第二百二十九段 よき細工は

よき細工は、少しにぶき刀をつかふといふ。妙観(みょうかん)が刀はいたくたたず。

口語訳

腕のいい細工人は、少し鈍い刀を使うということだ。妙観の刀はそれほど鋭くない。

語句

■細工 細工人。細かい器具を作る職人。 ■妙観 宝亀11年(780年)摂津国勝尾寺の観音像を刻んだ名工というが、時代が古すぎるので、その名を冠した別人か? ■いたくたたず あまり切れ味がよくない。「いたく~ず」は部分否定。

メモ

■切られるほうは痛い。源頼義が藤原経清の首をにぶい刀で斬り落とした話。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク