宇治拾遺物語 5-7 仮名暦(かなごよみ)あつらへたる事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

これも今は昔、ある人のもとに生(なま)女房のありけるが、人に紙乞ひて、そこなりける若き僧に、「仮名暦(かなごよみ)書きて給(た)べ」といひければ、僧、「やすき事」といひて書きたりけり。始めつ方(かた)はうるはしく、神、仏によし、坎日(かんにち)、凶会日(くゑにち)など書きたりけるが、やうやう末ざまになりて、ある日は物食はぬ日など書き、またこれぞあればよく食ふ日など書きたり。

この女房、やうがる暦かなとは思へども、いとかう程には思ひよらず、さる事にこそと思ひて、そのままに違(たが)へず。またある日ははこすべたらずと書きたれば、いかにとは思へども、さこそあらめとて念じて過(すぐ)す程に、長凶会日(ながくゑにち)のやうに、はこすべからず、はこすべからずと続け書きたれば、二日三日までは念じゐたる程に、大方(おほかた)堪ふべきやうもなければ、左右の手にて尻(しり)をかかへて、「いかにせん、いかにせん」と、よぢりすぢりする程に、物も覚えずしてありけるとか。

現代語訳

これも今は昔、ある人のところに新参の若い女房がいたが、人に紙をもらって、近くにいた僧に、「仮名暦を書いてください」といったので、僧は「たやすいことだ」と言って書いてくれた。はじめのほうはきちんと、「神事、仏事によし」、「坎日(かんにち)」、「凶会日(くゑにち)」などを書き込んだがだんだん後のほうになってくると、ある日は「物を食わぬ日」などと書き、また「これがあればよく食う日」などと書いていった。

この女房は、風変わりな暦だなとは思ったが、まさかこれほどでたらめに書かれているひどい暦だとは思わず、何か訳があるのだろうと思って、書かれていることに従って過ごしていた。またある日には「大便をするな」と書いてあったので、どうかとは思いつつも、何か訳があるのだろうと我慢をして過ごすうちに、長く続く凶会日では「大便をするな、大便をするな」と続けて書いてあったので、二日三日までは我慢して過ごしていたが、まったく我慢ができなくなり、左右の手で尻を抱え、「どうしよう、どうしよう」と体をさまざまによじりくねらせて悶えているうちに、思わず知らず漏らしてしまったという。

語句

■生(なま)女房-新参の(おそらく年若い)女房。「生」は未熟な、まだ慣れない。■乞いて-もらって。■そこなりける-近くにいた。■仮名暦(かなごよみ)-仮名書きの暦。女性や漢字の読めない者のためのもの。■書いて給べ-書いてください。■やすき事-たやすいことだ。■始めつ方(かた)-はじめのほう。■うるはしく-きちんと。■神、仏によし-神社仏寺への参詣によい。■坎日(かんにち)-陰陽道で万事に凶とする日。一月は辰の日、二月は丑、三月は戌、四月は未、五月は卯、六月は子、七月は酉、八月は午、九月は寅、十月は亥、十一月は申、十二月は巳の日。■、凶会日(くゑにち)-陰陽相克の外出・行動を慎むべき日。月により二日~十二日の該当日があるとされる。■やうやう末ざまになりて-しだいに後の方になると。■やうがる-一風変わった、風変わりな。■いとかう程には-まさかこれほどでたらめに書かれているひどい暦だとは。■さることにこそ-何か訳があるのだろうと。■はこすべからず-大便をしてはならない。「はこ」は「清器(しのはこ)」の略で、便器の箱、おまる。転じて大便の異名。■いかにとは-どうかとは。■さこそはあらめ-何か訳があるのだろう。■念じて過すほどに-我慢をして過ごすうちに。■念じゐたる程に-こらえていたのだが。■大方(おほかた)堪ふべきやうもなければ-まったく我慢ができそうもないので。■よぢりよぢりする程に-体をさまざまによじり、くねらせて悶えているうちに。■物も覚えず-思わず知らず。■してありけるとか-漏らしてしまったかいう。

備考・補足

■方位や日時の吉凶をはじめ、日常生活の内部にうるさく入り込んでいた陰陽道のさまざまな規制。そうした俗信の禁忌を、生真面目に受け入れようとした敬虔なる若い女を揶揄すると同時に、その暦を書き与えた僧侶のでたらめぶりへの批判も込められている風刺譚。

■古くから、漢文の具注暦(古代中国や奈良、平安時代の日本で用いられた太陰暦による暦。歳位、星宿、干支、吉凶、禁忌などが漢文でつぶさに注記されているところからこの名がある。)が、貴族の間でさかんに用いられていたが、後には、仮名暦というものが、庶民の間でも、しきりに求められるようになった。その初期のものは、僧侶などによって作られ、女官などにも用いられたようである。現存最古のものとしては、嘉禄二年(1226)の仮名暦が、宮内庁書陵部に残されている。もっともこの説話によると、かなりいかがわしいものも行われたとみられる。

朗読・解説:左大臣光永