平家物語 三十七 公卿揃(くぎやうぞろへ)

原文

御乳(おんち)には、前右大将宗盛卿(さきのうだいしやうむねもりのきやう)の北の方と定められしが、去(さんぬる)七月に、難産(なんざん)をしてうせ給ひしかば、平大納言時忠卿(へいだいなごんときただのきやう)の北の方、帥佐殿(そつのすけどの)、御乳に参らせ給ひけり。後には帥(そつ)の典侍(すけ)とぞ申しける。法皇やがて還御(くわんぎよ)の御車(おんくるま)を門前に立てられたり。入道相国(にふだうしやうこく)うれしさのあまりに、砂金(しやきん)一千両、富士(ふじ)の綿(わた)二千両、法皇へ進上せらる。しかるべからずとぞ、人々内々(ないない)ささやきあはれける。

今度の御産に、勝事(しようし)あまたあり。まづ法皇の御験者(おんげんじや)。次に后(きさき)御産の時、御殿(ごてん)の棟(むね)より、甑(こしき)をまろばかす事あり。皇子(わうじ)御誕生には南へおとし、皇女(くわうによ)誕生には北へおとすを、是(これ)は北へ落したりければ、「こはいかに」とさわがれて、取りあげて落しなほしたりけれども、あしき御事に人々申しあへり。

をかしかりしは入道相国のあきれざま、目出たかりしは小松のおとどのふるまひ、ほいなかりしは、前ノ右大将宗盛卿の、最愛の北の方におくれ給ひて、大納言ノ大将両職を辞して、籠居(ろうきよ)せられたりし事。兄弟共に出仕あらば、いかに目出たからん。次には七人の陰陽師(おんやうじ)を召されて、千度(せんど)の御祓(おはらひ)仕るに、其中(そのなか)に掃部頭時晴(かもんのかみときはる)という老者(ろうしや)あり。所従(しよじゆう)なンども乏少(ぼくせう)なりけり。余りに人参りつどひて、たかんなをこみ、稲麻竹葦(たうまちくゐ)の如し。「役人(やくにん)ぞ、あけられよ」とて、おし分け参る程(ほど)に、右の沓(くつ)をふみぬかれて、そこにてちツと立ちやすらふが、冠(かぶり)をさへつきおとされぬ。さばかりの砌(みぎり)に、束帯(そくたい)ただしき老者(らうしや)が、もとどりはなツてねり出でたりければ、わかき公卿殿上人、こらへずして一同どツとわらひあへり。陰陽師(おんやうじ)なンどいふは、反陪(へんばい)とて、足をもあだにふまずとこそ承れ。それにかかる不思議のありけるを、其時はなにとも覚えざりしかども、後にこそ思ひあはする事共も多かりけれ。

御産によツて六波羅(ろくはら)へ参らせ給ふ人々、関白松殿(まつどの)、太政大臣妙音院(めうおんゐん)、左大臣大炊御門(おほひのみかど)、右大臣月輪殿(つきのわどの)、内大臣小松殿、左大将実定、源大納言定房(さだふさ)、五条大納言邦綱(くにつな)、籐大納言実国(さねくに)、按察使資賢(あんざツしすけかた)、中御門中納言宗家(なかのみかどのちゆうなごんむねいへ)、花山院中納言兼雅(かねまさ)、源中納言雅頼(がらい)、権中納言実綱(さねつな)、籐中納言資長(すけなが)、池中納言頼盛(いけのちゆうなごんよりもり)、左衛門督(さゑもんのかみ)時忠、別当忠親(べつたうただちか)、左の宰相中将実家(さねいへ)、右の宰相中将実宗(さねむね)、新宰相中将通親(みちちか)、平宰相教盛(のりもり)、六角宰相家通(ろくかくのさいしやういへみち)、堀河宰相頼定(ほりかはのさいしやうよりさだ)、左大弁宰相長方(さだいべんのさいしやうながかた)、右大弁三位俊経(うだいべんのさんみとしつね)、左兵衛督成範(さひやうゑのかみしげのり)、右兵衛督光能(うひやうゑのかみみつよし)、皇太后宮大夫朝方(くわうだいこくうのだいぶともかた)、左京大夫脩範(さきやうのだいぶながのり)、太宰大弐親信(だざいのだいにちかのぶ)、新三位実清(さねきよ)、已上(いじやう)三十三人、右大弁の外(ほか)は直衣(ちよくい)なり。不参の人々には、花山院前太政大臣忠雅公(くわさんのゐんのさきのだいじやうだいじんただまさこう)、大宮大納言隆季卿以下(おほみやのだいなごんたかすゑのきやういげ)十余人、後日(ごにち)に布衣着(ほういちやく)して、入道相国の西八条亭(にしはちでうのてい)へむかはれけるとぞ聞えし。

現代語訳

乳母には、前右大将宗盛卿の北の方と決まっていたが、去年七月に、難産をしてお亡くなりだったので、平大納言時忠卿の北の方、帥佐殿が乳母に参られた。

後には帥の典侍(すけ)と申した。法皇はすぐに還御の御車を門前に立てられた。入道相国はうれしさのあまり、砂金一両、富士の綿二千両、法皇へ進上された。こういうこと(家臣に与えるように法皇に物を贈る)はしてはならないと、人々は内々にささやきあわれた。

