十二月 師走

■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

師走

師走は師が走る、から。ここで師とは僧侶のこと。12月はどこの家でも仏事をやるので坊さんが忙しく走り回るの意味です。

事納め

農作業をしめくくり、道具を片付け、年末に備えて準備を始める日。地域や業界によって異なるが、12月8日が一般的です(西日本では12月13日も)

年が明けた2月8日を「事始め」といって、この日から農業を始めました。

これら12月8日の「事納め」と2月8日の「事始め」をあわせて「事八日(ことようか)」といいました。

逆に、12月8日を「正月準備を始める」という意味で「事始め」、2月8日を「正月を終える」という意味で「事納め」という地域もあります。

針供養

12月8日の「事納め」と2月8日の「事始め」をあわせて「事八日(ことようか)」といい、この両日は物忌の日でした。

仕事をせず家でじっとしているべき日で、針仕事もしてはならないということで「針供養」の行事が行われました。

豆腐やこんにゃくなど、柔らかいものに古い針や折れた針を刺して、神社におさめたり川に流したりしました。これまでの働きに感謝するとともに裁縫の上達を願う意味がありました。

煤払い

すすはらい。煤掃きともいい、正月に年神さまを迎えるために一年の煤をはらう行事。12月13日が一般的ですが地域によって異なります。

家具や畳を外に出して、家中の煤を払いました。これは屋内で囲炉裏やかまどを使っていた時代の名残です。

現在、民家で煤がつくことはあまり無いため、煤払いは年末の大掃除として受け継がれています。現在、煤払いが行われるのは主に寺社においてです。

お歳暮

年末に行われる贈答のこと。夏の中元とならび、親・親類・上司など普段お世話になっている人に贈り物をします。時期は厳密ではありませんが、12月上旬に届くようにするのがならわしです。

贈り物は、鮭・鰤などの魚や米・餅などですが、現在は特にこだわらず色々な品を贈るようです。

冬至

二十四節気の一つ。旧暦の11月下旬。新暦では12月22日頃。暦上、太陽の出ている時間がもっとも短いとされます。

冬至を境に太陽が力を盛り返し、しだいに生き返ってくるため、「一陽来復」といって運気が上昇するとされ、

神社仏閣では「一陽来復」と書いたお守り札を配ります。

冬至にカボチャを食べると中風にきくとか風邪をひかないとされ、冬至カボチャといいます。カボチャを漢字で南瓜と書き、北(陰)から南(陽)に転ずる、だから縁起がいいわけです。

冬至に柚子湯に入る習慣も、風邪を引かないとか、無病息災といった意味合いがあります。柚子の強い香りが邪気を祓うというのです。

クリスマス

『新約聖書』にはキリストの誕生日として特定の日付が書いてません。しかしキリスト教以前の土着宗教や冬至祭の影響で4世紀頃、12月25日を降誕祭として祝うようになりました。

冬至に太陽が蘇るという信仰が、イエス・キリストが死んで3日目に復活したという話と結びついたようです。

日本でクリスマスが知られるようになったのは明治以降で、現在はイルミネーションが灯る、クリスマスケーキを食べる、チキンを食べるなど、キリスト教とあまり関係なく日本独自のイベントになっています。

餅つき

新年の餅を年末につくこと。29日につくのは「苦」に通じる「九日餅(くにちもち・くんちもち)」、31日につくのは「一夜餅(いちやもち)」といい、縁起が悪いとされます。

まず年神さまに供える鏡餅をつき、次に神々への供え餅を、最後に自分たちが食べるのし餅を作りました。近年では自宅でつくほうが少ないかもしれませんね。

歳の市・羽子板市

12月の半ば以降に催される市。近年はスーパーの一角に「歳の市」コーナーが設けられることも。

もとは神社仏閣の境内や門前で毎月行われている縁日で、12月は年の最後だというわけで、門松などの正月飾り、羽子板や破魔弓、神仏具などを売ったものです。

また歯ブラシや箸も売ります。日用品を年の瀬とともに新しくすることで、お清めになるという考えです。

羽子板市は歳の市のひとつで、浅草浅草寺のが有名です。羽子板にはその年有名になった人物などが描かれ、厄除け、魔除けの意味合いがあります。

大晦日

毎年の最終日を「晦日」といい、12月の最終日をとくに「大晦日」といいます。一年のしめくくりです。

家庭では年越しそばを食べ、除夜の鐘をきき、新年を迎えます。

神社では一年の穢をはらう「年越しの祓(としこしのはらえ)」が行われ、寺では煩悩を取り除く除夜の鐘がつかれます。

除夜、とは大晦日の夜のこと。深夜前に鐘をつきはじめ、新年をまたいで108回つきます。

108回の根拠については、煩悩の数とする説が有名ですが、12ヶ月と二十四節気と七十二候で、12+24+72=108という説もあります。

大晦日の夜から元日にかけてお参りするのが二年参りです。

日付をまたいでそのままお参りすることもあれば、大晦日に参拝して、いったん家に帰って寝て、朝になってあらためて参拝することも二年参りです。

昨年無事に過ごせたことを感謝し、新たな気持ちを新年につなぐものです。

参考文献

朝日新聞出版『イラストでわかる おうち歳時記』
吉川弘文館『知っておきたい日本の年中行事辞典』
三省堂『年中行事辞典』
JTBパブリッシング『京都大辞典』

前の章「十一月 霜月
おぼえておきたい年中行事 音声解説つき

朗読・解説:左大臣光永

■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら