宇治拾遺物語 9-6 歌詠(よ)みて罪を許さるる事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

今は昔、大隅守(おほすみのかみ)なる人、国の政(まつりごと)をしたため行ひ給ふあひだ、郡司のしどけなかりければ、「召しにやりて戒めん」といひて、先々(さきざき)か様にしどけなき事ありけるには、罪に任(まか)せて重く軽(かろ)く戒むる事ありければ、一度にあらず、たびたびしどけなき事あれば、重く戒めんとて召すなりけり。「ここに召して率(ゐ)て参りたり」と、人の申しければ、先々するやうに、し伏せて、尻(しり)、頭(かしら)にのぼりゐたる人、笞(しもと)を設(まう)けて、打つべき人設けて、先に人二人(ふたり)引き張りて出(い)で来(き)たるを見れば、頭(かしら)は黒髪も混(まじ)らず、いと白く、年老いたり。

見るに、打(ちやう)ぜん事いとほしく覚えければ、何事につけてかこれを許さんと思ふに、事つくべき事なし。過(あやま)ちどもを片はしより問ふに、ただ老(おい)を高家(かうけ)にていらへをる。いかにしてこれを許さんと思ひて、「おのれはいみじき盗人かな。歌は詠みてんや」といへば、「はかばかしからず候へども、詠み候ひなん」と申しければ、「さらば仕(つかまつ)れ」といはれて、程もなく、わななき声にて打ち出(いだ)す。

年を経て頭の雪はつもれどもしもと見るにぞ身は冷えにける

といひければ、いみじうあはれがりて、感じて許しけり。人はいかにも情(なさけ)はあるべし。

現代語訳

今は昔、大隅守であった人が、国の政を執っておられたが、郡司がだらしなかったので、「呼びにやって罰しよう」と言った。前々から、このように職務怠慢のあった時には、その罪によってあるいは重くあるいは軽く罰していたが、この郡司は一度ならず、たびたびいい加減な事をしていたので、今度はきつく戒めよう呼び出したのであった。

召し連れに行った者が、「ここに召し連れて参りました」と言ったので、前々からしていたように、うつ伏せにして、尻や頭に乗って押える者、むちを用意して、打つ役の者などを用意し、まず二人の者が先に立って引っ張って出て来た。それを見ると、頭は黒髪もまじらぬ白髪の老人であった。

それを見ると、打つことも不憫に思ったので、何かにかこつけてこれを許そうと思うものの、口実にするような事がない。過ちなどについて片端から尋ねると、ただ年寄の為に怠った事を言い訳にして答えている。何とかしてこれを許してやろうと思い、「お前は何というけしからん奴だ。歌は詠むのか」と言うと、「たいしたことはございませんが詠みます」と言ったので、「では詠んでみよ」と言われて、間もなく、震え声で詠みあげる。

年を経て頭の雪はつもれどもしもと見るにぞ身は冷えにける
(私は年をとって頭に雪(白髪)が積もり、今さら霜などには驚かないはずですが、笞を見ると身体が冷えてぞっとします)

と言ったので、とても可哀想になり、感じ入って許してやった。人はぜひとも情けの心を持つべきである。

語句

■大隅守-大隅国は現在の鹿児島県の東部。その国守。『拾遺集』雑下によれば、桜島忠信。応和二年(962)、自己の不運を嘆いて売官の横行を風刺した「落書」によって播磨守少掾から抜擢されて着任した。その落書は「内臣貪欲ニシテ世間嘆キ、外吏沈淪シテ天下憂フ、金銀一千万両ヲ招ビ集ヘ、山海十二洲を沽(う)リ亡フ」という激烈なものだった。当然、赴任後はきびしく綱紀の粛清に当たったのではあるまいか。後に豊後権介などを経て大外記となる。■したため行ひ給ふあひだ-とりしきっていらっしゃったが。■郡司-律令時代の地方行政官。国司の下にあって、郡を統治した。■しどけなかりければ-だらしがなかったので。しかも重ねての不始末であったから、職務怠慢として、厳格な忠信の目にとまったものか。■先々-底本「先々の様に」。文意によって改める。「先々」は忠信がこの老郡司の名を記憶しておらず、初対面でもあったことから推して、着任已然を指す。着任以前からの札付きの怠慢者の摘発に、新任の忠信は勢い込んで乗り出したのであろう。■笞(しもと)-罪人を打つのに使う刑罰用のむち。直径4.5~6ミリメートルの太さ。

■打(ちやう)ぜん事-むちで打ちたたくこと。■何事につけてかこれを許さんと-何かにかこつけて打たれるのを許そうか。■事つくべき事-事寄せるべき理由。■高家にていらへをる-(終始)年老いていることを頼みの口実として。老人である事を免罪符として持ち出して。「高家」は権勢のある家。権勢家は頼りになる事から、頼みの綱、力になる理由、の意。■おのれ-おまえ。きさま。■いみじき盗人かな-何というけしからぬ奴だな。■詠みてんや-詠めるのかな。■はかばかしからず候へども-うまくはございませんが。■さらば仕れ-それならば詠んでみよ。■年を経て云々-『拾遺集』雑下では、上の句が「老い果てて雪の山をばいただけど」。■しもと見るにぞ-「霜(しも)」と「笞(しもと)」をかける。■いかにも情はあるべし-ぜひとも情心は持つべきものである。

備考・補足

■この摘発された郡司は、自分の不始末の理由を一貫して「老い」のせいにして、素直に非を認めようとしない頑固というか老獪というか誠実さに欠ける狡猾な老人のように見える。しかし、為政の怠慢に、厳格なはずの忠信は、弱々しげな老体に同情して、無条件に彼を放免しようと決断する。歌徳説話ではあるが、本質的には温情話と見るべきもの。

朗読・解説:左大臣光永