宇治拾遺物語 9-7 大安寺別当(だいあんじのべつたう)の女(むすめ)に嫁(か)する男、夢見る事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

今は昔、奈良の大安寺の別当なりける僧の女のもとに、蔵人(くらうど)なりける人、忍びて通ふ程に、せめて思はしかりければ、時々は昼もとまりけり。ある時、昼寝したりける夢に、にはかにこの家の内に、上下の人とよみて泣き合ひけるを、いかなる事やらんとあやしければ、立ち出でて見れば、舅(しうと)の僧、妻の尼公より始めて、ありとある人、みな大(おほ)きなる土器(かはらけ)を捧げて泣きけり。いかなればこの土器を捧げて泣くやらんと思ひて、よくよく見れば、銅(あかがね)の湯を土器ごとに盛れり。打ちはりて鬼の飲ませんにだにも飲むべきもなき湯を、心と泣く泣く飲むなりけり。辛(から)くして飲み果てつれば、また乞ひ添へて飲む者もあり。下﨟(げらふ)にいたるまでも飲まぬ者なし。我が傍(かたは)らに臥(ふ)したる君を女房来て呼ぶ。起きて往(い)ぬるを、おぼつかなさにまた見れば、この女も大きなる銀の土器に銅の湯を一土器入れて、女房取らすれば、この女取りて、細くらうたげなる声をさしあげて、泣く泣く飲む。目鼻より煙くゆり出づ。あさましと見て立てる程に、また、「客人(まらうど)に参らせよ」といひて、土器を台に据ゑて女房持て来たり。「我もかかるものを飲まんずるか」と思ふに、あさましくて、惑ふと思ふ程に夢覚めぬ。

驚きて見れば、女房食物(くひもの)を持(も)て来たり。舅(しうと)の方(かた)にも物食ふ音してののしる。寺の物を食ふにこそあるらめ。それがかくは見ゆるなりと、ゆゆしく心憂(こころう)く覚えて、女(むすめ)の思はしさも失(う)せぬ。さて、心地の悪(あ)しき由(よし)をいひて、物も食はずして出でぬ。その後(のち)は遂にかしこへ行かずかりにけり。

現代語訳

大安寺別当の娘に通う男が夢を見る事

今は昔、奈良の大安寺の別当をしていた僧の娘の所に、蔵人をしていた人が忍んで通っているうちに、その娘を切に愛おしく思うようになったので、時々は昼間も泊まっていた。ある時、昼寝をしていて夢を見た。急に家の内で、身分の上下を問わず大騒ぎして泣き合ったので、どうしたんだろうと不思議に思い、立ち上がって部屋を出て見ると、舅の僧や妻の尼君を始めとして、そこに居る人がみな、大きな土器を捧げて泣いていた。どうしてこの土器を捧げて泣くのだろうと思い、よくよく見ると、銅を溶かした熱湯を土器ごとに盛ってある。無理やり押さえつけて、鬼が飲ませようとしてさえも飲めるはずのない熱湯を、自分から泣く泣く飲んでいた。やっとのことで飲み終えると、もう一度ついでもらって飲む者もいる。 賤しい召使にいたるまで飲まない者はいない。自分の傍らに寝ている女君を侍女が来て呼び起す。起きあがって行ったのを、気がかりでまた見ると、この女も大きな銀の土器に銅を溶かした熱湯をいっぱい入れて、侍女が手渡すと、受け取って、かぼそく可愛らしい声を張りあげて、泣く泣く飲む。娘の目や鼻から煙がくすぶり出す。あきれたことだと立って見ていると、また、「お客様にさしあげなさい」と言って、土器を台に乗せて侍女が持って来た。「私もこんなものを飲まなければならないのか」と思って驚いてうろたえる思いでいるうちに眼が覚めた。

眼が覚めて見ると、女房が食物を持って来た。舅がいる方でも物を食う音がして騒いでいる。「きっと寺の物を勝手に食っているのだろう。それがこのように夢に見えたのだ」と、疎ましく嫌な気持になり、娘へのいとしさも消えてしまった。そして気分が悪いと言って物も食べずに退出した。その後は、遂にそこへ通う事はなかったということだ。         

語句

■大安寺-南都七大寺の一つ。推古二十五年(617)、聖徳太子が創建、和銅三年(710)、平安遷都により現在地(奈良市大安寺)に移転。三論宗以下諸宗兼学の寺院であったが、空海の別当就任以後、真言宗となった。大寺(おおでら)、南大寺、百済大寺(くだらだいじ)、高市大寺、大官大寺など、さまざまな呼称がある。■別当-大寺院の寺務を統括する僧。■蔵人(くらんど)-ここは上代の蔵人。校書殿で納殿(おさめどの)の出納をつかさどる職員。■せめて思はしかりければ-その娘を、せつにいとしく思うようになったために。■とよみて-大騒ぎして。■いかなることやらんと-どうしたことであろうかと。■あやしければ-不思議であったので。■舅-娘の父親。別当の僧。外舅。■妻の尼公-その別当の妻である尼。■ありとある人-いるかぎりの人が。■いかなれば-どういうわけで。■銅(あかがね)の湯-銅を溶かした熱湯。地獄の責め苦として飲まされる拷問材。■打ちはりて-押えつけて(無理やりに)。■鬼の飲ませんにだにも-鬼が飲ませようとしてさえも。■飲むべくもなき-飲めそうにない。■心と-自分の意思で。自分から。■からくして-やっとのことで。■また乞ひそへて-もう一杯ついでもらって。■下﨟-賤しい召使。■女房-別当の家に仕える侍女。■往ぬるを-行ったのを。■おぼつかなさに-気がかりで。心配になって。■細くらうたげなる-かぼそく可愛らしい。■さしあげて-「さし」は接頭語で、それに続く動詞の意味を強調。張り上げて。■煙くゆり出ず-娘の身体を焦がした煙がくすぶって出てくる。■あさましと-あきれたことだと。■客人に参らせよ-お客様にさし上げよ。■飲まんずるか-飲まねばならないというのか。■惑ふと思ふほどに-あわてていると。■驚きて見れば-眼が覚めてみると。■ののしる-騒いでいる。■寺の物を食ふにこそあるらめ-きっと寺の物を食べているのであろう。寺物私用の罪は、仏教の教義上、重罪とされている。蔵人は、この寺の人々がその罪を犯していることに気づいた。■ゆゆしく心憂く覚えて-(別当の一家全体が)忌まわしく情なく思われて。■思はしさ-いとしさ。■かしこへ-あの所へ。そこへ。

備考・補足

■寺物私用の恐ろしさを昼寝の夢によって知らされた奇談。わずかな寺物の私用でさえ、その償いができないうちは家畜に転生して苦役によって返済したり、地獄で責め苦を受け続けなければならないなどとされていた。

朗読・解説:左大臣光永