平家物語 二 殿上闇討

本日は『平家物語』の第二回「殿上闇討」を読みます。

清盛の父・忠盛の話です。

忠盛が鳥羽上皇に三十三間の御堂を建立したことにより、一族はじまって以来、はじめて昇殿(清涼殿の床に上ること)をゆるされます。殿上人たちはこれを妬み、忠盛を闇討ちにしようとするも、忠盛は事前に察知して、その危機を乗り越える、という話です。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

https://roudokus.com/mp3/HK002.mp3

原文

しかるを忠盛備前守(びぜんのかみ)たりし時、鳥羽院(とばのいん)の御願(ごがん)、得長寿院(とくじようじゆいん)を造進して、三十三間(げん)の御堂(みどう)を建て、一千一体の御仏(みほとけ)をすゑ奉る。供養(くやう)は天承(てんしよう)元年三月十三日なり。勧賞(けんじよう)には闕国(けつこく)を給ふべき由仰下(よしおおせくだ)されける。境節但馬国(おりふしたじまのくに)にあきたりけるを給ひにけり。上皇御感(しやうくわうぎよかん)のあまりに、内(うち)の昇殿をゆるさる。忠盛三十六にて始めて昇殿す。雲(くも)の上人是(うえびとこれ)を猜(そね)み、同(おなじ)き年(とし)の十一月廿三日、五節豊明(とよのあかり)の節会(せちえ)の夜(よ)、忠盛を闇打(やみうち)にせむぞと擬せられける。忠盛是を伝へ聞いて、「われ右筆(いうひつ)の身にあらず。武勇(ぶよう)の家に生れて、今不慮の恥にあはむ事、家の為(ため)身の為、こころうかるべし。せむずるところ、身を全して君に仕ふといふ本文(もん)あり」とて、兼(かね)て用意をいたす。参内(さんだい)のはじめより、大(おおき)なる鞘巻(さやまき)を用意して、束帯(そくたい)のしたにしどけなげにさし、火のほのぐらき方(かた)にむかツて、やはら此刀(このかたな)を抜き出(いだ)し、鬢(びん)にひきあてられけるが、氷なンどの様(やう)にぞ見えける。諸人(しよにん)目をすましけり。

其上(そのうへ)忠盛の郎等(らうだう)、もとは一門たりし木工助平貞光(もくのすけたひらのただみつ)が孫(まご)、進三郎大夫家房(しんのさぶろうだいふいえふさ)が子、左兵衛尉家貞(さひやうゑのじよういへさだ)といふ者ありけり。薄青(うすあを)の狩衣(かりぎぬ)のしたに、萌黄威(もえぎをどし)の腹巻を着、弦袋(つるぶくろ)つけたる太刀脇ばさむで、殿上(てんじやう)の小庭(こには)に畏(かしこま)つてぞ候ける。貫首以下(くわんじゆいげ)あやしみをなし、「うつほ柱(ばしら)よりうち、鈴の網のへんに、布衣(ほうい)の者の候(さうらふ)は何者ぞ。狼藉(らうぜき)なり、罷出(まかりいで)よ」と、六位をもッて言はせければ、家貞申しけるは、「相伝(さうでん)の主(しゆ)、備前守殿(びぜんのかうのとの)、今夜闇討(やみうち)にせられ給(たまう)べき由承り候あひだ、其ならむ様(やう)を見むとてかくて候。えこそ罷出(まかりい)づまじけれ」とて、畏(かしこま)つて候ひければ、是等(これら)をよしなしとや思はれけん、其夜(そのよ)の闇(やみ)うちなかりけり。

忠盛御前(ごぜん)の召(めし)に舞はれければ、人々拍子(ひやうし)をかへて、「伊勢平氏(いせへいじ)はすがめなりけり」とぞはやされける。此(この)人々はかけまくもかたじけなく、柏原天皇(かしはばらのてんわう)の御末(おんすゑ)とは申しながら、中比(なかごろ)は都の住ひもうとうとしく、地下(ちげ)にのみ振舞(ふるまひ)なツて、伊勢国(いせのくに)に住国(ぢゆうこく)ふかかりしかば、其国のうつは物に事寄せて、伊勢平氏とぞ申しける。其上忠盛目のすがまりたりければ、か様(やう)にははやされけり。いかにすべき様(やう)もなくして、御遊(ぎよいう)もいまだ終らざるに、偸(ひそ)かに罷出(まかりい)でらるるとて、横だへさされたりける刀をば、紫宸殿(ししんでん)の御午(ごご)にして、かたへの殿上人(てんじやうびと)の見られける所にて、主殿司(とのもづかさ)を召して、預け置きてぞ出でられける。家貞(いへさだ)待ちうけ奉(たてま)ツて、「さて、いかが候ひつる」と申しければ、かくともいはまほしう思はれけれども、いひつるものならば、殿上(てんじやう)までも頓而(やがて)きりのぼらんずる者にてある間(あひだ)、「別(べち)の事なし」とぞ答へられける。

五節(ごせつ)には、「白薄様(しろうすやう)、こぜむじの紙、巻上(まきあげ)の筆、鞆絵(ともゑ)かいたる筆の軸」なんど、さまざま面白(おもしろ)き事をのみこそ歌ひ舞はるるに、中比太宰権帥季仲卿(なかごろだざいごんのそつすゑなかのきやう)といふ人ありけり。あまりに色の黒かりければ、みる人黒帥(こくそつ)とぞ申しける。其人いまだ蔵人頭(くらンどのとう)なりし時、五節(ごせつ)に舞はれければ、それも拍子をかへて、「あな黒々(くろぐろ)、黒き頭(とう)かな、いかなる人のうるしぬりけむ」とぞはやされける。又花山院前太政大臣忠雅公(くわさんのゐんのさきのだいじやうだいじんただまさこう)、いまだ十歳と申しし時、父中納言忠宗卿(ちゆうなごんただむねのきやう)におくれ奉(たてま)ッて、みなし子(ご)にておはしけるを、故中御門籐中納言家成卿(こなかのみかどのとうぢゆうなごんかせいのきやう)、いまだ播磨守(はりまのかみ)たりし時、聟(むこ)に取つて声花(はなやか)にもてなされければ、それも五節(ごせつ)に、「播磨よねは、とくさかむくの葉か、人のきらをみがくは」とぞはやされける。「上古(しやうこ)にはか様(やう)にありしかども事いでこず。末代いかがあらんずらむ、おぼつかなし」とぞ人申しける。

案のごとく五節はてにしかば、殿上人(てんじやうびと)一同に申されけるは、「夫雄剣(それいうけん)を帯して公宴(くえん)に列し、兵仗(ひやうぢやう)を給はつて宮中を出入(しゆつにふ)するは、みな是格式(これきやくしき)の礼をまもる、綸命(りんめい)よしある先規(せんき)なり。しかるを忠盛朝臣(ただもりのあつそん)、或(あるい)は相伝の郎従(らうじゆう)と号(かう)して、布衣(ほうい)の兵(つはもの)を殿上(てんじやう)の小庭(こには)に召しおき、或(あるい)は腰の刀を横だへさいて、節会(せちゑ)の座につらなる。両条希代(きたい)いまだ聞かざる狼藉(らうぜき)なり。事既(すで)に重畳(ちようでふ)せり。罪科尤(もッと)ものがれがたし。早く御札(みふだ)をけづッて、闕官停任(けつくわんちやうにん)せらるべき」由、おのおの訴へ申されければ、上皇(しやうくわう)大きに驚きおぼしめし、忠盛を召して御尋(おんたづ)ねあり。陳じ申しけるは、「まづ郎従小庭に祗候(しこう)の由、全(まつた)く覚悟(かくご)仕らず。但(ただ)し近日人々あひたくまるる旨(むね)、子細(しさい)ある歟(か)の間、年来(ねんらい)の家人(けにん)事をつたへ聞くかによッて、其恥(そのはぢ)をたすけむが為(ため)に、忠盛に知られずして、偸(ほそ)かに参候(さんこう)の条、力及ばざる次第なり。若(も)しなほ其咎(とが)あるべくは、彼身を召し進ずべき歟。次の刀の事、主殿司(とのもづかさ)に預けおきをはンぬ。是を召し出(いだ)され、刀の実否(じつぷ)について、咎(とが)の左右(さう)あるべき歟」と申す。「此儀尤もしかるべし」とて、其刀を召し出(いだ)して叡覧(えいらん)あれば、うへは鞘巻(さやまき)の黒くぬりたりけるが、中は木刀(きがたな)に銀薄(ぎんぱく)をぞおしたりける。「当座の恥辱をのがれんが為に、刀を帯する由あらはすといへども、後日(ごにち)の訴訟を存知(ぞんぢ)して、木刀を帯しける用意のほどこそ神妙(しんべう)なれ。弓箭(きゆうせん)に携(たづさは)らむ者のはかりことは、尤もかうこそあらまほしけれ。兼ねては又郎従小庭に祗候(しこう)の条、且(か)つうは武士の郎等(らうどう)のならひなり。忠盛が咎(とが)にあらず」とて、還而叡感(かへツてえいかん)にあづかツしうへは、敢(あ)へて罪科の沙汰(さた)もなかりけり。

現代語訳

ところが忠盛がまだ備前守(びぜんのかみ)の任にあった時、鳥羽院(とばゐん)の御願寺(ごがんじ)である、得長寿院(とくぢやうじゆゐん)の建造を進め、三十三間堂の御堂(みどう)を建て、一千一体の御仏を据え奉った。寺の新築落成の供養は天承元年三月十三日に行われた。鳥羽院は褒美として国司欠員の国を与えるべきである旨を仰せ下された。たまたま但馬国(兵庫県)に空きがあったため、これをお与えになられたが、上皇はなお深く感じ入られ、内裏の清涼殿への昇殿を許された。忠盛は三十六歳にして初めて昇殿した。

ところが公卿・殿上人たちはこれを嫉(ねた)み、同じ年の十一月二十三日、五節豊(ごせちとよ)の明(あかり)の節会(せちえ)の夜、忠盛を闇討ちにしようとあらかじめ計画を立てられた。忠盛は是を伝え聞き、「自分は文官ではない。武勇の家に生れて、今思いがけない恥をかかされる事は、家の為、身の為、憂うべきことである。要するに、長寿して君に仕えるという本文がある」といって、かねてから準備怠りなかった。初めて参内した時から大きな鞘巻を用意して、束帯の下にだらしなく無造作に差し、火の薄暗い方に向って、おもむろにこの刀を抜き出し、鬢(びん)に引き当てられたが、それが暗闇の灯りに反射して氷の刃のように見えた。そこに居合せた人々はじっと目をすましてこれを見守った。

そのうえ、忠盛の郎等(ろうどう)でもあり、元は一門であった木工助平貞光(さだみつ)の孫にあたる、進の三郎大夫家房の子、左兵衛尉家貞(いえさだ)という者があった。薄青の狩衣(かりぎぬ)の下に、萌黄脅(もえぎおどし)の腹巻を着、弦袋(つるぶくろ)をつけた太刀を脇に挟んで、殿上の小庭に畏まって控えていた。蔵人頭以下の人々はこれを怪しみ、「空柱(うつおばしら)より内側、鈴の網の辺りにいる無紋の狩衣を着た者は何者か。狼藉者、退出せよ」と六位の蔵人に言わせたところ、家貞が申すには「代々仕えてきた我が主、備前守殿が今夜闇討ちに会われるということを承りましたので、その成り行き見ようと思って、このように控えております。絶対退出することはできませぬ」と言って、畏まって控えていた。公家たちは是等の行動を都合が良くないと思われたのでしょうか、その夜の闇討ちはなかった。

忠盛が御膳のお召で舞を舞われたところ、人々は歌の拍子をかえて、「伊勢平氏(瓶子)は眇め(酢瓶)であった」とうたい囃された。平氏の人々は言葉に出して言うのも畏れ多いが、桓武天皇の御子孫とは申しながら、中頃は都に住むことからも遠ざかり、昇殿もせず、地下階級にばかりなっていて、伊勢国での住まいが長くなっていたので、その伊勢国の器物にかこつけて、「伊勢平氏」と申したのである。そのうえ忠盛は目の片方が細くなっておられたので、このように伊勢産のとっくりは酢がめにしかならないとはやされたのだった。忠盛はどうしようもなくて、管弦の御遊びもまだ終らないうちに、こっそりと御前を退出なさろうとして、横に差しておられた腰の刀を、紫宸殿(ししんでん)の北庇(きたびさし)、賢聖(けんじよう)の障子の背後の辺で、側の殿上人の見られておられた所で、主殿司(とのもづかさ)をお呼びになり、預けて退出された。家貞は待ち受け奉って、「さていかがでございました」と申したので、こうこうだとも宮中で受けた恥を言おうかとも思われたが、もしそう言ったものならば、すぐさま殿上までも斬り上ろうとする者なので、「特別な事はなかった」と答えられた。

五節(ごせつ)の節会(せちえ)では、「白薄様(しろうすよう)、濃染紙(こぜんじ)の紙、巻上(まきあげ)の筆、巴(ともえ)を描いた筆の軸」などというように、さまざまな面白い事だけが歌い舞われるのだが、中頃に大宰権帥季仲(だざいのごんのすえなか)卿という人があった。あまりにも色が黒かったので、見た人は黒帥(こくそつ)と申した。その人がまだ蔵人頭であった時、五節の節会に招かれて舞われたが、その時も歌の拍子を変えて、「ああ黒い黒い、全く黒い頭だな、どんな人が漆を塗ったのだろうか」と囃したてられた。又花山院(かざんいん)の前(さきの)太政大臣忠雅公(ただまさこう)がまだ十歳と申す時、父中納言忠宗卿(ちゅうなごんただむねきょう)に先立たれ、みなし子でおられたのを、故中御門籐中納言家成卿(なかのみかどとうちゅうなごんいえなりきょう)がまだ播磨守(はりまのかみ)であった時、娘婿にして華やかにもてなされたので、それも五節に、「播磨米(よね)は、木賊(とくさ)か椋(むく)の葉か、人を一生懸命着飾らせているわい」と囃された。「上古にはこんな事があったが、事件にはならなかった。今は末代だ、どうであろうか、気がかりだ」と人々は申した。

案の定、五節の節会も終ってしまった後、殿上人が口をそろえて申されるには、「いったい剣を帯びて、宴席に列席し、随身を召し連れることを許されて宮中に出入りするのは、みな、これ法令のしきたり・儀礼を守るべきで、勅命によって定められた以前からの規定である。それなのに忠盛朝臣は、或は先祖代々の郎従であると申して無紋の狩衣の武士を殿上の小庭に召し置き、或は腰の刀を横に差して、節会の座に連なる。この二つの事は世にもまれないまだ聞いたこともない狼藉である。事はすでに二つも重なっている。罪科はなんとしても免れがたい。早く、御札を削って、免官せられるべき」旨をおのおのが訴え申しあげると、上皇は大変驚かれ、忠盛を御前に召してお尋ねになった。忠盛卿が弁明して申し上げたのは、「先ず、郎従が小庭で控えていたことは、全く承知しておりません。但し、最近、公卿や殿上人たちが企まれておられることに何か関係があるようで、年来の家人がその事を伝え聞き、そこで私が恥をかくのを防ぐため、忠盛には知らせずに秘かに殿上の小庭に控えておりましたのは、いたしかたのない事であります。もしそれでもお咎めがあるのであれば、彼自身を召し出して差し出すべきでしょうか。次の刀の事は主殿殿にお預け置きました。これを召し出され、その刀が本物か否かによって、罪にするしかないかをお決めになるべきかと存じます」と申し上げた。「これはもっともそうすべきだ」と、その刀を召し出して御覧になると、上は鞘巻の黒く塗った物であったが、中身は木刀に銀箔を貼り付けてあった。「さしあたっての恥をかくのを免れるために、刀を身に着ける理由にしたが、後日、訴訟が行われるであろうことを承知で、木刀を身に帯びた用意の周到さこそ神妙である。武士の謀(はかりごと)は、もっともこのようにあるべきである。さらに又郎従が小庭に控えていたこと、一方から考えてみると武士の郎等の習性である。忠盛の罪ではない」として、お咎めが無かったばかりでなく、かえってお誉めにあずかったので、そうなった以上は、特に罪に処するという命令もなかった。

……

宮中に刀を持ち込んだこと、郎党平家貞が目を開かせていたこと。これらに殿上人たちは忠盛はけしからんと訴えてきたけれど、調べてみると刀は偽物であったし、鳥羽法皇は郎党を召しおくことは昔から武士のならいであるといって、かえって忠盛を認めた、という話です。

『平家物語』にはこの事件があったのは天承3年(1133)とありますが、実際には天承2年(1132)の出来事です。崇徳天皇の御世であり、鳥羽法皇が治天の君として天下に君臨していました。

ゆかりの地

得長寿院跡


得長寿院跡

平忠盛が鳥羽院に献上した三十三間の御堂「得長寿院」の跡地。岡崎疏水のほとりに碑が立つ。

京都府京都市左京区岡崎徳成町。

後に、平清盛が父忠盛が鳥羽法皇に御堂を献上したことにならって後白河法皇に献上したのが現在の蓮華王院・三十三間堂。

次回「鱸(すずき)」に続きます。

朗読 平家物語

朗読・解説:左大臣光永