第二百四十段 しのぶの浦の蜑の見るめも所せく

しのぶの浦の蜑の見るめも所せく、くらぶの山も守(も)る人繁からんに、わりなく通はん心の色こそ、浅からず、あはれと思ふふしぶしの、忘れがたきことも多からめ、親・はらから許して、ひたふるに迎へ据ゑたらん、いとまばゆかりぬべし。

世にあり侘ぶる女の、似げなき老法師、あやしの吾妻人(あづまびと)なりとも、にぎははしきにつきて、「さそふ水あらば」など言ふを、仲人(なこうど)、何方(いづかた)も心にくきさまに言ひなして、知られず、知らぬ人を迎へもて来たらんあいなさよ。何事をかうちいづる言の葉にせん。年月のつらさをも、「分けこし葉山の」などもあひ語らはんこそ、尽きせぬ言の葉にてもあらめ。

すべて、余所(よそ)の人の取りまかなひたらん、うたて心づきなき事多かるべし。よき女ならんにつけても、品くだり、見にくく、年も長(た)けなん男(おとこ)は、かくあやしき身のために、あたら、身をいたづらになさんやはと、人も心劣りせられ、わが身は、向ひゐたらんも、影はづかしく覚えなん、いとこそあいなからめ。

梅の花かうばしき夜(よ)の朧月(おぼろづき)にたたずみ、御垣(みかき)が原の露分け出(い)でん有明の月も、わが身さまに偲ばるべくもなからん人は、ただ色好まざらんにはしかじ。

口語訳

忍んで相手と会うにも人目がわずらわしく、暗い中でこっそり会おうにも相手を見張る人が多いのに、無理をして女のもとに通っていく心のありさまこそ、深く趣深いと思う時々の、忘れられないことも多いだろうに、親・兄弟公認の仲となり、心のままに家に迎え入れて居らせるのは、たいそうきまりが悪いだろう。

生活に困っている女が、似つかわしく無い老法師や、賤しい東国人であっても、裕福である者に心を寄せて、「お誘いがあるならば」など言うのを、仲人が、男の側にも女の側にも奥ゆかしいように言いつくろって、知られず、知らない相手を迎えてやって来たことの味気なさよ。

(そんな)接点の無い二人が何を会話のきっかけにするというのだ。長年共に過ごして来た年月のつらさも、筑波山の歌のように、恋の一念では山もしげ山も分け入ってきたことだなあ、などお互いに語り合うような二人こそ、言葉は尽きないものであろうが。

いったい、他人が結婚の取り持ちをするようなのは、なんとも不愉快な事が多いに違いない。いい女であれば、それにつけても、身分が低く、容貌が悪く、年取っている男は、このようなみすぼらしい自分のために、勿体なくも身を損なうことよと、かえって女に対しても見劣りして思われ、わが身は女と向かい合っていても、自分の姿をはずかしく思うであろうことが、たいそう味気ないことだ。

梅の香りが香ばしい夜の朧月にたたずんだり、宮中の露をわけて出た所に見える有明の空の情緒を、自分のこととして考えられない人は、ただ、色恋に関わらないのが一番である。

語句

■しのぶの浦の蜑の見るめ 「しのぶの浦の蜑の」までが「見るめ」を導く序言葉。しのぶの浦は陸奥の歌枕。「信夫」は福島県信夫郡。海が無いので「しのぶの浦」はありえないが、地方の地理に疎い都人が想像だけで言葉を作ったためか。「みるめ」は「海藻」という意味の「海松布」と「見る目」を掛ける。「蜑」は漁師。「うちはへて苦しきものは人目のみしのぶの浦の海人(あま)のたく縄」(『新古今』恋二 二条院讃岐)をふまえる。 ■所せく わづらわしく。 ■くらぶの山 鞍馬山のことかと考えられるが不明。「暗い」の意味を掛ける。 ■守る人繁からんに 女を見守る人が多いのに。『伊勢物語』関守の雰囲気がある。 ■わりなく 無理をして。 ■心の色 心のさま。恋の話であるから色という語を用いた。 ■ふしぶし 時々。 ■ひたふるに 心のおもむくに任せて。衝動のままに。 ■まばゆかりぬべし きまり悪い。 ■世にあり侘ぶる女 生活に困っている女。 ■にぎははしき 裕福な者。 ■さそふ水あらば 誘ってくださるならばの意。文屋康秀の誘いに対して小野小町が答えた歌「わびぬれば身を浮草の根を絶えて誘ふ水あらばいなむとぞ思ふ」(『古今』雑下)をふまえる。 ■心にくきさまに 奥ゆかしいふうに。 ■あいなさよ 味気ないことだ。 ■分けこし葉山の 「筑波山は山しげ山しげけれど思ひ入るにはさはらざりけり」(『新古今』恋一 源重之)。恋の情熱によって、は山もしげ山も繁っていますが、あなたへの想いのさしさわりにはなりませんの意。 ■うたて なんとも。 ■心づきなき事 不愉快な事。 ■品くだり 身分が低く。 ■梅の花かうばしき夜の朧月にたたずみ 春の夜、女のもとに色好みの男が通う場面。『伊勢物語』第四段、『源氏物語』末摘花などを念頭に置いたか。 ■御垣が原の露分けて出ん有明の空も 「御垣」は宮中。または貴族の館の築垣の内側。「原」は広々したさまを述べた。「一日(ひとひ)、風にさそはれて、御垣の原を分け入りて侍りしに」(『源氏物語』若菜上)。柏木が女三宮をかいま見て恋心におそわれ、一日悩んだ挙句みかきが原を分け入って恋文を贈る場面。 ■わが身さま 自分の身の上のこととして。

メモ

■要約すると見合いはつまらん。ブサイクは恋愛するな。
■うちはへて苦しきものは人目のみしのぶの浦の海人(あま)のたく縄
■わびぬれば身を浮草の根を絶えて誘ふ水あらばいなむとぞ思ふ
■筑波山は山しげ山しげけれど思ひ入るにはさはらざりけり
■源氏物語。柏木が女三宮をかいま見て恋心におそわれ、一日悩んだ挙句みかきが原を分け入って恋文を贈る場面。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク