第二百二十一段 建治・弘安の比は、祭の日の放免の付物に

建治(けんじ)・弘安(こうあん)の比(ころ)は、祭の日の放免(ほうべん)の付物(つけもの)に、異様(ことよう)なる紺の布五六反にて馬をつくりて、尾髪(おかみ)には灯火(とうしみ)をして、蜘蛛のい描きたる水干につけて、歌の心など言ひわたりしこと、常に見及び侍りしなども、興ありてしたる心地にてこそ侍りしか」と、老いたる道志(どうし)どもの、今日も語り侍るなり。

この比(ごろ)は付物、年を送りて過差(かさ)ことのほかになりて、万(よろづ)の重き物を多く付けて、左右(さう)の袖を人に持たせて、自らは鉾をだに持たず、息づき苦しむ有様、いと見苦し。

口語訳

「建治(けんじ)・弘安(こうあん)の頃は、賀茂祭の日の放免(検非違使庁のしもべで、賀茂祭の警護にあたった)が身に着ける飾り物に、風変りな紺の布四五反で馬を作って、しっぽとたてがみには灯心を用いて作り、蜘蛛の巣を描いた水干につけて、歌の心だなどと言いまわっていることを、いつもかけ見ましたことなども、面白くしでかしたものだなという心地でございましたな」と、年老いた導志たちが、今日も語ってございました。

最近は飾り物も年をおって必要以上の派手さは殊の外になって、あらゆる重い物を多く付けて、左右の袖を人に持たせて、自分は鉾さえ持たないで、あえぎ苦しんでいるのは、たいへん見苦しい。

語句

■建治・弘安 1275-88年。後宇多天皇の時代。兼好の生年前後。 ■放免 検非違使庁のしもべで、元罪人が役につく。そのため「放免」。鉾を持って賀茂祭の警護にあたった。 ■付物 装束に付けた飾り物。 ■異様なる 風変りな。 ■尾髪 しっぽとたてがみ。 ■灯心 イグサの芯に油をしみこませて火をともした。 ■蜘蛛のい 「い」は「網」。蜘蛛の巣。 ■水干 狩衣の一種。やや丈が短い。元服前の少年が晴れ着として着た。 ■歌の心 「くものいに荒れたる駒はつなぐとも二道かくる人は頼まじ」という歌の心。これを歌いながら歩いたか。 ■興ありてしたる心地 面白くしでかしたものだなという気持ち。あるいは「興ありて、したる心地」と区切り、「面白く、見事だという気持ち」。 ■道志 大学寮の明法道の出身者で、衛門府の志(さかん、四等官)と検非違使庁の志を兼任する者。
■過差 度を越して派手なこと。 ■息つき苦しむ あえぎ苦しむ。

メモ

■後宇多天皇の時代。兼好の生年前後。
■くものいに荒れたる駒はつなぐとも二道かくる人は頼まじ
■ささがにの道 六義園

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク