宇治拾遺物語 1-11 源大納言雅俊(げんのだいなごんまさとし)、一生不犯(ふぼん)の鐘(かね)打たせたる事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

これも今は昔、京極(きやうごく)の源大納言雅俊といふ人おはしけり。仏事(ぶつじ)をせられけるに、仏前にて僧に鐘を打たせて、一生不犯(いつしやうふぼん)なるを選びて講(かう)を行はれけるに、ある僧の礼盤(らいばん)に上(のぼ)りて、少し顔色違(かほげしきたが)ひたるやうになりて、橦木(しもく)を取りて振りまはして打ちもやらでしばしばかりありければ、大納言、いかにと思はれける程に、やや久しく物もいはでありければ、人どもおぼつかなく思ひける程に、この僧わななきたる声にて、「かはつるみはいかが候(さぶら)ふべき」といひたるに、諸人(しよにん)頤(おとがひ)を放ちて笑ひたるに、一人(ひとり)の侍(さぶらひ)ありて、「かはつるみはいくつばかりにて候ひしぞ」と問ひたるに、この僧、首をひねりて、「きと夜部(よべ)もして候ひき」といふに、大方(おほかた)とよみあへり。その紛れに早う逃げにけりとぞ。

現代語訳

これも今では昔の事になりますが、京極の源大納言雅俊という人がおいでになった。その方が仏事を催された折、本尊の仏前で僧に鐘を打たせて、一生不犯を誓った僧を選んで講説を行われたが、ある僧が礼盤に上って、いささか顔の様子がおかしくなって、橦木を取って振り回しながら、鐘を打ちもせずしばらくそうしていたので、大納言はどうしたのかと思っておられると、しばらくの間、物も言わずにいるので、参会の人々もどうしたのかと気がかりに思っていると、この僧が震える声で、「かわつるみはどんなものでしょうか」言ったので、人々はあごがはずれるほど大笑いをした。一人の家来が居て、「かわつるみはどれぐらいなさったのですか」と聞いたので、この僧は首をひねって、「ちょっと昨夜もいたしました」と言ったので、一座はどっと笑い崩れた。そのどさくさ紛れにこの僧はさっさと逃げてしまったそうである。

語句

■源大納言雅俊-右大臣顕房(あきふさ)の子(1066~1122)。権大納言に昇って京極大納言と呼ばれた、保安三年(1122)五十七歳(一説に五十九歳)で没。。堀川天皇に仕え、天皇崩御の後、仏事に励んだという(三外往生記)。■不犯(ふぼん)-戒律を破らないこと。特に,邪淫戒を保って異性と交わらないこと。■講-僧による仏典の講読や説法を中心とする仏事。■礼盤(らいばん)-法会の際、導師の座る高壇。■橦木(しもく)-鐘・鉦(しょう)を打ち鳴らすための丁字形の小さい棒。しゅもく。■おぼつかなく思ひける-何が起こったのかわけがわからず、やきもきする状態。■かはつるみ-手で性器を刺激して快感を求める行為。千ずり。自慰。■頤(おとがい)-下あご。あご。■頤を放ちて笑ひ-堂内に大勢の人々の笑い声が一度にどっと響き合うさま。下あごがはずれるほどに笑うさま。■きと-ちょっと。■とよみあへり-どっと一斉に笑った。「とよむ」は「とよ」という擬態語に「む」という接尾語が付いたもの。■早う-さっさと。

備考・補足

■礼盤に上って本尊に向い合って、一生不犯の清僧としていざ鐘を打ち鳴らそうという間際になって、「女とつるみ(交接)はしていないが、日常的に皮つるみ(手淫)はしている自分には、はたしてこの鐘を打つ資格があるのだろうか。このまま打っては本尊と参会者とを欺くことになりはすまいか」との律儀なためらいが発端となって展開する僧の性欲にまつわる悲喜劇。ここでは、肝心の聖に当たる者が、あえて「かはつるみ」を持ちだして、いかにもまじめに応対しているところがいっそうおかしく感じられる。

朗読・解説:左大臣光永