宇治拾遺物語 2-14 柿の木に仏(ほとけ)現ずる事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

昔、延喜(えんぎ)の御門(みかど)の御時、五条の天神のあたりに、大(おほ)きなる柿の木の実ならぬあり。その木の上に仏現れておはします。京中の人こぞりて参りけり。馬、車も立てあへず、人もせきあへず、拝みののしりけり。

かくする程に、五六日あるに、右大臣殿心得ず思(おぼ)し給ひける間(あひだ)、「まことの仏の、世の末に出で給ふべきにあらず。我行きて試しみん」と思して、日(ひ)の装束(さうぞく)うるはしくして檳榔(びりやう)の車に乗りて、御先(おんさき)多く具(ぐ)して、集りつどひたる者ども退(の)けさせて、車かけはづして榻(しぢ)を立てて、梢(こずゑ)を目もたたかず、あからめもせずしてまもりて、一時ばかりおはするに、この仏、しばしこそ花も降らせ、光を放ち給ひけれ、あまりにあまりにまもられて、しわびて、大きなる糞鳶(くそとび)の羽折れたる、土に落ちて惑ひふためくを、童部(わらはべ)ども寄りて打ち殺してけり。大臣(おとど)は「さればこそ」とて帰り給ひぬ。

さて、時の人、この大臣をいみじくかしこき人にておはしますとぞののしりける。

現代語訳

昔、醍醐(だいご)帝の時代に、五条の天神のあたりに大きな実のならない柿の木があった。その木の上には仏が現れておいでになる。京中の人は一人残らず参拝をした。馬、車は立ち止まる隙間もなく、人もせき止められないほどで大騒ぎして拝むのであった。

こうしているうちに五六日過ぎたが、右大臣殿が「どうにも合点がいかぬ」ということで、「本物の仏が世の末に出てこられることがあろうか。自分が行って調べてみよう」と思われ、その日の装束はきちんとした正装を召され檳榔の車に乗って、ご前駆の者を大勢引き連れて、柿の木の周りに集まっていた者どもを退散させ、車から牛を外し、榻(しぢ)を立て、柿の木の梢を瞬きもせず、脇目もふらず見守って、2時間ほどそのままでいらっしゃった。この仏は、しばらくの間花を降らせ、光をも放っておられたが、あまりにも長い間じっと見詰められ、堪えきれなくなって正体を現し、大きな羽の折れた糞鳶となって地上に落下した。それから、糞鳶があわてふためいてバタバタしているのを、子どもたちが寄り集まって打ち殺してしまった。大臣は「やはりにせものだった」ということでお帰りになった。

そこで、当時の人たちが、「まことにかしこい人でおいでになる」この大臣の事を評判し合ったのだ。

語句

■延喜の御門-醍醐天皇(885~930)の治世。寛平九年(897)~延長八年(930)在位。■五条の天神-京都市下京区天神前町(五条の南、西洞院の西)に鎮座する神社。祭神は大己貴神と少彦名神。■実ならぬあり-実のならぬ木には神が宿るとされた。集成は、その例証として「玉島実成らぬ木にはちはやぶる神そつくといふ成らぬ木ごとに(万葉・101)を引く。■あへず-…しきれない。…しようとしてできない。 ■右大臣-『今昔』の同文話によれば、源光(845~913)。菅原道真左遷の後、延喜元年(901)正月に右大臣となっている。■心得ず思し給ひける間-合点がゆかずお思いになったので。■試しみん-調べてみよう。■うるはしくして-きちんと調えて。■檳榔(びりやう)-現代ではビンロウと呼び、太平洋・アジアおよび東アフリカの一部で見られるヤシ科の植物。 中国語では檳榔と書く。種子は嗜好品として、噛みタバコに似た使われ方をされ、ビンロウジという場合は通常この種子を指す。ペナン島の名の由来となった植物である。■檳榔(びりやう)の車-漂泊して細かく裂いた檳榔の葉で屋根をふいた牛車。四位以上の貴族、高僧、女房などが用いた。■御先多く具して-ご前駆の人々を多く連れて。■車かけはずして-車から牛をはずして。■榻(しぢ)-牛を車から外した時、車の轅(ながえ)を乗せる台。昇降時の踏み台にも利用した。■轅-「長柄」。馬車・牛車(ぎっしゃ)などの前方に長く突き出ている2本の棒。先端に軛(くびき)をつけて牛や馬にひかせる。■目をたたかず-まばたきもせず。■あからめもせず-よそ見もしないで。■まもりて-見守って。■おはするに-おいでになると。■しばしこそ-しばらくの間は。■しわびて-堪えきれなくて。■惑ひふためくを-とまどいばたばたするのを。■さればこそとて-やはりにせものだったというので。■ののしける-評判した。

備考・補足

■すでに、五、六日を過ぎたというのに、柿の木の上に出現した仏はそのまま居続けていると聞いた右大臣は、「外道の術は七日以上は持たない」との言い伝えを思い起こし、実否を確かめに赴き、眼光によってついにくそとびの変身した偽仏の正体を暴く。「智慧の勝利」をたたえた不思議譚。

朗読・解説:左大臣光永