涅槃会

涅槃会釈迦が入寂したとされる旧暦の2月15日に行われる行事。現在では新暦で行われます。寺院では涅槃図を掲げて法要を営みます。

涅槃図とは釈迦が涅槃に入った時の姿をあらわしたもので、沙羅双樹の木の下に釈迦が横たわり、そのまわりに、たくさんの人や動物、虫までが集まっている絵像です。

西行法師は、

願はくは花の下にて春死なむその如月の望月のころ

と、釈迦と同じく2月15日に死にたいと詠みましたが、実際には1日おくれの2月16日、河内国の弘川寺(大阪府南河内郡河南町)で死にました。

次の行事「弥生
年中行事 解説 音声つき 現代語訳つき朗読

朗読・解説:左大臣光永

■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら


-->