宇治拾遺物語 4-9 業遠朝臣(なりとほのあそん)、蘇生(そせい)の事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文



これも今は昔、業遠朝臣死ぬる時、御堂(みだう)の入道仰せられけるは、「言ひ置くべし事あらんかし。不便(ふびん)の事なり」とて、解脱寺観修(げだつじくわんじゆ)僧正を召し、業遠が家にむかひ給ひて加持(かぢ)する間、死人たちまちに蘇生して用事をいひて後(のち)、また目を閉じてけりとか。

現代語訳

これも今では昔の事になるが、業遠朝臣が死んだ時に、御堂(みだう)の入道が仰せられて、「言い残すべき事があろうに、可哀想な事だ」と言って、解脱寺の観修僧正をお呼びになり、業遠の家に同道して祈祷をおさせになった。すると、たちまち死人が生き返り必要な事どもを言い終わってから、また目を閉じたという。

語句

■業遠朝臣-高階氏。左衛門佐俊忠(としただ)の子(975~1010)。寛弘七年(1010)に三六歳で没。美濃・丹波・越中の国守を歴任した。東宮亮(東宮職の次官)。東宮は藤原道長の娘彰子の産んだ、後の後一条天皇。■御堂(みだう)の入道-藤原道長。時に四十四歳。■あらんかし-あるだろうよ。■不便(ふびん)の事なり-可哀想なことだ。■解脱寺観修(げだつじくわんじゆ)僧正-道長の姉詮子が国家鎮護のために創建した寺で、京都市左京区岩倉長谷町にあった。観修は一時園城寺の僧三十余人とそこに住んでいたこともあり、解脱寺大僧正とも呼ばれ、園城寺の長吏も勤め、道長の信認が厚かった。ただし彼は業遠の死より二年前(寛弘五年)に没しており、ここに登場するのは疑問。■加持-真言宗の密教で、印を結んで陀羅尼を唱え、観念をこらして仏心を念ずること。■蘇生して-生き返って。

備考・補足

■観修の法験の威力を称揚した一種の蘇生譚。『古事談』の同文話では、道長が自ら観修僧都を同道して業遠の自宅へ出向いたことがはっきりしていて、業遠と道長との関係の細やかさがよく分るものとなっている。

朗読・解説:左大臣光永