第二百二十六段 後鳥羽院の御時、信濃前司行長

後鳥羽院の御時(おおんとき)、信濃前司行長(しなののぜんじゆきなが)、稽古の誉(ほまれ)ありけるが、楽府(がふ)の御論議(みろんぎ)の番に召されて、七徳(しちとく)の舞を二つ忘れたりければ、五徳の冠者(かんじゃ)と異名(いみょう)をつきにけるを、心憂き事にして、学問を捨てて遁世(とんぜい)したりけるを、慈鎮和尚(じちんかしょう)、一芸あるものをば下部(しもべ)までも召し置きて、不便(ふびん)にせさせ給ひければ、この信濃入道を扶持(ふち)し給ひけり。

この行長入道、平家物語を作りて、生仏(しょうぶつ)といふ盲目(めしい)に教へて語らせけり。さて、山門のことを、ことにゆゆしく書けり。 九郎判官(くろうほうがん)の事はくはしく知りて書き載せたり。蒲冠者(かばのかんじゃ)の事は、よく知らざりけるにや、多くのことどもを記しもらせり。武士の事、弓馬(きゅうば)のわざは、生仏、東国のものにて、武士に問ひ聞きて書かせけり。かの生仏が生れつきの声を、今の琵琶法師は学びたるなり。

口語訳

後鳥羽院の御時、信濃前司行長は、学問の名声が高かったが、漢詩の楽府についての御前での討論をする一人として召されて、『白氏文集』にある「七徳の舞」のうち二つを忘れてしまったので、五徳の冠者(かんじゃ)という不名誉なあだ名を人々がつけたので、屈辱に思って、学問を捨てて世を遁れていたのを、慈鎮和尚(じちんかしょう)が、一芸ある者を下郎までもそばに召し置いて、面倒を見られていたので、この信濃入道の生活の世話をなさった。

この行長入道、平家物語を作って、生仏(しょうぶつ)という盲目の者に教えて語らせた。それで、比叡山延暦寺のことを、特に並々でなく書いたのだ。九郎判官義経のことは詳しく知って書き載せた。蒲冠者範頼のことは、よく知らなかったのだろうか。多くのことを書きもらしている。武士の事、弓馬のわざについては、生仏は東国出身の者なので、生仏が武士に尋ね聞いて行長に書かせた。その生仏の生まれついての東国なまりの声を、今の琵琶法師は学んでいるのである。

語句

■後鳥羽院の御時 在位は寿永2年(1183年)から建久9年(1198年)。院政時代は承久3年(1221年)まで。そこまでを含めると思われる。 ■信濃前司行長 伝未詳。「前司」は前任の国司。 ■稽古の誉 学問の名声。 ■楽府 漢詩の一体。特に『白氏文集』三・四の「新楽府」五十首。 ■御論議 御前で行う討論。 ■番 討論をする一人。 ■七徳の舞 『白氏文集』冒頭の詩。唐王朝を創始した太宗の七つの徳をたたえる。「七徳」は「夫れ武は、暴を禁じ、戦を戢(おさ)め、大を保ち、功を定め、民を安んじ、衆を和し、財を豊(ゆた)かにする者也」(『左伝』宣公十二年)。 ■五徳の冠者 元服した少年。若者。行長はけっこうな年だったと思われるが、学識の未熟なことをあてこすって言ったもの。 ■つきにける 人が、あだ名をつけた。 ■慈鎮和尚 慈円のおくり名。六十七段参照。天台座主慈円。『愚管抄』の作者。百人一首に「おほけなき浮世の民におおふかなわが立つ杣に墨染の袖」を採られる。「和尚」は天台宗の高僧の尊称。 ■不便 めんどうを見る。 ■扶持 生活の世話をする。 ■生仏 伝未詳。平曲語りの祖とされるが、本段以前の文献には見えない。 ■山門 比叡山延暦寺。 ■ゆゆしく 一通りでなく。 ■九郎判官 源義経(1159-1189)。源義朝の九男。平家追討の任にあたり壇ノ浦に平家を滅ぼす。しかし兄頼朝から疑われ奥州に逃げ込み、平泉で自害に追い込まれる。 ■蒲冠者 源範頼(?-1193)。源義朝の六男。義経とともに平家追討の任につくが、後、謀反の疑いをかけられ粛清される。 ■生れつきの声 生まれついての東国なまりの声。

メモ

■平家物語の成立を語る有名な段。根拠はあやしい。
■七徳の舞 七徳の内容

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク