宇治拾遺物語 1-12 児(ちご)の掻餅(かいもち)するに空寝(そらね)したる事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文


これも今は昔、比叡(ひえ)の山に児(ちご)ありけり。僧たちの宵(よじ)のつれづれに、「「いざ、掻餅(かいもちいひ)せん」といひけるを、この児心寄せに聞きけり。「さりとて、し出(いだ)さんを待ちて寝ざらんもわろかりなん」と思ひて、片方に寄りて、寝たる由(よし)にて出で来るを待ちけるに、すでにし出(いだ)したるさまにて、ひしめき合ひたり。

この児、「定めて驚かさんずらん」と待ちゐたるに、僧の「物申し候(さぶら)はん。驚かせ給へ」といふを、うれしとは思へども、「ただ一度にいらへんも、待ちけるかとぞ思ふ」とて、「今一声(ひとこゑ)呼ばれていらへん」と念じて寝たる程に、「や、な起し奉りそ。幼き人は寝入り給ひにけり」といふ声のしければ、あなわびしと思ひて、「今一度起せかし」と思ひ寝に聞けば、ひしひしとただ食ひに食ふ音のしければ、すべなくて、無期(むご)の後(のち)に、「えい」といらへたりければ、僧たち笑ふ事限りなし。

現代語訳

これも今では昔の事になりますが、比叡山延暦寺に稚児がいました。僧たちが宵の所在なさに、「さあ、ぼた餅でも作ろう」と言ったのを、この稚児は期待を持って聞いた。「かといって、作り上げるのを待って寝ないのも具合が悪いだろう」と思って、部屋の片隅に寄って、寝たふりをしてできてくるのを待っていると、すでに作り上げた様で、僧たちが大勢で騒ぎ立て合っている。この稚児は「きっと、呼び起こしてくれるはずだ」とそのまま待っていると、はたして一人の僧が、「もしもし、目をお覚まし下さい」と言うので、喜んだが、「ただ、一度の呼びかけに返事をすると、待っていたのだろうと思われる」と思い、「もう一度呼ばれてから返事をしよう」と我慢して寝ているうちに、「おい、お起こしなさるな。幼い人はお眠りになってしまったのだ」という声がしたので、ああ、まずいと思って、「もう一度起してくれよ」と寝て聞いていると、むしゃむしゃとさかんに食べに食べている音がする。どうしようもなくて、ずっと時間が経ってから、「はあい」と返事をしたので、僧たちは笑い続けた。

語句

■空寝-わざと眠ったふりをすること。■比叡の山-京都府と滋賀県にまたがる比叡山。延暦七年(788)に創建された天台宗の総本山延暦寺がある。■児(ちご)-修学や行儀作法の見習いのために寺院で僧に仕えた少年。■掻餅(かいもちひ)-掻き練り餅。もち米を蒸したものを丸めてきな粉などをまぶしたもの。おはぎ・ぼた餅の類。そばがきのような粥(かゆ)飯(めし)、正月の鏡餅の割り餅と見る説もある。■ひしめきあう-大勢集まって騒ぎ立てる事。「ひし」という擬態語に「めく」という接尾語が付いたもの。■定めて-きっと。■驚かさんずらん-呼び起こしてくれるはずだ。■物申し候(さぶら)はん-現代の「もしもし」にあたる丁寧な呼びかけの弁。■いらへん-呼ばれたりしたことに「はい」「いいえ」などと端的に反応すること。応答すること。■念じて-返事をしたいのを我慢して。■思ひ寝に聞く-強く期待しながら寝ている格好のまま聞き耳を立てていること。■ひしひしと-しきりに一事に集中するさま。■すべなくて-もうそれ以上は我慢しているわけにいかず、やむなく。■無期(むご)-「限りなく長い時間」が直訳。しかし実際には僧たちがまだみなそこにいるうちであったので、さほどに長い間をおいたわけではない。その場のやりとりの雰囲気の中で心理的に、「えらく長い時間」ということ。

備考・補足

■体面を保とうという駆け引きに失敗した少年の心理的葛藤劇の作品。それにしても仕えている年少者に対しての丁寧過ぎる僧たちの言葉遣いと対応ぶりの理由はなんだろう。少年が貴族の出であったとする見方もあるが『徒然草』第五十四段「御室に、いみじき児の」にうかがわれるような稚児愛的な状況を想定してみるべきではなかろうか。

■児というのは、一般に幼い子の意味であるが、特に社寺に召し使われるものに限って用いられる。公家や武家の子弟には、幼少の頃に寺院に入って、そこで教育を受ける者が少なくなかった。それらの寺院における児は、女人禁制の生活の為に、同性愛の対象にも据えられがちであった。ここではことさら児に対する僧侶の愛欲にまで及んでいないが、児に対する周囲の愛情を伺い知ることができる。それに対して児の方はいたって無邪気であって、ただ食べ物のことを考えている。

朗読・解説:左大臣光永