今度の御産に、異常なことがたくさんあった。まず法皇が御験者をつとめられたこと。次に后御産の時、御殿の棟から、甑を転げ落とす事がある。皇子ご誕生には南へおとし、皇女誕生には北へおとすのを、これは北に落としたので、「これはどうしたことか」とお騒ぎになって、取り上げて落としなおしたけれど、わるい事に人々は申しあった。

おかしかったのは入道相国の慌てっぷり、立派だったのは小松の大臣のふるいまい。残念だったのは前右大将宗盛り卿の、最愛の北の方に死に遅れなさって、大納言兼大将の両方の職を辞して、ひきこもられた事。

兄弟ともに出仕したら、どんなに見事だっただろう。

次には七人の陰陽師を召されて、千度の御祓の祝詞を上げさせたところ、その中に掃部頭時晴という老人がいた。

従者も乏しかった。あまりに人が多く参って集まっていて、筍が密生したようで、稲・麻・竹・葦が群生したようであった。

「役人である。あけられよ」といって、おし分けおし分け参る内に、右の沓をふみぬかれて、そこでちょっと立ち止まっていたが、冠さえ突き落とされてしまった。

これほどの大事な場面で、束帯を正しく着た老人が、もとどりを解いてもっさり歩み出したので、若き公卿殿上人は、がまんできずに一同どっと笑いあった。

陰陽師などというものは、返陪(へんばい)といって、足さえも無駄に踏まないと伺っている。それにこのような異常な事態があったのを、その時は何とも思わなかったけれども、後に思いあわせる事も多くあった。

御産によって六波羅へ参上なさった人々は、関白松殿(まつどの)、太政大臣妙音院(めうおんゐん)、左大臣大炊御門(おほひのみかど)、右大臣月輪殿(つきのわどの)、内大臣小松殿、左大将実定、源大納言定房(さだふさ)、五条大納言邦綱(くにつな)、籐大納言実国(さねくに)、按察使資賢(あんざツしすけかた)、中御門中納言宗家(なかのみかどのちゆうなごんむねいへ)、花山院中納言兼雅(かねまさ)、源中納言雅頼(がらい)、権中納言実綱(さねつな)、籐中納言資長(すけなが)、池中納言頼盛(いけのちゆうなごんよりもり)、左衛門督(さゑもんのかみ)時忠、別当忠親(べつたうただちか)、左の宰相中将実家(さねいへ)、右の宰相中将実宗(さねむね)、新宰相中将通親(みちちか)、平宰相教盛(のりもり)、六角宰相家通(ろくかくのさいしやういへみち)、堀河宰相頼定(ほりかはのさいしやうよりさだ)、左大弁宰相長方(さだいべんのさいしやうながかた)、右大弁三位俊経(うだいべんのさんみとしつね)、左兵衛督成範(さひやうゑのかみしげのり)、右兵衛督光能(うひやうゑのかみみつよし)、皇太后宮大夫朝方(くわうだいこくうのだいぶともかた)、左京大夫脩範(さきやうのだいぶながのり)、太宰大弐親信(だざいのだいにちかのぶ)、新三位実清(さねきよ)、以上三十三人、右大弁のほかは平服であった。

参上しなかった人々には、花山院前太政大臣忠雅公(くわさんのゐんのさきのだいじやうだいじんただまさこう)、大宮大納言隆季卿(おほみやのだいなごんたかすゑのきやう)以下十余人、後日、平服を着て、入道相国の西八条亭に向かわれたと聞いている。

語句

■御乳 乳母。 ■帥佐殿 佐は典侍(さぬきのすけ)と同じ。帥は父藤原顕時が大宰権帥だったから。 ■典侍 すけ。内侍司の次官。 ■富士の綿 駿河国富士郡からとれた綿。 ■しかるべからず 清盛がまるで臣下に与えるように法皇に品物を与えたのは、よくないの意。 ■勝事 しようし。異常な出来事。 ■甑をまろばかす 出産のとき屋根から甑を落とすのはこの頃のまじないの一種(徒然草・六十一段)。 ■是は北へ落としたれば 『山槐記』にも同様の記述あり。 ■ほいなし 残念である。 ■大納言ノ大将 大納言かつ大将。 ■千度の御祓 払いの祝詞を千度上げること。 ■掃部頭時晴 安倍時晴。『山槐記』によると時晴は主税助であり掃部頭ではない。掃部頭は安倍季弘。掃部頭は掃部寮の長官。掃部寮は朝廷諸行事の設営を司った。 ■たかんなをこみ 筍をつめこむ。 ■稲麻竹葦 たうまちくゐ。『法華経』方便品に「亦た十方界に満ちて其の数竹林の如し…稲麻竹葦の如し」による。稲と麻、竹と葦が入り乱れていることから、ごちゃごちゃと入り乱れていること。 ■砌 大事な場面。 ■ねり出す ゆっくり歩み出るさま? ■返陪 陰陽道で悪い方角を踏み破る呪法。 ■松殿… 「松殿」は藤原基房。「妙音院」は藤原師長。「左大臣大炊御門」は藤原経宗、「月輪殿」は藤原兼実。「左大将実定」は後徳大寺(藤原)実定。以下、貴族の名前。 ■直衣 ちょくい。のうし。天皇や貴族の平服。 ■布衣 ほうい。無紋の狩衣。朝服に対する平服。任官せず無位無官であることをいうことも。

前の章「平家物語 三十六 御産(ごさん)」|次の章「平家物語 三十八 大塔建立(だいたふこんりふ)
朗読 平家物語

朗読・解説:左大臣光永