宇治拾遺物語 7-4 検非違使忠明(けびゐしただあきら)の事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

これも今は昔、忠明といふ検非違使ありけり。それが若かりける時、清水(きよみず)の橋のもとにて京童部(きやうわらんべ)どもといさかひをしけり。

京童部手ごとに刀を抜きて、忠明を立ちこめて殺さんとしければ、忠明も太刀を抜いて、御堂(みだう)ざまに上(のぼ)るに、御堂の東のつまにも、あまた立ちて向ひ合ひたれば、内へ逃げて、蔀のもとを脇(わき)に挟みて前の谷へ躍(をど)り落つ。蔀、風にしぶかれて、谷の底に鳥のゐるやうにやをら落ちにければ、それより逃げて往(い)にけり。京童部ども谷を見下ろして、あさましがり、立ち並(な)みて見けれども、すべきやうもなくて、やみにけりとなん。

現代語訳

これも今は昔、忠明という検非違使がいた。それが若い時、清水の橋の下で京の無頼の若者たちと喧嘩をした。

若者たちは、手に手に刀を抜き、忠明に立ち塞がり閉じ込めて殺そうとしたので、忠明も太刀(たち)を抜いて、御堂(みだう)の方向に上(のぼ)ると、御堂の東の端にもたくさんの若者が立って向かい合ったので、御堂の中に逃げて、蔀(しとみ)の下部を脇(わき)に挟んで前の谷へ躍り込んだ。蔀は、風の抵抗を受けて、谷底に鳥がとまるように、静かに落ちたので、そこから逃げ去った。若者たちは、谷を見下ろして驚きあきれて、立ち並んで見ていたが、どうしようもなくて、それっきりで終わったということだ。

語句

■検非違使忠明(けびゐしただあきら)-伝未詳。大系は『権記』長徳 三年(997)五月二十四日条に、強盗追補のたに近江国(滋賀県)へ下向したと見える「忠明」がこの人物かとする。■検非違使-京中と周辺地域の犯罪を取り締まり、逮捕・検察・処罰を行う検非違使庁の役人。■清水の橋のもと-清水寺の本堂前面にある「清水の舞台」をさす。その舞台の下のあたり。■京童-洛中(都の中)の無頼の若者たち。■ざまに-方向に。■蔀(しとみ)-寝殿造りや社寺の外回りの建具で、格子の裏に板を貼った蔀戸。■風にしぶかれて-風の抵抗を受けて(急速に落下することはなく)。■やみにけりとなん-それっきりで終わったという。

備考・補足

「今昔」では、忠明が助かったのは、観音に祈願したためであろうと後に忠明が考えたことを付記し、清水参詣の女が過って幼児を谷底に落としたが、観音に祈って無地だったという巻十九-四十一話に続けて、観音霊験譚であることを明示している。それに対して本話では進退窮まった忠明がハングライダーよろしくとっさに蔀戸を小脇に抱えて飛び降りた機転の冒険心と飛行の成功の意外さを感嘆する話として仏教色を無くしている。

朗読・解説:左大臣光永