平家物語十六 内裏炎上

本日は『平家物語』第十六回「内裏炎上(だいりえんしょう)」です。

前半は比叡山の怒りを時忠卿が抑える話、後半は内裏が燃える話です。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

https://roudokus.com/mp3/HK016.mp3

内容

比叡山延暦寺(山門)の大衆が都に押し寄せると、平家がこれを防ぎ蹴散らした。その時に日吉の神輿に矢を射た(前回「御輿振」)。

放置された神輿は、公卿らの話し合いの結果、祇園の社(現八坂神社)に移されることになった。

山門の大衆が神輿を振りたてて都へ押し寄せることは過去六回あったが、神輿に矢を射たのは今回が初めだった。人々は祟りを恐れた。

同十四日、山門の大衆がまた攻め寄せるという噂が立ち、高倉天皇は院の御所・法住寺殿へお移りになる。中宮徳子も車に乗って法成寺殿へ向かう。

山門では神輿に矢を射立てられ、神官たちが殺され、衆徒らが傷を受けたことに怒っていた。そこで日吉神社の摂社である大宮、二宮以下、大講堂、根本中堂、比叡山三千の堂宇を皆焼き払い、山にこもろうと話し合っていた。

これによって法皇がお取り上げになるだろうと噂が立ったので、山門の上級の僧たちがこれを知らせようと比叡山に登ろうとすると、延暦寺の大衆はこれを西坂本から追い返した。

