第二百二十四段 陰陽師有宗入道、鎌倉よりのぼりて

陰陽師有宗入道、鎌倉よりのぼりて、尋ねまうで来(きた)りしが、まづさし入りて、「この庭のいたづらに広きこと、あさましく、あるべからぬ事なり。道を知る者は植うることを努(つと)む。細道ひとつ残して、皆畠(はたけ)に作り給へ」と諌め申しき。

誠に、少しの地をもいたづらに置かんことは、益(やく)なき事なり。食ふ物、薬種(やくしゅ)など植ゑおくべし。

口語訳

陰陽師有宗入道が鎌倉から京に上ってきて、私の館を尋ねてやってきたが、家の中に入ってまず、「この庭が無駄に広いことは、呆れかえるほどで、あってはならない事です。道理を知る者は植物を植えることに励みます。細道一つ残して、皆畑にお作りなさい」と忠告いたしました。

本当に、少しの地をも無駄に置くことは、無益なことだ。食う物、薬になる植物などを植えておくべきである。

語句

■陰陽師有宗入道 安倍有宗。正四位下陰陽頭。安倍晴明の子孫。陰陽寮の職員。陰陽五行説に基づき吉凶を占うなどする。 ■尋ねまうで来りしが 私の家を尋ねてやってきたが。「まうで来る」はやって来る。 ■

メモ

■安倍有宗
■瑞泉寺⇒嵯峨の天龍寺・西芳寺の礎

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク