終戦の日

終戦の日昭和20年(1945年)8月14日、日本はポツダム宣言を受諾し、翌15日正午、昭和天皇による玉音放送で日本が無条件降伏したことが国民に伝えられ、第二次世界大戦が終結しました。

日中戦争をふくむ戦没者は310万人と概算されています(資料によって差があります)。

昭和57年(1982)4月の閣議決定によって8月15日を「戦歿者を追悼し平和を祈念する日」とすることが定められました。

【?】

次の行事「処暑
年中行事 解説 音声つき 現代語訳つき朗読

朗読・解説:左大臣光永

■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら


-->