宇治拾遺物語 1-14 小藤太(ことうだ)、聟(むこ)におどされたる事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

これも今は昔、源大納言定房(さだふさ)といひける人のもとに、小藤太といふ侍(さぶらひ)ありけり。やがて女房にあひ具(ぐ)してぞありける。むすめも女房にてつかはれけり。この小藤太は殿の沙汰をしければ、三とほり四とほりに居広げてぞありける。この女(むすめ)の女房になまりやうけしの通いけるありけり。宵(よひ)に忍びて局(つぼね)へ入りにけり。暁より雨降りて、え帰らで臥(ふ)したりけり。

この女(むすめ)の女房は上(うへ)へのぼりにけり。この聟(むこ)の君、屏風(びやうぶ)を立てまはして寝たりける。春雨いつとなく降りて、帰るべきやうもなく臥したりけるに、この舅(しうと)の小藤太、「この聟の君つれづれにておはすらん」とて、肴(さかな)折敷(をしき)に据ゑて持ちて、今片手に提(ひさげ)に酒を入れて、「縁(えん)より入らんは人見つべし」と思ひて、奥のかたよりさりげなくて持て行くに、この聟の君は衣(きぬ)を引き被(かづ)きてのけざまに臥したりけり。「この女房のとく下(お)りよかし」と、つれづれに思ひて臥したりける程に、奥の方より遣戸(やりど)をあけければ、「疑ひなくこの女房の上(うへ)より下るるぞ」と思ひて、衣をば顔に被(かづ)きながら、あの物をかき出して腹をそらして、けしけしと起きければ、小藤太おびえてなけされかへりけるほどに、肴もうち散らし、酒もさながらうちこぼして、大ひさげをささげて、のけざまに臥して倒れたり。頭を荒う打ちて眩(まく)れ入りて臥せりけりとか。

現代語訳

これも今では昔の事になりますが、源大納言定房という人のところに、小藤太という侍が仕えていた。同じ主人に仕える女官と結婚し、そのまま一緒に住んでいた。娘もここの女官であり、同じ主人に仕えていた。この小藤太は大納言家の経営事務を任されており、当初に比べて何倍も大きな顔をしていばっていた。この娘の房にそこそこ良家の青年が通ってきていた。暗くなってから忍び込み娘の部屋に入った。次の朝、鳥が鳴きだす頃、雨が降り出し帰る事が出来ずそのまま寝ていた。

この娘の女房は勤めで大納言のお部屋に出向いて行った。この娘婿は屏風を立てまわして寝ていた。春雨がいつになく降って、帰らなければならない用事もなく寝ていたが、この舅の小藤太は、「この婿殿は退屈していらっしゃるだろう」と思って、肴を折敷に乗せて持ち、もう一方の手に持った提(ひさげ)には酒を入れて、「広縁から入ったらきっと人目につくだろう」と思い、わざわざ奥の方から何の気もなしに持って行くと、この婿殿は衣を引っ被って仰向けの姿勢で寝ていた。彼は、「この女房がはやく戻って来ればいいのに」と、所在なく横になっていると、奥の方で遣戸(やりど)を開ける音がしたので、「間違いなく、この女房が御主人の所から下がってきたぞ」と思い、衣を顔に被ったまま、一物をむき出しにして、腹をそらせて、むくむくと勃起させたので、小藤太は怯えてのけぞり返る程驚き、折節の肴もまき散らし、酒もすっかりこぼして、大提を捧げもったまま仰向けになってひっくり返ってしまった。頭をひどく打って、目がくらんでのびてしまったそうだ。

語句

■源大納言定房-中納言雅兼の八男(1130~88)。右大臣源雅定の猶子(ゆうし)。堀川大納言。『千載集』に入集。■小藤太-藤原某、伝未詳。■侍(さぶらひ)-家の経営事務に従う者。■女房-貴人に仕える女官。■女房にあひ具してぞありける-定房家に仕える女官と一緒になって暮らしたこと。■殿の沙汰をしければ-大納言の経営の実務を任されて、取り仕切っていたこと。■三とほり四とほりに居広げてぞありける-幾通りにも住居を広げていたとも解されるが、主人の屋敷内に住む者が、どれだけその住居を広げることができたか、『大系』の注には、「ゐひろがる」というのが、いばることかと説かれている。■生良家子(なまりやうけし)-まずまずという程度の良家の青年。「生良家」は、良家といってもそこそこの良家、の意。■局(つぼね)-建物を仕切り設けた部屋。ここでは女房の部屋。■宵(よひ)に忍びて云々-通婚では、男性は女性の家に日没後に訪れ、翌朝、鳥の鳴き始める頃、すなわち日の出前に退出する慣習になっていた。■上-主人の部屋。■折敷(をしき)-縁(ふち)のついている四角な盆。■提(ひさげ)-酒などをつぐのに用いるつるのついた小鍋形の容器。■縁より入らんは云々-広縁から回って入るのでは人目に立ち、時分の娘の部屋に客人がいると気取られて不都合だ。■さりげなく-何の気もなしに。■引っ被って-ひっかぶって。■のけざまに-仰向けに。■遣戸(やりど)-左右に開閉する戸。引き戸。■かづきながら-被りながら。■あの物-男性の外性器。玉茎を指す。■けしけしと-むくむくと。■起こしければ-勃起させたので。■なけされかへる-のけぞり返る。■荒う-ひどく。■まくれ入りて-目が眩(くら)んで。

備考・補足

■猶子(ゆうし)-(公卿・武家の社会で)兄弟や親族の子などを自分の子として迎え入れたもの。義子。江戸時代まで存在した制度で家督相続を前提としない親子関係を結ぶこと。これに反して養子縁組は家督相続を前提として親子関係を結ぶものです。

■入集(にっしゅう)-和歌や俳句を歌集や句集に選び入れること。

■ 屋敷の中では威張っている男も、愛娘には甘い煩悩な親。その娘の婿殿に退屈させまいとの気遣いが、婿殿の勘違いと悪ふざけとを呼び起こし、男は思いがけない目に合うという失敗譚。

朗読・解説:左大臣光永