に皆一律をぬすめるに、五の穴のみ、上(じょう)の間に調子を持たずして、しかも間をくばる事久しきゆゑに、その声不快なり。されば、この穴を吹く時は、必ずのく。のけあへぬ時は、物にあはず。吹き得る人難し、と申しき。料簡(りょうけん)のいたり、誠に興あり。先達(せんだち)、後生(こうせい)を畏ると伝(い)ふこと、この事なり」と侍りき。

口語訳

四条中納言がおっしゃることには、「豊原竜秋は、笙の道においてはたいした者だ。先日来て言うことに、考えの浅い限りで、きわめてぶしつけの事ではありますが、横笛の五の穴は、やや不審な所がございますかと、ひそかにこれを思っております。

なぜなら、干(かん)の穴は平調(ひょうじょう)、五の穴は下無調(しもむじょう)です。その間に勝絶調(しょうぜつちょう)を隔てています。上(じょう)の穴は双調(そうじょう)、次に鳧鐘調(ふしょうじょう)を置いて、夕(さく)の穴は黄鐘調(おうしきじょう)です。その次に鸞鐘調(らんけいじょう)を置きて、中(ちゅう)の穴は盤捗調(ばんしきじょう)、中(ちゅう)と六(ろく)の間に神仙調(しんせんじょう)があります。このようにそれぞれの穴と穴の間に皆一律を隔てていますが、五の穴だけが、上(じょう)の間に調子を持たずに、しかも間を空けることは他の穴と穴の間隔と変わらないので、その音が耳障りです。

なので、私はこの穴を吹く時は、必ず口を離します。十分に離さない時は、他の楽器と調和が取れません。うまく吹ける者は滅多におりません、と申した。思慮深い限りである。実に興味深い。先輩が後進をおそれるという事は、この事である」と申されたことでございました。

語句

■四条黄門 藤原隆資(1292-1352)。または同隆蔭(1295-1364)。どちらも四条を号した。「黄門」は中納言の唐名。 ■命ぜられて言はく おっしゃることには。 ■竜秋 豊原竜秋(1291-1363)。笙の名手。四条中納言はその弟子だったという。 ■道にとりては 笙の道においては。 ■やんごとなき たいした。特別な。 ■短慮 考えが浅いこと。 ■荒涼の事 ぶしつけな事。 ■横笛 雅楽で用いる笛。吸口のほかに穴が七つある。長さ一尺三寸あまり。図参照。 ■のく 口を笛の吸口から少し離す。 ■のけあへぬ時は 十分に離さない時は。「あふ」は十分に。 ■物にあはず 他の楽器と調和が取れない。 ■料簡 思慮深いこと。 ■先達、後生を畏る 先輩は、後進をおそれるものだ。「子の曰わく、後世畏るべし」(『論語』子罕第九)。

横笛横笛


他日に、景茂(かげもち)が申し侍りしは、「笙は、調べおほせて持ちたれば、ただ吹くばかりなり。笛は、吹きながら、息のうちにて、かつ調べもてゆくものなれば、穴ごとに、口伝(くでん)の上に性骨(しょうこつ)を加へて心を入るること、五の穴のみにかぎらず。ひとへにのくとばかりも定むべからず。あしく吹けば、いづれの穴も心よからず。上手はいづれをも吹きあはす。呂律(りょりつ)のものにかなはざるは、人の咎(とが)なり。器(うつわもの)の失(しつ)にあらず」と申しき。

口語訳

後日、大神景茂(おおがしげもち)が申しましたことには、「笙は、調律を調え終わって持てば、ただ吹くだけです。笛は、吹きながら、呼吸の内に、調べを調えていくものですから、穴ごとに、口頭で教わった技術に加えて、天性の素質を加えて心をこめていくことは、五の穴ばかりに限りません。必ず口を離すとばかり決まっているわけではないです。まずく吹けば、どの穴も耳障りな音を立てます。上手な者はどの穴も周囲と調和させられます。旋律が他の楽器とあわないのは、人の問題であって、楽器の欠点ではありません」と申しました。

語句

■景茂 大神(おおが)景茂(1292-1376)。笛の名人。従四位筑前守。 ■笙 雅楽に用いる管楽器。 ■調べおほせて 調律を調え終わって。 ■息のうちにて 息遣いの中に。 ■口伝 口頭で伝えられた技術。 ■性骨 天性の素質。天分。 ■呂律 音の調子。旋律。 ■ものにかなはざるは 他の楽器と調和しないのは。

メモ

■笛用語がややこしい章段。前半と後半の二部構成。
■訳すのがとても難しい

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク