宇治拾遺物語 8-2 下野武正(しもつけのたけまさ)、大風雨の日、法性寺殿(ほつしやうじどの)に参る事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

これも今は昔、下野武正といふ舎人(とねり)は法性寺殿に候(さぶら)ひけり。ある折(をり)、大風、大雨ふりて、京中の家みなこぼれ破れけるに、殿下(てんが)、近衛殿(このゑどの)におはしましけるに、南面(みなみおもて)の方(かた)にののしる声しけり。誰(たれ)たらんと思(おぼ)し召して見せ給ふに、武正、赤香(あかかう)の上下(かみしも)に箕笠(みのかさ)を着て、蓑の上に縄を帯にして、檜笠(ひがさ)の上をまた頤(おとがひ)に縄にてからげつけて、鹿杖(かせづゑ)をつきて走りまはりて行ふなりけり。

大方(おほかた)その姿おびただしく、似るべき物なし。殿、南面へ出でて御簾(みす)より御覧ずるに、あさましく思し召して、御馬をなん賜(た)びける。

現代語訳

これも今は昔、下野武正という舎人は、法性寺殿にお仕えしていた。ある時、大風が吹き、大雨が降って、京中の家がみんな壊れ傷んだ時、殿下が近衛殿においでになると、南の方で大騒ぎする者の声がした。誰だろうと思われてそちらを御覧になると、武正が、黄ばんだ濃い赤色の上下(かみしも)に蓑笠をつけて、蓑の上に縄を帯にして巻き、また檜笠の上からあごに縄をからげつけて、鹿杖をついて走り回って復旧の指図をしているのだった。

およそその姿は仰々しくて比べようもない。殿下は南面にお出になり御簾を透かして御覧になると、思いがけないこととお思いになって、御馬を賜ったという。

語句

■下野武正-白河院や藤原師実に仕えた下野武忠の子。関白忠実や子の忠通に仕え、後に左近衛将曹となる。■舎人-近衛府の官人で、皇族や摂関などの雑役に従事した侍。■法性寺殿-藤原忠通(1097~1164)。前話の頼長の兄。摂政・関白、太政大臣、氏の長者。■候(さぶら)ひけり-お仕えしていた。■こぼれ破れけるに-壊れ傷んだが。■殿下-摂政・関白、将軍の敬称。ここは忠通をさす。■近衛殿-忠通の邸宅。近衛御門大路の 北室町小路の東にあり、近衛天皇の里内裏(平安時代以降、平安宮内裏以外の邸宅を天皇の在所(皇居)として用いたものを指す)となった。■ののしる-騒ぎたてる。■赤香-黄みを帯びた濃い赤色。■上下-上着と袴との生地が同質・同色の狩衣・水干・直垂などをさす。■蓑笠-蓑と笠。また、それを着用した姿。■檜笠(ひがさ)-檜(ひのき)を薄くはいで作った網代笠(あじろがさ)。ひのきがさ。■鹿杖-鹿の角のように先端が二股になっている杖。■行ふなりけり-処置をとるのであった。

■おびただしく-大げさで。■あさましく思し召して-思いがけないこととお思いになって。                                 

備考・補足

■関白の忠通が、舎人の武正の風雨への備えのみごとな指図ぶりに感心して褒美に馬を与えた。その指図中の振舞は、一種の呪力と統率力に満ちた頼もしい限りのもの。『古今著聞集』一六「興言利口」中の二話題でも、武正は機転の利く、ずうずうしいような手口で、名馬や領地をまんまとせしめている。

朗読・解説:左大臣光永