二月 如月

如月

まだ寒いので衣を重ね着することから「衣更着(きさらぎ)」という説や、草木が生えてくるため「生更木」とする説があります。

節分

節分とは文字通り、節を分ける、季節を分けること。もともと二十四節気の立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日を節分といいました。

つまり節分は一年に4回あったわけです。しかし現在は立春の前日のみを節分といいます。

それは4つの節分のうち旧暦の正月に近い立春の前日の節分がもっとも重要とされたから、立春の前日の節分だけが節分として残ったようです。

節分に豆をまいて鬼を追い出す風習は中国から入り、「追儺」「鬼やらい」として宮中の行事として定着しました。

「追儺」「鬼やらい」は室町時代には寺社が行うようになり、やがて民間にも広まったと思われます。

自分の年齢ぶんだけ豆を食べると長生きできるという信仰も、節分が本来、大晦日であることに関係しています。

昔は数え年ですので、今のように誕生日に年をとるのでなく、正月に年をとったわけです。

だから、大晦日である節分に年の数だけ豆を食べるという風習につながったのでしょう。

豆まき

節分に豆まきをして鬼を追い払う習慣は、中国の「追儺」から来ています。鬼が入る方角を鬼門といい、艮(東北)なので、牛のキバと虎皮をまとった鬼の姿が考えられたようです。

炒った大豆(福豆)を一升枡に入れて神棚に備えておきます。夜、家の戸口を開け放ち、奥の部屋から順に「鬼は外」と言いながら外に向けて2回、豆をまきます。

すぐに戸口を閉じて、「福は内」と言いながら部屋の中に2回、豆をまきます。

まきおわったら、「年の豆」として自分の年齡分だけ豆を食べます。これで一年、病気にならないといわれています。

豆を煮出した福茶を飲むこともあります。

追儺

平安時代の宮中行事としての「追儺」は、「方相氏」という者が鬼を追いながら大内裏をまわりました。

方相氏は四つ目の仮面と鉾に盾といういでたちで、後にはその異様ないでたちから、方相氏自身が鬼として追われるようになりました。

追儺式は現在でも寺や神社の節分の行事に名残を留めています。

やいかがし

節分の夜に、イワシを焼いたのと柊を戸口にさして邪気を祓う風習。イワシのニオイと、柊のトゲで鬼が逃げ出すとされます。

恵方巻

恵方巻は近年、関西ではじまりました。恵方…その年の縁起のよい方角、年神さまがいる方向を向いて、長い巻き寿司を一気に食べます。

立春

二十四節気の一つで、太陽暦では2月4日もしくは5日。旧暦では正月の前後一日が立春であることが多かった。ふつうは正月→立春の順で来るが、たまには逆転して立春→正月の順になることもあり、これを「年内立春」といいました。

古今和歌集の冒頭の歌に、

年の内に春は来にけりひととせを去年とやいはむ今年とやいはむ

(年内に立春が来てしまった。この一年を去年というべきか今年というべきか)

というのは、年内立春のことを詠んでいます。

事八日

2月8日と12月8日を事八日(ことようか)といいます。12月8日の事八日で農作業を終わり、2月8日の事八日で農作業をはじめる、という意味がありました。

なので12月8日を「事納め」、2月8日を「事始め」といいました。つまり「事」とは農作業のことです。

しかし逆に、「事」を正月行事と見て、12月8日を「事始め」、2月8日を「事納め」とする地域もあります。この場合、12月8日に正月準備をはじめて、2月8日に正月を終わるという解釈です。

いずれにしても事八日は農作業の区切りになる重要な日でした。

そのため厄日とも考えられ、この日に妖怪がやってくるという信仰が各地にあります。

針供養

折れた針や古い針をこんにゃくや豆腐に刺して供養し、裁縫技術の上達を願う行事。2月8日が一般的だが関西では12月8日に行う地域もあります。

初午

2月はじめの午の日。全国の稲荷神社で祭りが行われます。赤い幟や五色の幟を立て、赤飯や油揚げをお供えし、五穀豊穣や商売繁盛を祈ります。

京都伏見稲荷大社に伝わる話では、昔、金持ちがおごり高ぶって餅を的にして矢を射たところ、餅は白鳥となって飛び立ち、山(稲荷山)の峰に降りて、そこに稲が生えたと。

この神が伏見稲荷の主神である宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)であり、この日が2月はじめの午の日であったと。ここから全国に初午の風習が広がりました。

「稲荷」は「稲生り」で、農業に強く関係しています。

お稲荷さんといえばまっさきにイメージするのは…狐ですね。

狐は春になると山から降りてきて田んぼのネズミを食べ、秋になると山に帰っていくことから、「田の神様の使い」と考えられました。これと稲荷信仰が結びつき、全国の稲荷神社に狐が祀られることになったわけです。

狐が口に加えているものは、稲穂、米倉の鍵、鎌など、神社によって違いますが、農業に関係したものが多いです。狐がお仕えするウカノミタマノカミは、農業神ですから。

初午団子

初午は蚕の神様を祀る日でもあります。蚕の繭玉に見立てた白い初午団子を神様にお供えして、蚕がよく育つよう祈ります。

建国記念の日

『日本書紀』にある初代神武天皇が即位した日を、明治に入って太陽暦に換算して2月11日と定め、「紀元節」としたのを、戦後GHQによって廃止されるも、昭和41年(1966)から「建国記念の日」として国民の祝日に加えらています。

『日本書紀』には、初代神武天皇が「辛酉(しんゆう)の年、春正月、庚辰(こうしん)の日の朔(ついたち)」、橿原宮で即位したとあります。

この、初代神武天皇即位の日づけを、明治に入って太陽暦に換算して紀元前660年2月11日と定め、明治6年(1873)から「紀元節」として適用しました。

この時から、紀元前660年を「皇紀元年」とします。だから皇紀は西暦より660年長くなる計算です。

昭和23年(1948)、紀元節は天皇中心の国家神道に基づくものでけしからんとGHQから文句がつき、廃止となりました。

その後、紀元節復活の声が高まり、9回の議案提出・廃案を経て、昭和41年(1966)佐藤内閣の下、「建国記念の日」として国民の祝日に加えられました。翌昭和42年(1967)から適用されました。

バレンタインデー

バレンタインデーの起源は3世紀後半、ローマ帝国の時代にさかのぼります。

皇帝クラウディウス2世は兵士たちの結婚を禁止していたが、バレンタイン司祭は禁をやぶって多くの兵士を結婚させました。

それが皇帝の怒りを買い、バレンタイン司祭は2月14日に処刑されました。恋人たちの愛の守護神とうたわれたバレインタイン司祭の殉教の日が、やがて愛の記念日となり、親しい相手に贈り物をする習慣となりました。

欧米では恋人に限らず、家族や友人に花束やカードを贈ります。チョコレートを贈るのは日本独自の習慣です。戦後、菓子メーカーの宣伝により広がりました。

涅槃会

釈迦が入寂したとされる旧暦の2月15日に行われる行事。現在では新暦で行われます。寺院では涅槃図を掲げて法要を営みます。

涅槃図とは釈迦が涅槃に入った時の姿をあらわしたもので、沙羅双樹の木の下に釈迦が横たわり、そのまわりに、たくさんの人や動物、虫までが集まっている絵像です。

西行法師は、

願はくは花の下にて春死なむその如月の望月のころ

と、釈迦と同じく2月15日に死にたいと詠みましたが、実際には1日おくれの2月16日に死にました。

前の章「一月 睦月」|次の章「三月 弥生
おぼえておきたい年中行事 音声解説つき

朗読・解説:左大臣光永