宇治拾遺物語 10-4 浄蔵(じやうざう)が八坂(やさか)の坊に強盗入る事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

これも今は昔、天暦(てんりやく)のころほひ、浄蔵(じやうざう)が八坂の坊に強盗その数入り乱れたり。しかるに、火をともし、太刀(たち)を抜き、目を見張りて、おのおの立ちすくみて、さらにする事なし。かくて数刻を経(ふ)。夜やうやう明けんとする時、ここに浄蔵、本尊に啓百(けいびやく)して、「早く許し遣はすべし」と申しけり。その時に盗人ども、いたづらにて逃げ帰りけるとか。

現代語訳

これも今では昔の事になりますが、天暦の頃、浄蔵(じょうぞう)が住んでいた八坂の坊に数人の強盗が乱入してきた。しかし、強盗はそれぞれ火を灯し、太刀を抜いて、目を見開いて、それぞれその場に立ちすくんだまま、いっこうに何もすることができない。こうして数時間が経った。夜もようやく明けようとする時、ここで、浄蔵(じょうぞう)は、御本尊にうやうやしく言上して、「もはやお許しなされませ」と申し上げた。その時になって、盗人どもは何も奪うこともなく逃げ帰ったということだ。

語句

■天暦のころほひ-九四七年~九五七年、第六十二代村上天皇の治世。■浄蔵(じやうざう)-三善清行の子(891~964)、四歳にして「千字文」を読んだと伝えられる俊才。叡山の玄昭の弟子。天慶三年(940)一月には、横川において大威徳法によって平将門の調伏を修し、将門の首がまもなく入京することを予言している。『拾遺往生伝』『元亭釈書』などによれば、浄蔵は、陀羅尼、修験、悉雲(しつたん)などの仏道以外の、管弦、天文、易道、医道、音曲、文章などの諸事にも通曉(つうきやう)していたとされる。■八坂-八坂寺。京都市東区八坂上町にあり、法観寺ともいう。■啓百して-言上して。■いたづらにて-何も奪うことなく。

備考・補足

■「本朝の験者三人、其中ニ第三ノ験者浄蔵」(扶桑略記)といわれた浄蔵の法力賛美の話。しかし、『教訓抄』に、朱雀門の鬼が浄蔵の笛の音に感心したと見え、『十訓抄』には博雅三位が鬼から得た「葉二」という名笛を博雅に劣らず巧みに奏したと伝えられており、編者は本話を前話に続く笛の名手の話として見立てたのかもしれない。

朗読・解説:左大臣光永