宇治拾遺物語 5-1 四(し)の宮(みや)河原地蔵の事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

これも今は昔、山科(やましな)の道づらに、四(し)の宮(みや)河原といふ所にて、袖(そで)くらべといふ商人(あきびと)集る所あり。その辺(へん)の下種(げす)のありける、地蔵菩薩(ぢざうぼさつ)を一体造り奉りたりけるを、開眼(かいげん)もせで櫃(ひつ)にうち入れて奥の部屋など思(おぼ)しき所に納め置きて、世の営みに紛れて程経(へ)にければ、忘れにける程に、三四年ばかり過ぎにけり。

ある夜、夢に、大路を過ぐる者の声高(こわだか)に人呼ぶ声のしければ、「何事ぞ」と聞けば、「地蔵こそ」と、高くこの家の前にていふなれば、奥の方(かた)より「何事ぞ」といらふる声すなり。「明日(あす)、天帝釈(てんたいしやく)の地蔵(じざう)会(あ)し給ふには参らせ給はぬか」といへば、この小家のうちより、「参らんと思へど、まだ目のあかねば、え参るまじく」といへば、「構へて参り給へ」といへば、「目も見えねば、いかでか参らん」といふ声すなり。うち驚きて、何(なに)のかくは夢に見えつるにかと思ひ参らすに、あやしくて、夜明けて奥の方(かた)をよくよく見れば、この地蔵納めて置き奉りたりけるを思ひ出(いだ)して、見出(みいだ)したりけり。「これが見え給ふにこそ」と驚き思ひて、急ぎ開眼し奉りけりとなん。

現代語訳

これも今は昔、山科への道筋にある四の宮河原という所で、「袖くらべ」という商人の集まる所がある。その辺りに身分の低い者たちがいて、地蔵菩薩を一体お造り申し上げていたが、開眼供養もせずに櫃に入れて奥の部屋と思われる所に納め置いたが、生活のための仕事や交際に追われて時が経ち、その事を忘れてしまって三四年ほどが過ぎてしまった。

ある夜、夢の中で、大路を通り過ぎる者が声高に人を呼ぶ声が聞こえたので、「何事か」と思って聞いていると、「地蔵さん、地蔵さん」と大声でこの家の前で呼んでいる。すると、それに応えて、奥の方から「何ですか」と答える声がする。「明日、帝釈天の地蔵会が行われるので、おいでになりませんか」と誘うので、この小家の中から、「参りたいとは思いますが、いまだ目が開いておらず、参れそうもないのです」という。すると外から、「必ずおいでください」と言い、内から「目も見えないのでどうして参りましょうか」と言う声がする。ふと目が覚めて、どうしてこんなことを夢に見えたのかと思いめぐらし、不思議に思って、夜が明けてから奥の方をよくよく見ると、この地蔵を納めて置きっぱなしにしていた事を思い出し、見つけ出したのだった。「これが夢にお見えになったのだ」と驚いて、大急ぎで開眼の供養を営んだということである。

語句

■道づら-道筋。■四(し)の宮(みや)河原-京都市山科区四ノ宮。京都から東へ出る三条街道が四ノ宮川を渡るあたり。交通の要衝で市なども開かれた地。袖河原とも。地名は、仁明天皇の第四皇子人康親王の館跡があったため。一説には、近くにある諸羽神社の通称が四宮(しのみや)であることによるとも。『平家物語』巻十「海道下」には、延喜第四の皇子蝉丸が琵琶を弾きすました所と見える。■袖くらべ-品物の売買の際、売手と買手が袖の中に手を入れ、握り合った数で値段を決める取引法。ここはそれの行われる市場が地名化したもの。■下種-身分の低い者。■造り奉りたりけるを-お造り申し上げたのを。■開眼(かいげん)-開眼の供養。新造の仏像に眼を入れて霊魂を招じ入れ、安置する儀式。入眼(じゆがん)ともいう。■櫃-上に向って蓋を開ける大型の箱。■思(おぼ)しき-思われる。■世の営み-生活のための仕事や交際。■程経(へ)にければ-時がたったので。■忘れにける程に-忘れてしまっているうちに。■地蔵こそ-地蔵さん。「こそ」は相手に呼びかける際に、その人命に添えて用い、親しみや軽い敬意を表す接尾語。書陵部本は「地蔵こそ、地蔵こそ」と繰り返しになっている。ここはそのほうがふさわしい。■いらふる-答える。■天帝釈(てんたいしやく)-帝釈天の事。梵天と同じ仏教の守護神。■地蔵会(じざうあ)-地蔵菩薩を供養する法会。地蔵盆。京都では古くは七月二十二~二十四に行われた。しかし、ここは帝釈天が主催する特別の法会とも解される。■参らせ給はぬか-おいでになりませんか。■え参るまじく-参れそうもないのです。■構へて-必ず。■いかでか参らん-どうして参りましょうか。■すなり-するようである。■うち驚きて-目を覚まして。■かくは夢に見えつるにかと-このように夢に見えたのかと。■思ひ参らすに-思いめぐらすと。■あやしくて-不思議に思って。■置き奉りたりけるを-置きっぱなしにしておいたのを。■見え給ふにこそ-お見えになったのだと。

備考・補足

■『籠耳』五-四には、この説話と同じように記されたうえで、「この地蔵を開眼しけるに、たびたびきどくありてなに事にてもいのりてかなはずいふ事なし。今は十禅寺におはしましてたふとくをがまれさせ給ふとかや」と結ばれている。この十禅寺は、京都市山科区四宮にあって人康親王の開基によるものと伝えられる。その人康親王は、琵琶法師の祖神と仰がれる方である。四宮河原の地蔵堂は、この十禅寺の近辺にあって、京都の六地蔵の一つにあげられている。『郡名所図絵』によると、小野篁が冥途に赴いて地蔵尊を拝したが、蘇生後に六地蔵を造って大禅寺に祀ったと伝えられる。さらに平清盛が西光に命じて、郡の入口ごとに六角堂を営み、それぞれこの六地蔵を祀らせたというのである。『源平盛衰記』六には、西光が後生を祈るために、「七道の辻ごとに六体の地蔵菩薩を造奉り、卒塔婆の上に道場を構て、大慈の尊像を居奉り、廻り地蔵と名て七箇所に安置して」と伝えられている。琵琶法師の伝書『当道要集』には、「人康親王御出家遂させ給ひて法性禅師と申す事は地蔵菩薩の化身にてまします御故也。かるがゆゑに徳林庵の南惣門の両脇に地蔵堂有、此地蔵は定朝の作也。御頭には小野の篁卿の作り給へる一寸八分地蔵尊を納め奉ると地蔵伝記に見えたり。昔山科の四ツの辻にましましけるを保元年中に西光法師御堂を建立して入れ奉る。即人康親王の御尊体も葬たりし霊石龕の上に此堂を移すともいへり。依って地蔵堂の後に御しるしの霊石龕現在す。是王城守護まします六地蔵の一ケ所也」とあって、さまざまな所伝がおりあわされている。

■本話は、巻第十一ノ十二話「出家功徳の事」と同様に、「鬼神問答型」と称される話で、夜中に鬼神がある家の前を通り過ぎる際に、家の中にいた神・仏・菩薩らと問答し、それを泊り合せていた人間が聞いて行動を起すという展開。開眼が済まないために目が見えず、外出はおろか、家の中の歩行さえままならずにいた未完成の地蔵が、夢の告げにより、ようやく開眼の時を迎えることになったという奇譚話。

朗読・解説:左大臣光永