煤払い

煤払い煤掃きともいい、正月に年神さまを迎えるために一年の煤をはらう行事。12月13日が一般的ですが地域によって異なります。

家具や畳を外に出して、家中の煤を払いました。これは屋内で囲炉裏やかまどを使っていた時代の名残です。

現在、民家で煤がつくことはあまり無いため、煤払いは年末の大掃除として受け継がれています。現在、煤払いが行われるのは主に寺社においてです。

次の行事「お歳暮
年中行事 解説 音声つき 現代語訳つき朗読

朗読・解説:左大臣光永

■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら


-->