平家物語 十五 御輿振

本日は『平家物語』第十五回「御輿振」です。

比叡山の大衆が日吉神社の神輿を振り立てて都に乱入し、撃退される話です。

源三位頼政の初登場に注目です。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

https://roudokus.com/mp3/HK015.mp3

内容

延暦寺の大衆は加賀守師高と目代近藤判官師経の処罰を朝廷に求めていたが、裁可がおりない。

業を煮やした延暦寺の大衆はは、日吉の祭礼を中断し、十善寺権現、客人(まろうど)、八王子、三社の御輿を振りたてて、都に向かう。

源平両家に内裏の門を守護する命令が下り、重盛は陽明、待賢、郁芳門を、宗盛らは西南の門の守護につく。

源頼政は、わずか三百余騎で北の門(縫殿)の守護につく。

延暦寺の大衆は、手薄と見て頼政の守護する縫殿へ押し寄せる。

頼政は神輿を前に礼儀正しく拝礼し、郎党の渡辺長七唱(わたなべのちょうじつ となう)を使いに立て、衆徒に訴える。

この門を通せば、宣旨に背くことになる、防いで戦えば、日頃信仰している医王山王権現に申し訳ないと。

そして比叡山の威信を示すため、むしろ警護の堅い小松殿(重盛)の方から攻めることを薦める。

老僧の豪運は、大勢の中を討ち入ってこそ山門の威信が示されること、また頼政の人柄の信用できることを大衆に語り、頼政が歌道にも優れた例として、「深山の花」という題で詠んだ歌を引用する。

皆、納得し、重盛の守護する待賢門へ向かうが激しい乱戦となり、神輿にはたくさんの矢が射たてられ、多くの衆徒が射殺される。衆徒は神輿を打ち捨て、本山へ逃げ帰る。

抜粋

深山木の その梢とも 見えざりし 桜は花に あらわれにけり

(深山に茂る木々は多く、どれが桜が見分けることができない。春になって花が咲くと、ああこれが桜だとハッキリわかるのだ)

語句

■日吉の祭礼 四月中の申の日。猿は日吉神社の守り神。 ■安元三年 1178年。 ■辰の一点 辰の刻は午前8時頃前後2時間(午前7時から9時)。一点は一刻を4つにわけた1つ目。午前7時30分頃。 ■十禅寺、客人、八王子 日吉神社の摂社。 ■さがり松 京都市左京区一乗下り松のあたり。小説『宮本武蔵』における吉岡一門との決闘場面で有名。 ■きれ堤 高野川の東岸。 ■糺 賀茂川東岸。糺の河原。高野川と賀茂川が合流する台地。 ■梅ただ 一条京極辺。京都市左京区吉田下に宗忠神社がある。「逆立ち狛犬」で有名。 ■柳原 現上京区内。 ■東北院 一条の南。京極の東。上東門院彰子の邸跡を寺にしたもの。 ■しら大衆 官位のない下っ端の僧。 ■専当 雑用をする下っ端の僧。 ■御神宝 神輿に飾ってある神宝。 ■大宮面(おおみやおもて) 大内裏の東側。大宮大路に面した陽明門・待賢門・郁芳門。 ■大内守護(たいだいしゅご) 大内裏の守護役。 ■渡辺の省 嵯峨源氏。渡辺綱の子孫。摂津国渡辺(大阪市東区辺)に住み、渡辺党と称し、頼光などの源氏に仕えた。頼政は頼光の5代目の子孫。省の子が授。 ■北の門 内裏北の朔平門。門の外側に縫殿寮があったので、朔平門警護の詰め所を縫殿の陣とよぶ。 ■さる人にて 大した人。 ■渡辺の長七唱(ちょうじつとなう) 渡辺党の一人。 ■きちんの直垂 「きちん」は「麹塵(きくじん)」の略。きじん。黄色みのある緑色(草色)。「直垂」鎧の下に着る鎧直垂。 ■小桜を黄にかへいたる鎧 小桜革を黄に染め替えたもので綴った鎧。小桜革は革に小桜文(小さな桜花の文様)を染め散らしたもの。その革で、鎧の札(さね)を綴るのである。 ■赤銅(しゃくどう)づくりの太刀 つばや金具を赤銅で作った太刀。 ■廿四さいたる白羽の箭おひ 二十四本の白羽の矢をさした箙を背中に負って。 ■滋籐の弓 藤を巻きつけた弓。 ■高紐 鎧の全面についている紐。ここに甲の緒をひっかけて、背中に甲を負った。 ■理運の条 道理にかなっていること。 ■さては そういう状況では。 ■子細に及び候はず どうこう言うことではない。 ■目だりがほし 「目垂れ顔」。男らしくない、卑怯なふるまい。 ■医王山王 薬師如来。根本中堂の本尊。山王は薬師如来の垂迹。 ■かたがた難治の様に候。 どっちも治めにくいことです。 ■ゆらふ ためらう。控える。 ■三塔一の僉議者 三塔(東塔(とうどう)・西塔(さいとう)・横川(よかわ))で一番の弁舌の得意な者。 ■竪者 質疑に応答する僧。 ■尤もさはいはれたり たしかにそう言われる通りである。 ■六孫王 清和天皇第六王子貞純親王の子、経基王。臣籍降下して源経基を名乗る。清和源氏の祖とされる。 ■正棟 =正統。 ■当座の御会 即興で歌を詠む会。 ■深山木のその梢とも見えざりしさくらは花にあらはれにけり 深山の木々の梢の中で、どれが桜かと見分けもつかなかったが、今や花が咲いたのでそれが桜とわかる。『詞花集』春に収録。 ■梵天 仏教で色界の初禅天。欲世の上を色世といい、その最下位が初禅天。淫欲を離れた清浄な世界のこと。 ■堅牢地神 大地を固く守る神々。

……

…というわけで、比叡山延暦寺の大衆が都に乱入したけれど、平家の武士に撃退されるまで。

源頼政初登場の回でした。武芸にもすぐれ、礼儀正しく、歌道にもすぐれている頼政の人となりが紹介されています。

次回『平家物語』第十六回「内裏炎上(だいりえんしょう)」に続きます。

朗読 平家物語

朗読・解説:左大臣光永