第二百三十六段 丹波に出雲といふ所あり

丹波に出雲といふ所あり。大社(おおやしろ)を移して、めでたく造れり。しだのなにがしとかやしる所なれば、秋の比(ころ)、聖海上人(しょうかいしょうにん)、その外も、人数多(あまた)さそひて、「いざ給へ、出雲拝みに。かいもちひ召させん」とて、具しもて行きたるに、各(おのおの)拝みて、ゆゆしく信おこしたり。御前(おまえ)なる獅子・狛犬(こまいぬ)、背きて、後(うしろ)さまに立ちたりければ、上人いみじく感じて、「あなめでたや。この獅子の立ちやう、いとめづらし。深き故(ゆえ)あらん」と涙ぐみて、「いかに殿原(とのばら)、殊勝の事は御覧じとがめずや。無下(むげ)なり」と言へば、各(おのおの)怪しみて、「誠(まこと)に他(た)にことなりけり。都のつとに語らん」など言ふに、上人なほ床しがりて、おとなしく物知りぬべき顔したる神官(じんがん)を呼びて、「この御社(みやしろ)の獅子の立てられやう、定めて習ひあることに侍らん。ちと承らばや」と言はれければ、「その事に候。さがなき童どもの仕りける、奇怪に候ふことなり」とて、さし寄りて、据ゑなほして往(い)にければ、上人の感涙いたづらになりにけり。

口語訳

丹波に出雲という所がある。出雲大社を勧請して、見事に社殿を造っている。しだの某とかいう者の領有する所なので、秋のころ、聖海上人が、その外にも、人を多く誘って、「さあ、参りましょう。出雲を拝みに。ぼたもちを御馳走しますよ」といって、連れて行った所、めいめい拝んで、深く信心を起こした。

神社の御前にある獅子と狛犬が、背中あわせに、後ろ向きに立っていたので、上人はたいそう感心して、「ああ素晴らしいことよ。この獅子の立ちっぷりは、大変珍しい。深いいわれがあるのだろう」と涙ぐんで、「いかがです皆さん、こんなありがたいことを不思議に思わませんか。いけませんなあ」と言ったので、めいめい不思議がって、「本当に、他と違っている。都のみやげ話に語ろう」など言っていると、上人はさらに由来を知りたがって、年配で物を知っていそうな顔をした神官を呼んで、「この神社の獅子の立てられようは、きっといわれがいることに違いございません。少し伺えましょうか」とおっしゃると、「その事でございます。いたずらな子供たちがやったのでございます。けしからんことでございます」といって、近くに寄って、据え直して去って行ったので、上人の感激の涙は無駄になってしまった。

語句

■丹波に出雲といふ所 京都府亀岡市出雲。 ■大社を移して 出雲大社を勧請して。 ■しだのなにがし 志田?の某。 ■しる 領有する。 ■聖海上人 伝未詳。 ■かいもちひ ぼたもち、もしくはそばがき。二百十七段に既出。 ■ゆゆしく 深く。 ■獅子・狛犬 神社の入り口の所に左右に置かれた獅子・狛犬。狛犬は高麗渡来の犬。魔除けのはたらきがあると考えられた。向かって左に獅子、右に狛犬を置くならわし。 ■殿原 男子の敬称。「原」は複数をあらわす接尾語。 ■御覧じとがめずや 「見とがめずや」の敬語。不思議に思われませんか。 ■無下なり 情けないことです。「御覧じとがめない」ことが。 ■おとなしく 年配の。 ■神官 神社に奉仕する人。古くは「じんがん」。 ■さがなき童 「性なき」。いたずらな子供たち。 ■奇怪 けしからんこと。

メモ

■「上人の感涙いたづらになりにけり」サラッとした感想がいい

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク