平家物語 十三 俊寛沙汰 鵜川軍

本日は『平家物語』の第十三回「俊寛沙汰 鵜川軍(しゅんかんのさた うがわのいくさ)」です。

打倒平家クーデター計画「鹿谷の陰謀」の首謀者の一人、俊寛僧都の来歴に続けて、同じく陰謀の主要者である西光法師とその息子たちの乱暴なふるまいが語られます。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

https://roudokus.com/mp3/HK013.mp3

第一回「祇園精舎」

第十二回「鹿谷」

内容

新大納言成親が中心となって進めていた鹿ケ谷の陰謀に、法勝寺の執行俊寛(ほっしょうじのしゅぎょう しゅんかん)も参加していた。

この俊寛は、京極の源大納言雅俊卿の孫で、祖父に似て気性の荒い人だった。

一方、陰謀の首謀者・新大納言成親は多田蔵人行綱(ただのくらんど ゆきつな)に、「決行の際は一方の大将になってくれ」と、賄賂を渡す。

安元三(1177)年3月5日、内大臣藤原師長(妙音院殿)が太政大臣に昇進した後に、小松殿(平重盛)が近衛大将兼任のまま内大臣となった。

藤原師長の家系では、本来左大臣までしか許されないが、父である宇治の悪左府藤原頼長が左大臣の時に保元の乱を起こした先例をはばかって、左大臣を飛ばして太政大臣になったのである。

