八朔

八朔八朔とは旧暦の8月朔日(一日)。新暦の8月下旬にあたり「田の実の節供」といいます。「田の実」が「頼み」に通じることから、五穀豊穣をねがう「八朔祭」が行われました。

現在も熊本県上益城郡山都町の八朔祭(はっさくまつり)、福井県美浜町新庄の八朔祭などが有名です。

8月1日は天正18年(1590)徳川家康が江戸に入府した日でもあります。家康はこの日を祝って、奉納相撲を行うようになりました。現在も各地の神社で、子供相撲大会などが開かれています。

次の行事「立秋
年中行事 解説 音声つき 現代語訳つき朗読

朗読・解説:左大臣光永

■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら


-->