針供養

針供養折れた針や古い針をこんにゃくや豆腐に刺して供養し、裁縫技術の上達を願う行事。2月8日が一般的だが関西では12月8日に行う地域もあります。

次の行事「初午
年中行事 解説 音声つき 現代語訳つき朗読

朗読・解説:左大臣光永

■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら


-->