第二百三十一段 園の別当入道は、さうなき庖丁者なり

園の別当入道は、さうなき庖丁者(ほうちょうじゃ)なり。ある人のもとにて、いみじき鯉を出(い)だしたりければ、皆人、別当入道の庖丁を見ばやと思へども、たやすくうち出でんもいかがとためらひけるを、別当入道さる人にて、「この程百日の鯉を切り侍るを、今日欠き侍るべきにあらず。まげて申し請けん」とて切られける、いみじくつきづきしく、興ありて人ども思へりけると、ある人、北山太政入道殿(きたやまのだじょうにゅうどうどの)に語り申されたりければ、「かやうの事、おのれはよにうるさく覚ゆるなり。切りぬべき人なくは給(た)べ、切らんと言ひたらんは、なほよかりなん。何条(なじょう)、百日の鯉を切らんぞ」とのたまひたりし、をかしく覚えしと人の語り給ひける、いとをかし。

大方、ふるまひて興あるよりも、興なくてやすらかなるがまさりたる事なり。まれ人の饗応なども、ついでをかしきやうにとりなしたるも、誠によけれども、ただ、その事となくてとり出(い)でたる、いとよし。人に物を取らせたるも、ついでなくて、「これを奉らん」と言ひたる、まことの志なり。惜しむよしして乞はれんと思ひ、勝負の負けわざにことつけなどしたる、むつかし。

口語訳

園の別当入道は、比類なき料理名人である。ある人のもとで、立派な鯉を出したので、人々は皆、別当入道の包丁さばきを見なくてはと思ったが、軽々しく言いだすのもどうだろうとためらっていた所、別当入道は心得た人で、「この頃、百日間毎日鯉を切ることにしてございますのを、今日欠かすわけにはまいりません。道理をまげて申し受けましょう」といってお切りになったのは、たいそうその場にふさわしく、趣のあることだと人々が思ったと、ある人が、北山太政入道殿に語り申されたところ、「このような事は、私はひどく煩わしく思えます。切る人がいなければ、お任せください。私が切りましょうと言っていたなら、なおよかったであろう。どうして百日の鯉を切るのか」とおっしゃったのを、面白く思ったと人が語られたのは、たいへん面白かった。

だいたいにおいて、趣向を凝らして興があるより、興はなくても素直なのが、勝っていることである。客人をもてなすのでも、時宜にかなって取り繕うのも、本当にいいのだが、ただ、別段のことでもなく持ち出したのが、大変いい。人に物を与えるのも、何のきっかけもなく「これを差し上げます」と言ったのが、本当の真心である。惜しむふりをしてありがたがられようと思い、勝負に負けたことにかこつけて接待するのは、嫌味なものだ。

語句

■園の別当入道 園家の祖、藤原基氏(1211-1282)。権大納言基家の三男。参議、検非違使別当に任じらるが天福2年(1234年)24歳で出家。円空と名乗る。園流料理の祖。 ■庖丁者 料理人。料理名人。基氏の生まれた家は四条流庖丁の家。基氏はそこから分派して園流を開いた。 ■いみじき 立派な。 ■さる人 大した人。抜かりない人。 ■百日の鯉 百日間、毎日鯉を切ること。 ■まげて 道理をまげて。 ■北山太政入道殿 西園寺実兼か。「北山」は西園寺家の館の「北山」による。外に公経(きんつね)、その子実氏(さねうじ)とする説も。百十八段参照。 ■よに ひどく。 ■うるさく わずらわしく。 ■何条 「何といふ」。「条」は当て字。 ■ふるまひて わざとらしく趣向を凝らして。 ■やすらか 素直。 ■まれ人 客人。 ■ついで 折。タイミング。 ■とりなしたる とりつくろう。 ■ついでなくて 何のきっかけもなく。 ■惜しむよし 惜しむふり。 ■勝負の負けわざ 勝負に負けたほうが勝ったほうに接待したり物を送ること。 ■ことつける かこつける。 ■むつかし 嫌味なものだ。

メモ

■園の別当入道のふるまいはなかなかいいと思うが。どうせ何をやっても文句を言われるのだから、やりたいようにやったほうがいい。
■兼好が現在の結婚式を見たら卒倒する。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク