宇治拾遺物語 4-1 狐(きつね)、人に憑(つ)きてしとぎ食ふ事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

昔、物(もの)の怪(け)煩(わづら)ひし所に物の怪渡しし程に、物の怪、物つきに憑(つ)きていふやう、「おのれは祟(たた)りの物の怪にても侍らず。うかれてまかり通りつる狐なり。塚屋に子どもなど侍るが、物をほしがりつれば、かやうの所には食物(くひもの)散ろぼふものぞかしとて、まうで来つるなり。しとぎばら食べてまかりなん」といへば、しとぎをせさせて一折敷(ひとをしき)取らせたれば、少し食ひて、「あなうまや、うまや」といふ。「この女のしとぎほしかりければ、そらもの憑きてかくいふ」と憎みあへり。

「紙賜(たまは)りてこれ包みてまかりて、専女(たうめ)や子どもなどに食はせん」といひければ、紙を二枚引きちがへて包みたれば、大(おほ)きやかなるを腰に挟みたれば、胸にさしあがりてあり。かくて「追ひ給へ。まかりなん」と験者(げんじゃ)にいへば、「追へ追へ」といへば、立ち上がりて倒れ伏しぬ。しばしばかりありて、やがて起きあがりたるに、懐(ふところ)なる物さらになし。失(う)せにけるこそ不思議なれ。

現代語訳

昔、物の怪にとり憑かれた人の家で、それをとり除く祈祷をして、霊媒に乗り移らせた時に、物の怪が霊媒の口を借りて言うには、「自分は祟りの物の怪ではない。さまよい歩いて通りかかった狐である。塚屋の家には子どもなどがいるが、食物を欲しがるので、「このような所には、食物が散らばって落ちているものだ、と思ってやって来たのだ。しとぎでも食べて帰ろう」と言うので、しとぎを作らせて、折敷きにいっぱいくれてやると、少し食ってから、「ああ、うまい、うまい」と言う。「この霊媒の女は、しとぎが欲しいので、狐が憑いた振りをしてこんなことを言っているのだ」と人々は憎々しく思い合った。

「紙をいただいて、これを包んで帰り、年寄や子どもたちに食わせたい」と言うので、紙を二枚引き違いにして重ねて包んだところ、大きな包になった。それを腰に挟むと、胸もとまで盛り上がるくらいになった。そうしたら、狐が「私を追ってください。退散しましょう」と修験者に言うので、「去れ、去れ」と追うと、霊媒が立ち上がって倒れ伏した。しばらくたって、やがて起きあがったが、懐の紙包はきれいになくなっていた。失(う)せてしまったのは実に不思議なことだ。          

語句

■物の怪-人間に取り憑いて祟り悩まし、場合によっては命を奪う鬼神・妖怪や人間の生霊・死霊などの総称。■煩ひし所に-取り憑かれて苦しんでいる人の家で。■物の怪渡しし程に-物の怪に取り憑かれている病人から、その物の怪を祈祷によって「物つき」という他人に移らせた時に。「物つき」は、よりまし・寄人・神子などの総称で、修験者が物の怪を調伏する際に、それを一時的に乗り移らせる人物。主に未婚の乙女が選ばれた。■うかれてまかり通りける-さまよいあるいて通りかかった。■塚屋-墓守の住む小屋か。狐どもがそこに住みついていたもの。■散ろぼふものぞかし-散らばって落ちているものだ。■まうで来つるなり-やって来たのだ。■しとぎばら-しとぎでも。「しとぎ」とは、米の粉をこねて作った餅。饅頭形に作り、神前や仏前に供える。■しとぎばら食べてまかりなん-しとぎでも食べて帰ろう。■せさせて-作らせて。■専女(たうめ)-老女。ここは老狐の事。■紙を二枚云々-破れないように二枚の紙を交差させて、十文字に重ねて。■胸にさしあがりて-胸もとまで盛り上がって。■追ひ給へ。まかりなん-追いだしてください。退散しましょう。物憑きの女が取り次いだ病人に憑いている物の怪の言葉。           

備考・補足

■狐憑きの話は多い。狐が憑いたと思われた人に、狐の好物とされる油揚などを出し、それをうまそうに食べると、本当に狐がとり憑いたとみて、その狐憑きの人の身体から狐をいぶし出そうと、その人を杉の葉でいぶしたり殴ったり、ひどい目に遭わせる、といったようなことが戦前まではまだ農村の俗信としても残っていた、本話は、しとぎが消えたという点に、人々を戦慄させた伝承の痕跡が見えよう。

朗読・解説:左大臣光永