さて北面武士の中に、少納言入道信西が召し使っていた師光、成景という者がいた。信西が平治の乱で討たれると、出家して西光、西敬と名乗った。

その西光の子に、師高(もろたか)という者がいた。加賀守に就任するが、国務を行う間、やりたい放題にふるまい、神社・寺などの所領を没収した。

また、師高の弟、近藤判官師経(こんどうほうがん もろつね)が、加賀国の目代(代官)に就任する。

師経が加賀の国府に着いたとき、鵜川寺という寺で地元の僧たちが風呂に入っていた。

そこへ師経らが乱入し、僧たちと小競り合いになる。

師経はいったん退くが、夜になって数千騎で鵜川寺に押し寄せ、僧房を焼き払う。

鵜川寺は白山寺の末寺であるので、白山三社八院の大衆は怒り狂い、二千余人で師経の館へ押し寄せる。

師経、かなわじと見て京都へ逃げる。

白山寺の大衆が押し寄せると、中はもぬけの殻だった。ならば延暦寺に直訴しようと、白山寺の大衆は白山の神輿を振り上げて、比叡山へ向かった。

語句

■京極の源大納言雅俊卿 右大臣源顕房の子・雅俊。屋敷が京極にあったため京極と号した。 ■木寺の法印寛雅 木寺は仁和寺の塔頭。俊寛の父・寛雅は法印権大僧都。 ■腹あしき人 気性の荒い人。怒りっぽい人。 ■三条坊門京極 三条坊門小路と京極大路の交差するあたり。三条坊門小路は二条大路と三条大路の中間にあった小路。京極大路は平安京の東端の通り。 ■中門 寝殿造の対の屋から南に続く廊の中間にもうけられた門。 ■新大納言成親卿 中納言・藤原家成の子。正二位・権大納言。 ■大将 ここでは陰謀の指揮官。 ■庄 庄園。 ■弓袋の料に 弓袋をつくるための布として。 ■白布五十端 一端は布を数える単位。段・反とも。幅約38センチ、長さ約106センチ。 ■安元三年 1177年。 ■妙音院殿 宇治の悪左府藤原頼長の次男、藤原師長。 ■大納言定房卿 源定房。源雅定の養子。権中納言・源雅兼の四男。歌人・能書家。 ■大臣の大将 内大臣と近衛大将を兼任した。 ■第饗 大臣に就任した人が大臣以下の人々に饗応すること。 ■尊者 第一の客人。 ■大炊御門右大臣経宗 正しくは左大臣。藤原北家大炊御門家、藤原経実の四男もしくは五男。 ■一の上 左大臣の別称。 ■先途 家柄によって決まっている昇進の限界。 ■父宇治の悪左府の御例 宇治の悪左府(左大臣)藤原頼長は崇徳上皇をかついで保元の乱を起こした。 ■北面 白河上皇が設置した上皇親衛隊。上北面と下北面があった。 ■衛府ども 六衛府の者ども。六衛府は左右の近衛府・衛門府・兵衛府の総称。宮中の警護にあたった。 ■為俊、盛重 平為俊、幼名千手丸。為俊、幼名今犬丸。白河院のお気に入りだった(『尊卑分脈』)。 ■左右(さう)なききり者 並ぶことのない、院中をきりもりしている者。 ■季教、季頼父子 源季範は源健季の子、鳥羽院北面近習。その子季頼は右衛門尉、崇徳院北面近習(『尊卑分脈』)。 ■伝奉(てんそう) 院に申し上げることを仲立ちする。 ■下北面 上北面は四位・五位。下北面は六位。 ■師光 藤原師光。信西(藤原通憲)の侍として仕えたが、平治の乱のとき信西が死んで後、出家。西光と名乗った。 ■成景 白河院近習・藤原成重の養子。 ■在庁 在庁官人。国司の指示のもと、現地におもむき、目代のもとで仕事した下級の役人。 ■熟根いやしき 素性のいやしい ■健児童(こんでいわらわ) 健児(こんでい)。郡司らの子弟から選ばれた兵士。各地の守護にあたった。 ■格勤者 親王・摂関家に仕える侍。 ■さかざかし 賢い。 ■靫負尉(ゆぎへのじょう) 「ゆぎえ」とも。靫(ゆぎ、矢を入れる箱)を背負い弓矢を持ち、宮門警備にあたる役人。衛門尉(衛門府の三等官)の異称(一等官は督、二等官は佐) ■衛門府 六衛府のうち、佐衛門府、右衛門府。宮門警護にあたる。「ゆげひのつかさ」とよばれ「靫負」の字を当てる。 ■院の御倉預 院の倉の管理人。 ■検非違使五位尉 検非違使尉は六位相当だが五位で検非違使にあるもの。 ■追儺の除目 追儺は大晦日に行われる宮中行事で邪気を祓う。追儺の除目はその後で行われる、大臣以外の官職を任命する行事。 ■所領を没倒し 所領を没収し。 ■召公があとをへだつ 「召公」は周の成王のとき善政を行った(『史記』)。「召公の時代から遠く時を隔てているが」、または「召公の善政には遠く及ばないと言っても」 ■目代 代官。国司にかわって実際に現地に赴任して地方行政を取り仕切る。 ■国府(こふ) 国司の屋敷のあるところ。石川県小松市国府町あたり。 ■鵜河と伝ふ山寺 現石川県小松市遊泉寺町の湧泉寺。 ■国方の者入部する事なし 国府の役人が寺に立ち入ることはなかった。 ■入部の押妨 寺領に立ち入って乱暴すること。 ■不覚 思慮が足りないこと。 ■すべて其儀あるまじ まったくそのようなことはない。まじは打ち消しの助動詞。 ■唯法に任せよ 国の法律に従え。 ■伝ふ程こそありけれ 言うやいなや。 ■坊舎(ぼうじ) 僧の宿所。 ■学明 =覚妙? ■白山三社八院 「三社」は白山七社のうち別宮・佐羅・中宮の中宮三社。八院は中宮末寺の八寺。 ■ゆらへたり 「ゆらふ」は、ためらう。 ■射向(いむけ)の袖 鎧の左の袖。 ■甲の星 甲の鉢に打った。 ■卯の刻 午前6時頃。 ■東坂本 比叡山の東麓。滋賀県大津市坂本。 ■常葉の山 常緑の山。

……

西光法師の息子が、加賀国で地元の鵜川寺の僧といさかいを起こした。それがきっかけで、鵜川寺の本寺である白山寺の大衆が、延暦寺に訴えようとして、比叡山に押し寄せてくる、ところまでです。

作者は西光法師にも、その息子たちにも、また「鹿谷の陰謀」に対しても批判的です。

次回『平家物語』第14回「願立(がんだて)」です。

朗読 平家物語

朗読・解説:左大臣光永