小寒

小寒二十四節気のひとつ。大寒で寒さが極限に達する一歩手前の時期。1月6日頃。小寒から「寒の入り」をして、大寒とあわせた一ヶ月弱を「寒中」「寒の内」いい、もっとも寒さが厳しい時期です。

この時期に親しい人に出す挨拶のはがきを「寒中見舞い」といいます。年賀状を出し忘れた時に出す人も多いようです。

次の行事「七草粥
年中行事 解説 音声つき 現代語訳つき朗読

朗読・解説:左大臣光永

■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら


-->