宇治拾遺物語 4-6 東北院菩提講(とうぼくゐんぼだいかう)の聖(ひじり)の事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

東北院の菩提講始めける聖はもとはいみじき悪人にて、人屋(ひとや)に七度(ななたび)ぞ入りたりける。七度といひけるたび、検非違使(けびゐし)ども集りて、「これはいみじき悪人なり。一二度人屋にゐんだに人としてはよかるべき事かは。ましていくそばくの犯(をか)しをして、かく七度までは、あさましくゆゆしき事なり。この度(たび)これが足斬りてん」と定めて、足斬りに率(ゐ)て行きて斬らんとする程に、いみじき相人(さうにん)ありけり。それが物へ行きけるが、この足斬らんとする者に寄りていふやう、「この人おのれに許されよ。これは必ず往生(わうじやう)すべき相(さう)ある人なり」といひければ、「よしなき事いふ、物も覚えぬ相する御坊かな」といひて、ただ斬りに斬らんとすれば、その斬らんとする足の上にのぼりて、「この足のかはりに我(わ)が足を斬れ。往生すべき相ある者の足斬られては、いかでか見んや。おうおう」とをめきければ、斬らんとする者ども、しあつかひて、検非違使(けびゐし)に、「かうかうの事侍り」といひければ、やんごとなき相人のいふ事なれば、さすがにも用(もち)ひずもなくて、別当に、「かかる事なんある」と申しければ、「さらば、許してよ」とて、許されにけり。その時この盗人(ぬすびと)、心おこして法師になりて、いみじき聖になりて、この菩提講は始めたるなり。相(さう)かなひて、いみじく終(をは)りとりてこそ失(う)せにけれ。

かかれば、高名(かうみやう)せんずる人は、その相ありとも、おぼろけの相人の見る事にてもあらざりけり。始め置きたる講も今日(けふ)まで絶えぬは、まことにあはれなる事なりかし。

現代語訳

東北院の菩提講を始めた聖は、元はひどい悪人で、牢獄に七回も入った。七回目のとき、検非違使たちが集まって、「こいつはとんでもない悪人だ。一、二度牢屋に入るのでさえ、人としてよかろうはずがない。ましてどれほどの罪を犯してか、このように七回も入るとは、あきれたとんでもない事だ。今度はこいつの足を斬ってやろう」と決めて、足を斬りに連れて行って斬ろうとすると、優れた人相見がいて、たまたま通りかかったが、この足を斬ろうとする者たちに近寄って、「この人を自分に免じて許されよ。この人は必ず極楽往生を遂げる相をもった人だ」と言ったので、「たわけたことを言う。わけのわからぬ人相見の坊様よ」と言って、今にも斬りかかろうとした。すると人相見はその斬ろうとする足に上って、「この人の足の代わりに私の足を斬れ。往生すべき人相ある者の足を斬られるのを、どうして見ておれるか。おうおう」とわめいたので、斬ろうとする者たちも扱いかねて、検非違使に「これこれの次第です」と知らせた。尊い人相見の言うことなので、さすがに取り上げないわけにはいかず、別当に、「かような事があります」と申し上げると、「それでは、許してやれ」と言って、許されたのである。その時、この盗人は道心を起こして法師になり、すぐれた聖となって、この菩提講を始めたということだ。その後、この聖は、人相見の予感が当たって、立派な往生を遂げて亡くなった。

こういうわけで、将来名をあげるような人は、例えその相を持っていても、いい加減な人相見が見極められる事ではないのである。この聖の始められた菩提講が今日まで絶えないのは、まことに感慨の深い事であるよ。

語句

■東北院-長元三年(1030)、上東門院彰子が、法成寺境内の東北の一角(現在の京都市左京区浄土寺真如町)に創建した寺院。ただし、『今昔』巻一五~二二話は、本話を雲林院にちなむものとする。■いみじき-ひどい。■人屋-牢屋。牢獄。■七度といひけるたび-七度目のときに。■ゐんだに-いてさえも。■よかるべき事かは-よいはずがあろうか。■いくそばく-どれくらい数多く。どれほど。■犯して-罪を犯して。■あさましく-あきれた。■ゆゆしき-とんでもない。■足斬りてん-足を斬ってしまおう。■率(ゐ)て行きて-連れて行って。■いみじき相見(そうにん)- まことにすぐれた人相見。■物へ-ある所へ。■おのれに-自分に免じて、私を信用して。■往生(おうじやう)すべき相(さう)ある人なり-死後、西方極楽浄土に生まれる人相を持っている人物である。■よしなき事-根も葉もないこと、わけのわからない、たわけたこと。■いかでか見んや-どうして見ておられようか。■しあつかひて-扱いかねて、もてあまして。■かうかうのこと-これこれのこと。■やんごとなき-尊い。■用(もち)ひずもなくて-取り上げずにはいられなくて。「用ひず」:ハ行上二段活用の動詞「用ふ」の未然形である「用ひ」に、打消の助動詞「ず」が付いた形。■別当-検非違使庁の長官。参議以上の兵衛、衛門督の中から選ばれた。■かかること-このようなことが。■さらば-それでは。■許してん-許してやれ。■心-道心(仏教を深く信仰する心)■いみじき-すぐれた。■この菩提講は始めたるなり-本話がもし雲林院の菩提講の起源話ならば、『中右記』承徳二年(1098)五月一日条によると、それは源信僧都という。■相(さう)かなひて-人相見の予想が当たって。■いみじく終(をは)りとりて失せにけれ-立派に極楽往生を遂げて亡くなった。

■かかれば-こういうわけで。■高名せんずる人は-名をあげるような人は。■おぼろけの-いい加減な。■あはれなることなりかし-感慨の深い事であるよ。
 

備考・補足

■人相見との幸運な出会いによって救われた悪人の再生話であり、菩提講起源話。この悪人の発心と菩提講の創始は、見も知らぬ人相見の捨身の救出ぶりに対する男の深い感応を伝えている。

朗読・解説:左大臣光永