そこへ平時忠卿(清盛の妻・平時子の実弟)が使わされてきた。法師たちは怒って暴行を加えようとする。その時、時忠は、懐中からたとう紙を取り出し、

「衆徒の濫悪を致すは、魔縁の所行なり。明王(天皇)の制止を加ふるは、善逝(仏)の加護なり」と書いて、見事三千の大衆の怒りを鎮めた。

結局、加賀守師高は流罪に、師経は投獄となり、神輿を射た小松殿(重盛)の侍六人も投獄と決まった。

同二十八日、樋口富小路より火が出て、京中の名所三十余箇所、公卿の家十六箇所をはじめ、多くの建物が塵灰となった。

人々は山王権現の祟りと恐れた。

この火事で大極殿も焼けてしまった。

大極殿は、清和天皇の御世に焼けて以来、二度再建されたが、これを最後に再建されることはなかった。

大極殿…朝堂院の北。朝廷の正殿。即位の大礼や国家的儀式が行われた建物。

語句

■保安四年 1123年。崇徳天皇の御世。 ■座主 天台座主。延暦寺の住寺で天台宗のトップ。 ■赤山の社 京都市左京区修学院にある神社。 ■保延四年 1138年。崇徳天皇の御世。 ■祇園別当 祇園感神院(現八坂神社)の長官。 ■権大僧都澄憲 信西の息子。静憲の弟。説法・唱導の名人。 ■秉燭 燭を掲げる時刻。夕方。 ■永久 鳥羽天皇の天永4年(1113)4月(7月改元して永久)、比叡山衆徒が神輿をかざして白河院の御所に強訴に及んだ事件。 ■治承 今回の安元3年(1177)。8月改元して治承となる。 ■霊神怒をなせば、災害岐(ちまた)に満つ 「人怨めば則ち神怒り、神怒れば則ち災害必ず生ず」(『貞観政要』君道篇) ■腰輿(ようよ) 「手輿(たごし)」に同じ。前後二人で轅を腰のあたりまで上げて持つ輿。 ■院御所 後白河法皇の御所。法住寺の北。現在の蓮華王院三十三間堂あたり。高倉天皇の御所は閑院内裏(西洞院西、二条南)現・元離宮二条城の東南。 ■たてまつて お乗りになって。 ■直衣(のうし) 貴族の平常服。雑袍(ざっぽう)とも。 ■権亮(ごんのすけ) 中宮権亮。権は定員以外に仮に任じるもの。中宮亮は中宮の身の回りの庶務を行う中宮職(ちゅうぐうしき)の次官。 ■束帯 正式な衣装。 ■ひらやなぐひ 胡c59;(やなぐい)の一種で、矢を入れる矢壷が平なもの。武官が儀式用に用いた。 ■禁中1 宮中。 ■二宮 山王七社の一つ。 ■講堂 比叡山の大講堂。説教・講義を行う堂。根本中堂の西南。 ■山野にまじはる 山野にまぎれる。隠れる。 ■上綱(じょうこう) 役職のある地位の高い僧。 ■左衛門督(さえもんのかみ) 左衛門府の長官。正五位上相当。宮城警護・行幸の供奉をつかさどる。 ■上卿(しょうけい) ここでは比叡山への使いの長。 ■しゃ冠 「しゃ」は罵るときの接頭語。 ■既にかうとみえられけるに ほとんどそうなりそうに(乱暴されそうに)見えたところに。 ■たたうがみ たとうがみ。畳紙。懐紙。 ■濫悪 乱暴狼藉。 ■魔縁 魔閻。悪魔のたぐい。 ■明王 天皇。 ■善逝(ぜんぜい) 仏の十号(十の称号…如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏世尊)の一。 ■発向 出向くこと。 ■花山院権中納言忠親卿 藤原忠親。権中納言藤原忠宗の子。仁安3年(1167)権中納言。安元3年(1177)右衛門督検非違使別当。 ■尾張の井戸田(ゐどた) 名古屋市瑞穂区井戸田町。 ■獄定 投獄されることが決まる。 ■亥の刻 午後10時頃。以下の文は『方丈記』に酷似。 ■樋口富小路 樋口小路と富小路が交差するあたり。中京区河原町通五条あたり。高瀬川沿い。 ■戌亥 西北。 ■すぢかへ 筋違いに。幾筋にもなって。 ■おそろしなンどもおろかなり 恐ろしいなどという言葉では足りない。慣用表現。 ■具平(ぐへい)親王の千種(ちくさ)殿 具平親王は村上天皇第六皇子。その御所千種殿は六条坊門南、西洞院東。 ■北野の天神の紅梅殿 「北野の天神」は菅原道真公。その邸宅紅梅殿は五条坊門北。町尻西。 ■橘逸勢(かついつせい)のはひ松殿 橘逸勢(たちばなのはやなり)は橘諸兄の子孫。嵯峨天皇・空海とならび三筆とよばれた平安時代初期の書家。この屋敷「はひ(這・蝿)松殿」は、姉小路北、堀川東。 ■鬼殿 妖怪が住むというところ。三条南、西洞院東(『拾芥抄』)。 ■高松殿 源高明の屋敷。姉小路北、西洞院東。現在、高松神明神社がある。 ■鴨居殿 堀河院誕生の地。二条南、室町西。 ■東三条 藤原兼家の邸。二条南、西洞院東。 ■冬嗣のおとどの閑院殿 藤原冬嗣の邸。二条南、西洞院東。 ■昭宣公の堀河殿 藤原基経(昭宣公)の邸。二条南、堀河東。 ■応天門 朱雀門のすぐ北。朝堂院の正門。 ■会昌門 平安京大内裏の朝堂院の中門。応天門と相対する。 ■大極殿 朝堂院の北。朝廷の正殿。即位の大礼や国家的儀式が行われた。 ■豊楽院 朝堂院の西。大嘗会・節会などが行われる。 ■八省 中務省・式部省・治部省・民部省・刑部省・兵部省・大蔵省・宮内省の八省。 ■朝所(あいたんどころ) 「朝所(あしたどころ)」の音便。朝堂院の東・大内裏太政官(だいじょうかん)正庁の北東隅にあった殿舎。政務や会食に用いられた。 ■七珍万宝 7つの珍重すべき宝と、あらゆる宝。 ■貞観十八年 『三代実録』貞観十八年(876)4月10日条。 ■元慶元年 貞観十九年(877)4月19日、元慶と改元。 ■同二年十月八日 『三代実録』によれば元慶三年。 ■天喜五年 『扶桑略記』によれば天喜六年。 ■治暦四年 1068年。4月19日、後冷泉天皇崩御、後三条天皇即位。8月14日、大極殿着工(『扶桑略記』)。 ■延久四年 『扶桑略記』延久四年(1072)4月15日条に記事。 ■伶人 楽人。

……

前半は平時忠が山門の大衆の怒りをしずめるまで。後半は「太郎焼亡」とも呼ばれる「安元の大火」のすさまじかった様子が描かれてます。

ここの火事のところの文章、『方丈記』とそっくりです。おそらく『平家物語』の作者が『方丈記』から拝借したと思われます。

次回から巻第二です。「座主流(ざすながし)」に続きます。

朗読 平家物語

朗読・解説:左大臣光永