宇治拾遺物語 4-14 白河院(しらかはゐん)おそはれ給ふ事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

これも今は昔、白河院御殿籠りて後、物におそはれさせ給ひける。「しかるべき武具を御枕の上に置くべき」と、沙汰ありて、義家朝臣に召されければ、壇弓の黒塗りなるを、一張参らせたりけるを、御枕に立てられて後(のち)、おそはれさせおはしまさざりければ、御感ありて、「この弓は十二年の合戦の時や持ちたりし」と御尋ねありければ、覚えざる由(よし)申されけり。上皇しきりに御感ありけりとか。

現代語訳

白河院が物の怪におそはれ給ふ事

これも今は昔、白河院がおやすみになられてから、物の怪にうなされなさいました。「物の怪を抑えるような適当な武器を枕元に置くように」との仰せがあって、源義家朝臣にその献上を命じたところ、黒塗りの檀(まゆみ)の弓を一張さしあげたが、それを御枕元に立てられてからは、物の怪にうなされなさらなくなられた。それで、ご感心なさって、「この弓は十二年の合戦の時にでも持っていたものか」とお尋ねがあったが、義家はよく覚えていない旨を申しあげた。それをまた上皇はしきりに感心なさったとか。

語句

■白河院-第七十二代天皇(1053~1129)。後三条天皇の皇子。堀河、鳥羽、崇徳三天皇の上皇として、四十三年間、院政を執った。■籠りて後-おやすみになってから。■物-物の怪。目に見えない霊気。■しかるべき-適当な。■上に-もとに。■沙汰ありて-命令があって。■義家朝臣-源義家(1039~1106)。前九年の役の武勲により出羽守になり、鎮守将軍・陸奥守として後三年の役を平定した。■壇弓-檀(まゆみ)の丸木で作った弓 。■参らせたりけるを-さしあげたのを。■おそはれさせおはしまさざりければ-襲われなさることがなかったので。■御感ありて-ご感心なさって。■十二年の合戦-前九年の役。永承六年(1051)から康平五年(1062)まで十二年間に及んだ。頼義・義家父子が、陸奥六郡を支配する安倍頼時とその子の貞任・宗任兄弟と戦い、鎮定した戦役。■覚えざる由-覚えていない旨。

備考・補足

『平家物語』巻四「鵺(ぬえ)」に見える、義家が堀河天皇の魔性の物による御悩を鳴弦して封じた例を連想させる豪勇の弓の巧験話。承徳二年(1098)、義家はようやく昇殿を許されるが、義家への田畑の寄進を禁止するなど、朝廷は義家の勢力の拡大を警戒した。

朗読・解説:左大臣光永