第二百三十九段 八月十五日、九月十三日は、婁宿なり

八月(はつき)十五日、九月(ながつき)十三日は、婁宿(ろうしゅく)なり。この宿、晴明(せいめい)なる故に、月を翫(もてあそ)ぶに良夜(りょうや)とす。

口語訳

八月十五日、九月十三日は、婁宿の日である。この宿は、清く明らかであるので、月を愛でるのにふさわしい夜となるのだ。

語句

■八月(はつき)十五日、九月(ながつき)十三日 共に名月の日。十五夜と十三夜。 ■婁宿 二十八宿のうちの一宿。西方七宿の二番目の宿。二十八宿とは古代中国の天文学で黄道に沿った二十八の星座。そのうち牛宿をのぞいた二十七宿を各日に当てる考えがあり、それによると八月十八日、九月十三日は婁宿となる。 ■晴明 清く明らか。 ■良夜 ふさわしい夜。

メモ

■婁宿
■長い章段の次に拍子抜けするほどの短いのが来る
■前段の「月あかき夜」からの連想

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク