立春

立春二十四節気の一つで、太陽暦では2月4日もしくは5日。旧暦では正月の前後一日が立春であることが多かった。ふつうは正月→立春の順で来るが、たまには逆転して立春→正月の順になることもあり、これを「年内立春」といいました。

古今和歌集の冒頭の歌に、

年の内に春は来にけりひととせを去年とやいはむ今年とやいはむ

(年内に立春が来てしまった。この一年を去年というべきか今年というべきか)

というのは、年内立春のことを詠んでいます。

次の行事「事八日
年中行事 解説 音声つき 現代語訳つき朗読

朗読・解説:左大臣光永

■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら


-->