徒然草 現代語訳つき朗読

つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

ダウンロードしていただきありがとうございます。左大臣光永と申します。ここでは、『徒然草』の有名箇所の原文と現代語訳による朗読をお聴きいただけます。

各ページの上部に原文と現代語訳の音声リンクがあります。クリックすると再生されます。

徒然草 現代語訳つき朗読

朗読・解説:左大臣光永




QLOOKアクセス解析