宇治拾遺物語 3-8 木こり歌の事

【古典・歴史】メールマガジンはこちら

今は昔、木こりの、山守(やまもり)に斧(よき)を取られて、わびし、心憂(こころう)しと思ひて、頬杖(つらづゑ)突きてをりける。山守見て、「さるべき事を申せ。取らせん」といひければ、

悪しきだになきはわりなき世間(よのなか)によきを取られてわれいかにせん

と詠みたりければ、山守返しせんと思ひて、「うううう」と呻(うめ)きけれど、えせざりけり。さて斧(よき)返し取らせてければ、うれしと思ひけりとぞ。人はただ歌を構へて詠むべしと見えたり。

現代語訳

今は昔、木こりが山守に手斧を没収され、つらい、情ないと思って頬杖をついていた。山守はそれを見て、「何か気の利いた歌でも詠んでみよ、返してやるぞ」と言ったので、

悪い物でさえ物が無いというのは困る世の中であるのに、良い物(斧)を取り上げられてしまって自分はどうしたらよいのか。

と詠んだので、山守は歌を返そうと思って、「うううう」と呻(うめ)いていたが歌を返せなかった。それで手斧を返してくれたので、木こりは良かったと思ったという。だから人は常々心にかけて歌が詠めるようになっていなくてはならないのだと思われるわけだ。
                           

語句

■山守-山の番人。関係者以外の者の樹木の盗伐を監視する者。■斧(よき)-斧の小さいもの。手斧。■わびし-つらい。■心憂し-情ない。■頬杖(つらづゑ)突きてをりける-ほおづえをついていた。■さるべき事を申せ-それ相応のことを言え。何か気の利いた歌でも詠め、という意。■取らせん-返してやろう。

■返しせん-返事をじようと。■えせざりけり-何もできなかった。■構へて-心がけて。■見えたり-思われる。

【古典・歴史】メールマガジンはこちら

朗読・解説:左大臣光永