宇治拾遺物語 12-24 一条桟敷屋(さじきや)、鬼の事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

今は昔、一条桟敷屋(さじきや)にある男泊りて、傾城(けいせい)と臥(ふ)したりけるに、夜中ばかりに、風吹き、雨降りて、すさまじかりけるに、大路に、「諸行無常(しよぎやうむじやう)」と詠じて過ぐる者あり。「何者ならん」と思ひて、蔀(しとみ)を少し押しあけて見ければ、長(たけ)は軒と等しくて、馬の頭なる鬼なりけり。恐ろしさに蔀を掛けて、奥の方へ入りたれば、この鬼、格子(かうし)押しあけて顔をさし入れて、「よく御覧じつるな、御覧じつるな」と申しければ、太刀(たち)を抜きて、「入らば斬(き)らん」と構へて、女をばそばに置きて待ちけるに、「よくよく御覧ぜよ」といひて往(い)にけり。「百鬼夜行(ひやくきやぎやう)にてあるらん」と恐ろしかりける。それより一条の桟敷屋には、またも泊らざりけるとなん。

現代語訳

今は昔、一条の桟敷屋にある男が泊まって、遊女と一緒に寝ていたが、夜中に、風が吹き、雨が降って、すさまじい荒れ模様になった。その時、大路に、「諸行無常」と唱えて通り過ぎる者がいる。何者だろうと思って、蔀戸を少し開けて見ると、身の丈は軒と同じで、馬の頭をした鬼であった。恐ろしさに蔀戸を閉めて、奥の方へ入ると、この鬼が、格子戸を押し開けて、顔をさし入れ、「よくも見られたな。見られたな」と言ったので、男は太刀を抜いて、「入るなら斬るぞ」と身構え、女をそばに引き寄せて待っていると、「よくよく御覧あれ」と言って立ち去って行った。これが百鬼夜行というものであろうかと恐ろしかった。それからは一条の桟敷屋には、二度と泊まらなかったという。

語句  

■桟敷屋-賀茂祭や行幸を見物するために一条大路に面した常設の桟敷屋。■傾城(けいせい)-一国を傾けるほどの美女、転じて遊女をいう。■諸行無常-万物は常に流転し、常駐不変なるものはない。『涅槃経』などに説かれる次の四句の偈(げ)の一句。「諸行無常、是生滅法、生滅々己、寂滅為楽」。■よく御覧じつるな-よくも御覧になられたな。■よくよく御覧ぜよ-さあ、しっかりと御覧あれ。■百鬼夜行-『捨芥抄』が「夜行スベカラズ」として「百鬼夜行日」を挙げていることからうかがわれるように、深夜に行列して歩き回ると恐れられていた鬼や妖怪変化。■桟敷屋-底本は「さむじきや」。                         

備考・補足

■一条大路は平安京のいわゆる市街地からほど遠い周縁の場所。したがってこの界隈はしばしば本話のような怪談の舞台となっている。なお、百鬼夜行の登場する事例は、『大鏡』師輔伝、『江談抄』第三、『打聞集』二三、『今昔物語集』巻一四、『古本説話集』下五一、『真言伝』第四、『宝物集』巻三、『沙石集』巻八-九など数多い。

朗読・解説:左大臣光永