第二百三十段 五条内裏には、妖物ありけり

五条内裏(ごじょうのだいり)には、妖物(ばけもの)ありけり。藤大納言殿(とうのだいなごんどの)語られ侍りしは、殿上人(てんじょうびと)ども黒戸(くろど)にて碁をうちけるに、御簾をかかげて見るものあり。「誰(た)そ」と見向きたければ、狐、人のやうについ居て、さし覗きたるを、「あれ狐よ」ととよまれて、惑(まど)ひ逃げにけり。未練の狐、化け損じけるにこそ。

口語訳

五条の里内裏には、化け物がいるということである。藤大納言殿が語られましたことには、殿上人たちが黒戸の御所で碁を打っていた所、御簾をかかげて見るものがあった。「誰だ」とそっちを向いて見たところ、狐が、人のようにひざまずいて、覗いているのを、「ややっ、狐だ」と大騒ぎして、あわてて逃げてしまった。未熟な狐が化けそこなったのであろう。

語句

■五条内裏 五条里内裏。五条北、大宮東にあった里内裏。亀山天皇が四度にわたって内裏とされた。 ■妖物 妖怪。 ■藤大納言殿 権大納言二条為世(1250-1338)。二条派歌壇の中心人物で兼好も師事した。『新後撰集』『続千載集』の撰者。 ■殿上人 清涼殿の殿上の間に上がることを許された四位・五位・六位の蔵人の総称。 ■黒戸 黒戸の御所。清涼殿の北庇から弘徽殿に到る廊。第百七十六段参照。 ■つい居て 「突き居る」の音便。ひざまずいて。 ■あれ狐よ 「あれ」は感動詞。ややっ狐だ。 ■とよまれて 大騒ぎして。 ■未練の狐 未熟な。

メモ

■ぼほえましい狐で絵が浮かぶ
■ちゃんと化けられたら碁にかたるつもりだったのか

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク