宇治拾遺物語 6-2 世尊寺(せそんじ)に死人堀り出(いだ)す事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

今は昔、世尊寺といふ所は桃園(ももぞの)の大納言住み給へるが、大将になる宣旨蒙(せんじかうぶ)り給ひにければ、大響(だいきやう)はあるじの料(れう)に修理し、まづは祝ひし給ひし程に、明後日(あさて)とてにはかに失(う)せ給ひぬ。使はれ人みな出で散りて、北の方、若者ばかりなんすごくて住み給ひける。その若者は主殿頭(とのもりのかみ)ちかみつといひしなり。

この家を一条摂政殿取り給ひて、太政大臣になりて大響行はれける。坤(ひつじさる)の角(すみ)に塚のありける、築地(ついじ)をつき出(いだ)して、その角(すみ)は襪形(したうづがた)にぞありける。殿、「そこに堂を建てん。この塚を取り捨てて、その上に堂建てん」と定められぬれば、人々も、「塚のためにいみじう功徳(くどく)になりぬべき事なり」と申しければ、塚を掘り崩すに、中に石の辛櫃(からびつ)あり。あけて見れば、尼の年二十五六ばかりなる、色美しくて、唇の色など露(つゆ)変らで、えもいはず美しげなる、寝入りたるやうにて臥したり。いみじう美しき衣の色々なるをなん着たりける。若かりける者のにはかに死にたるにや、金(こがね)の坏(つき)うるはしくて据ゑたりけり。入りたる物、何(なに)も香(かう)ばしき事類(たぐひ)なし。あさましがりて、人々立ちこみて見る程に、乾(いぬゐ)の方より風吹きければ、色々なる塵(ちり)になんなりて、失(う)せにけり。金(かね)の坏(つき)より外の物、露とまらず。「いみじき昔の人なりとも、骨、髪の散るべきにあらず。かく風の吹くに塵になりて吹き散らされぬるは、稀有(けう)のものなり」といひて、その比(ころ)、人あさましがりける。摂政殿いくばくもなくて失せ給ひにければ、この祟りにやと人疑ひけり。

現代語訳

今は昔、世尊寺という所には桃園の大納言がお住みになっていたが、近衛大将になる旨の宣旨をお受けになられたので、任官の祝宴で客をもてなすため、家を修理し、前祝の宴をお開きになったが、明後日はいよいよその宣旨を賜る晴れの日というときになって、突然お亡くなりになってしまった。使用人は皆、散り散りに去って行ったが、北の方と若君だけがわびしく住んでおられた。その若君は主殿頭(とのみつのかみ)ちかみつと言った。

その後、この家を一条摂政がお取り上げになり、太政大臣になって、就任祝いの祝賀の宴を行われた。家の南西の角に塚があったが、土堀をめぐらしてあって、その角は足袋底のような細長い形をしていた。一条摂政は、「そこに堂を建てよう。この塚を取り壊して、その上に堂を建てよう」と定められた。人々も「塚のためにそれは立派な功徳になりましょう」と申し上げたので、その塚を掘り崩すと、中に石の棺が置かれていた。あけてみると、二十五六ばかりの尼が、顔色も美しく、唇の色なども少しも変らないまま、何とも言えぬ美しい姿で、眠るように横たわっていた。とても美しい色々な種類の着物を着ていた。若い時に突然亡くなったのであろうか、金の杯がきちんと置かれていた。その中に入っている物は、どれも香ばしく他では見かけない物であった。あまりのことに驚いて、人々が群がって見ているうちにると、西北の方角から風が吹いて来ると、それらがみな色とりどりの塵になって、飛んで行ってしまった。金の杯より外の物は何も残らない。「いかに大昔の人であるにせよ骨や髪の毛は散り去るはずがない。こうして風に吹かれて、塵になって飛び散ってしまったのは、珍しい事だ」と言って、その頃の人々は驚き合っていた。

摂政殿がそれから間もなくお亡くなりになったので、この祟りではないかと人々は疑ったという。

語句

■世尊寺(せそんじ)-京都の一条北。大宮西にあった。もと清和天皇の皇子貞純親王(桃園親王)の御所。後、本話の藤原師氏、摂政藤原伊尹(これただ)の邸宅となり、長保三年(1001)、その孫の行成が寺となした。■桃園(ももぞの)の大納言-藤原師氏(913~970)。忠平の子。東宮傳、左衛門督、右近衛大将。天禄元年(970)一月、大納言に昇り、枇杷(びわ)大納言と称した。■宣旨-天皇の命令(勅旨)を述べ伝える事。■大響-大将就任披露の祝賀の宴。■あるじ-客をもてなすために。「あるじ」は「あるじまうけ」の略。■料(れう)-それに用いるための物。材料。たね。■料に-ために。 ■明後日-大響を明後日に控えた日に。師氏の死は、天禄元年七月十四日。■失せ給ひぬ-お亡くなりになった。■出で散りて-散り散りに去って。■北の方-ここは未亡人となった師氏夫人。安芸守高階維明(たかしなこれあき)の娘。■若君ばかり云々-維明の娘の子には、兵部大輔親賢、主殿頭近信の兄弟がいたが、ここは後者をさす。■すごくて-ものさびしいさまで。■主殿頭-主殿寮の長官。主殿寮は天皇の乗り物の手配、淋浴、庭の掃除、灯明のことなどをつかさどる。「ちかみつ」は、近信の誤伝。■一条摂政-藤原伊尹。天禄二年十一月二日に太政大臣に就任している。

■取り給ひて-お取り上げになって。■坤-南西。■襪形(したうづがた)-「したぐつ」の音便。束帯着用の際に履く。足袋上の履物。■いみじう-たいそう。■功徳-現世・来世の幸福をもたらす元となる善行。■石の辛櫃(からびつ)-蓋つきの長方形、石製の死骸を入れる棺。■露(つゆ)変らで-少しも変らないで。■えもいはず-いいようもなく。■色々なるを-さまざまな色をしたのを。■死にたるにや-死んだのであろうか。■うるはしくて-きとんと。■何も-どれも。■あさましがりて-おどろきあきれて。■立ちこみて-多く入り込んで。■乾の方より-西北の方角から。西北は陰陽道では、鬼門である東北とともに、用心すべき裏鬼門にあたる。■色々なる-さまざまな。■塵になんなりて-塵になって。■失せにけり-なくなってしまった。■つゆとまらず-まったく残らない。■いみじき昔の人なりとも-いかに大昔の人であるにせよ。「皮膚や肉身はともかく」の含み。■散るべきあらず-散るはずはない。■稀有-珍しい。■摂政殿いくばくもなくて失せ給ひにければ-伊尹(これただ)は、天禄三年十一月一日に没した。太政大臣就任披露の大響が前年の十一月二日に行われているので、それから奇しくもちょうど一年目に没した事になる。■この祟り-石棺を発掘して中の遺体を人目にさらした祟り。

備考・補足

■世尊寺となった桃園邸にまつわる怪異譚。大納言の師氏が就任披露の宴の半年後、太政大臣の伊尹が同じく就任披露宴の一年後に急逝した。この連続した当主の急死は死神の不気味な魔手を連想させずにはおかなかったものであろう。なお、『富家語』105の簡略な類話では、発掘された尼の遺体は、身長八尺(2.8メートル)と伝え、話の不気味さにひとしお現実味を添えている。また、『今昔物語集』ニ七-三十には、同じ邸の柱の穴から、小さな子が手をさしだして人を招く事があったと伝えられる。

朗読・解説:左大臣光永