防災の日

防災の日9月1日は防災の日です。

1923年(大正12)9月1日、相模湾沖を震源としたマグニチュード7.9の「関東大震災」が起こりました。震災後の混乱の中「朝鮮人が暴動を起こす」といったデマが流れ、朝鮮人や社会主義者が虐殺されました。

この関東大震災の教訓を忘れないため、防災の日とされました。

次の行事「虫送り
年中行事 解説 音声つき 現代語訳つき朗読

朗読・解説:左大臣光永

■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら


-->