虫送り

虫送り稲につく害虫などを駆除するべく祈願する行事。虫追い、虫祈祷、サネモリオクリ、ウンカ送りなどとも。

現在はほぼ廃れたが、松明の火を炊いて太鼓を叩き、行列をなして水田をめぐるものです。

人形などの依代に害虫を集めて、それを村の外まで追い出す、焼き払う、海や川に流すといったもので、害虫がいなかったことを象徴的に表現します。

次の行事「二百十日
年中行事 解説 音声つき 現代語訳つき朗読

朗読・解説:左大臣光永

■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら


-->