平家物語 四十六 灯炉沙汰(とうろのさた)

原文

すべて此大臣(おとど)は、滅罪生善(めつざいしやうぜん)の御心ざしふかうおはしければ、当来(たうらい)の浮沈(ふちん)をなげいて、東山(ひがしやま)の麓(ふもと)に六八弘誓(ろくはつぐせい)の願(ぐわん)になぞらへて、四十八間(けん)の精舎(しやうじや)をたて、一間(けん)に一(ひと)つづつ、四十八間に四十八の灯籠(とうろ)をかけられたりければ、九品(くほん)の台(うてな)目の前にかかやき、光耀鸞鏡(くわうえうらんけい)をみがいて、浄土(じやうど)の砌(みぎり)にのぞめるがごとし。毎日十四日十五日を点じて、当家他家(たうけたけ)の人々の御方より、みめようわかうさかむなる女房達を多く請(しやう)じ集め、一間(いつけん)に六人づつ、四十八間に二百八十八人、時衆(じしゆ)にさだめ、彼両日(かのりやうにち)が間は、一心不乱の称名(しようみやう)声絶えず。誠に来迎引摂(らいかういんぜふ)の悲願も、この所に影向(やうがう)をたれ、摂取不捨(せつしゆふしや)の光(ひかり)も、此大臣(このおとど)を照(てら)し給ふらんとぞみえし。十五日の日中を結願(けつぐわん)として、大念仏ありしに、大臣みづから彼行道(ぎやうだう)の中にまじはツて、西方にむかひ、「南無安養教主弥陀逝(なむあんやうけうしゆみだぜんぜい)三界(がい)六道(だう)の衆生(しゆじやう)を、普(あまね)く済度(さいど)し給へ」と、廻向発願(ゑかうはつぐわん)せられければ、みる人慈悲(じひ)をおこし、きく者感涙(かんるい)をもよほしけり。かかりしかば、此大臣をば灯籠大臣(とうろうのだいじん)とぞ人申しける。

現代語訳

いったいこの大臣は、罪を滅して善を生ずる御心ざしが深くていらっしゃったので、未来の浮き沈みをなげいて、東山の麓に阿弥陀仏の四十八の願になぞらえて、四十八間の寺をたて、一間に一つずつ、四十八間に四十八の灯籠をおかけになったので、九品の台(極楽浄土にあるという、往生した者がすわる台)が目の前に輝き、光輝きが鸞鏡(らんけい)(鳳凰に似た空想上の鳥を裏に描いた鏡)をみがいて、浄土の地にのぞんでいるようである。

毎月十四日十五日を定めて、当家他家の人々の御方から、器量よく若く盛んな女房たちを多く招き集め、一間に六人ずつ、四十八間に二百八十八人を念仏の当番にして、その両日の間は一心不乱の称名の声がたえない。

まことに来迎引摂の悲願(阿弥陀仏が人の臨終の際に浄土に引き迎えようという悲願)も、この所にあらわれ、摂取不捨(阿弥陀仏が衆生を救い誰も捨てない)その光も、この大臣をお照らしになるだろうと見えた。

十五日の日中を最後として、大念仏を行ったところ、大臣みずからその行列の中にまじわって、西方に向かい、「南無安養教主弥陀善逝、三界六道の衆生を、あまねくお救いください」と、善根を注ぎ往生の願を立てられたので、みる人は慈悲をおこし、きく者は感激の涙をもよおした。

このようであったので、これ大臣を灯籠の大臣と人は申した。

語句

■滅罪生善 罪障を滅し善根を生むこと。 ■当来 未来の浮き沈み。幸不幸。 ■東山の麓 東山麓小松谷に重盛の低宅があった。 ■六八弘誓 ろくはつぐぜい。四十八の弘誓。弘誓は衆生を救おうという誓い。『無量寿経』にある弥陀の四十八願をいう。 ■四十八間 柱と柱の間が四十八ある。 ■九品の台 極楽浄土にあるという、往生した者がすわる台。 ■光耀 光り輝くこと。 ■鸞鏡 鸞鳥(鳳凰に似た空想上の鳥)を裏面に彫刻した鏡。 ■砌 境・場所。 ■点じて 場所や日時を定めて。 ■時衆 じしゅ。昼夜を六つに分け、それぞれの時に勤めを行う輪番の僧(尼僧)。 ■来迎引摂 らいかういんぜふ。阿弥陀如来が人の臨終のときに迎えに来て、極楽浄土に引き導くこと。 ■影向 やうがう。神仏が衆生救済のため現れること。 ■摂取不捨 『観無量寿経』にある、あらゆる衆生を救って、捨てないという阿弥陀仏の誓い。 ■大念仏 融通念仏。大勢で唱える念仏。 ■安養教主弥陀善逝 安養は弥陀の浄土。弥陀善逝は阿弥陀仏。 ■三界六道 三界は欲・色・無色界。六道は天上・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄道。 ■廻向発願 善根を振り向けて、極楽往生の願をおこすこと。

前の章「平家物語 四十五 無文(むもん)

朗読 平家物語

朗読・解説:左大臣光永