宇治拾遺物語 1-17 修行者(しゆぎやうしや)、百鬼夜行(ひやくきやぎやう)にあふ事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

今は昔、修行者のありけるが、津国(つのくに)まで行きたりけるに日暮れて、竜泉寺(りゆうせんじ)とて大きなる寺の古(ふ)りたるが人もなきありけり。これは人宿らぬ所といへども、そのあたりにまた宿るべき所なかりければ、いかがせんと思ひて、笈(おひ)打ちおろして内に入りてけり。

不動の呪を唱へえゐたるに、「夜中ばかりにやなりぬらん」と思ふ程に、人々の声あまたして来る音すなり。見れば、手ごとに火をともして、百人ばかりこの堂の内に来集(つど)ひたり。近くて見れば、目一つつきたりなどさまざまなり。人にもあらず、あさましき者どもなりけり。あるいは角(つの)生(お)ひたり。頭もえもいはず恐ろし気なる者どもなり。恐ろしと思へども、すべきやうもなくてゐたれば、おのおのみなゐぬ。一人(ひとり)ぞまた所もなくてえゐずして、火を打ち振りて我をつらつらと見ていふやう、「我がゐるべき座に新しき不動尊こそゐ給ひたれ。今夜ばかりは外(ほか)におはせ」とて、片手して我を引き下げて堂の縁の下に据ゑつ。さる程に、「暁になりぬ」とて、この人々ののしりて帰りぬ。

「まことにあさましく恐ろしかりける所かな、とく夜の明よかし。往(い)なん」と思ふにからうじて夜明けたり。うち見まはしたれば、ありし寺もなし。はるばるとある野の来し方も見えず。人の踏み分けたる道も見えず。行くべき方もなければ、あさましと思ひてゐたる程に、まれまれ馬に乗りたる人どもの、人あまた具して出で来たり。いとうれしくて、「ここはいづくとか申し候(さぶら)ふと問へば、「などかくは問い給ふぞ。肥前国ぞかし」といへば、「あさましきわざかな」と思ひて、事のさま詳しくいへば、この馬なる人も、「いと稀有の事かな。肥前国にとりてもこれは奥の郡なり。これは御館(みたち)へ参るなり」といへば、修行者悦(よろこ)びて、「道も知り候はぬに、さらば道までも参らん」といひて行きければ、これより京へ行くべき道など教へければ、舟尋ねて京へ上りにけり。

さて人どもに、「かかるあさましき事こそありしか。津国の竜泉寺といふ寺に宿りたりしを、鬼どもの来て『所狭し』とて、『新しき不動尊。しばし雨だりにおはしませ』といひて、かき抱きて雨だれについ据ゆと思ひしに、肥前国の奥の郡にこそゐたりしか。かかるあさましき事にこそあひたりしか」とぞ、京に来て語りけるとぞ。

現代語訳

今では昔の事になりますが、ある修行者がいましたが、摂津国まで行ったところ、日が暮れて、竜泉寺という寺で、大きくて古びて人も住んでいない寺があった。修験者は、ここは人が泊まれるところではないと思ったが、その辺りに他に泊まる所もないので、しかたないと思いながらも、笈を下して寺の中に入っていった。

不動明王を念ずる呪文を唱えながら座っていたが、「夜中時分になったなあ」と思っていると、大勢の人たちがやってくる音がする。見ると、手に手に火を灯し、百人ほどのものが、この堂内に入って来て、集った。近くで見ると、目一つのものなどさまざまである。人でもなく、薄気味の悪い者どもであった。あるいは角が生えている。頭部も言葉にできないぐらい恐ろし気な者どもである。恐ろしいとは思うがどうしようもなくて座っていると、各自がそれぞれ座に就いた。しかしその中の一人が座る場所がなく座れずに、火を打ち振りながら私をまじまじと見て言うには、「我が座るべき所に新しい不動明王が座しておられる。今夜ばかりは他の所にお出で下さい」と言って、片手で自分をひっ下げ、自分を堂の縁の下に移した。そのうちに、「夜が明けたぞ」と、この人たちはがやがやと大騒ぎしながら帰ってい行った。

「ほんとに薄気味悪く恐ろしい所である事よ。早く夜が明けてほしいものだ。出て行きたい」と思っているとよくやく夜が明けた。周囲を見回してみると、昨夜あった寺もない。はるばると自分がやって来た野道も見えず、人が踏み分けた道も見えない。行く方角もわからないので、どうしたものかと思っていると、たまたま嬉しい事に、馬に乗った人たちが、大勢の伴の者を連れて、やって来た。私はとてもうれしくなって「ここは何というところでございましょうか」と聞くと、「どうしてそんな事を聞くのですか。肥前国ではありませんか」と言うので、「これはあきれたことだと」と思って事の次第を詳しく話した。この馬に乗った人も、「まったく珍しいことだ。肥前の国とはいっても、ここは奥まった辺鄙な所だ。私は国府の館に向かう所です」と言うので、修行者の私は喜んで、「道もわからないので、それなら道のある所まで後について行きたい」 と言って、ついて行くと、そこから京へ行く道などを教えてくれたので、船便を探して京へ上った。

人づてに、「こんなあきれたことがあるのか。摂津国の竜泉寺という寺に泊まったのに、鬼どもがやって来て、『場所が狭い』と言って、『新しい不動明王よ、少しの間、雨だりにおいでなさいませ』と言って、私を抱きあげて、軒下に乱暴に据え置かれたと思ったのに、なんと肥前国の奥の郡にいたんだ。こんな情けない目に合ったんだ」と、京へ上ってから仲間にその話をしたという事だ。
                   

語句

■修行者-仏道修行の為に寺におらず、回国行脚を続けている真言僧、または山伏。■津国-摂津国。大阪府と兵庫県の一部を合わせた地域。■竜泉寺-摂津の国内の存在は不明。中島悦治『宇治拾遺物語新釈』は、河内国南河内郡の竜泉寺(牛頭山医王院・真言宗)のことかとするが、その可能性は高い。■笈(おひ)-大きな箱型の背負い道具。普通は負い縄を両肩に掛ける。扉は観音開きで、仏具や衣服などの日用品や食料などを収める。■不動の呪-不動明王の加護を祈る呪文。不動明王は、右手に剣、左手に縄を持ち、魔物を破砕して真言の行者を守護するとされる。以下、修行者自身の直話のような語り方になる。■人々の声あまた云々-以下は百鬼夜行の出現ぶり。第三話のそれと細部に差異は認められるものの、全体としては類似している点が注意される。■暁になりぬ-第三話の鬼と同様、夜行性なので、夜が明けると、彼らは神通力を失うようだ。■からうじて-ようやく。やっとのことで。修行者自身の待ち遠しかった気持ち。■まれまれ云々-たまたまうれしいことに馬に乗った人々の一行が。■肥前国-佐賀・長崎両県にまたがる旧国。■奥の都-肥前国の「奥の都」という名を出すことによって、語り手(修行者)は、肥前国まででもとてつもなく遠いのに、さらにその国の奥地までも、というふうに知らない間に移動させられていた距離の長さ、あるいは街道に出るまでの困難さを印象つけようとしたか。■御館(みたち)-肥前国の国庁舎。ちなみの肥前の国府は佐賀県佐賀郡春日村(現・大和町)久池井の地か(大日本地名辞書)。■舟-都への航路を走っている船。あまりに異常な体験をした直後ゆえ、少しでも早く帰京したいと、行脚僧であったにもかかわらず、とりいそぎ便船に頼ったのであろう。■雨だり-建物の軒下の雨だれの落ちる所。いわゆる砌(みぎり)の場所。■つい据ゆ-「突き据ゆ」の音便形。荒々しく置く。乱暴に据え置く。■京に来て語りける云々-帰京してから、仲間の修行者たちか身内の人々に。

備考・補足

■百鬼夜行の話は、当時の夜の暗黒の深さへの恐怖から生まれた怪談で、『大鏡』『打開集』『今昔物語集』など諸書に採録されている。本話では、しかし、その恐怖感というよりは、むしろ他界者の行為に示される超大さへの驚異が強調され、修行者の不動明王の呪文のもたらす威力を大きく上回る不思議として語られる。時間でいえば、浦島太郎の竜宮での三年が人間界の三百年に相当したという例などが思い合わされよう。

朗読・解説:左大臣光永