宇治拾遺物語 11-6 蔵人得業(くらうどとくごふ)、猿沢(さるさは)の池の竜の事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

これも今は昔、奈良に、蔵人得業恵印(くらうどとくごふゑいん)といふ僧ありけり。鼻大(おほ)きにて、赤かりければ、「大鼻の蔵人得業」といひけるを、後(のち)ざまには、ことながしとて、「鼻蔵人」とぞいひける。なほ後々(のちのち)には、「鼻蔵(はなくら)、鼻蔵」とのみいひけり。

それが若かりける時に、猿沢(さるさは)の池の端(はた)に、「その月のその日、この池より竜(りよう)登らんずるなり」といふ札を立てけるを、行来(ゆきき)の者、若き老いたる、さるべき人々、「ゆかしき事かな」とささめき合ひたり。この鼻蔵人、「をかしき事かな。我がしたる事を人々騒ぎ合ひたり。をこの事かな」と、心中にをかしく思へども、「すかしふせん」とて空知らずして過ぎ行く程に、その月になりぬ。大方(おほかた)、大和(やまと)、河内(かわち)、和泉(いづみ)、摂津国(せっつのくに)の者まで聞き伝えて集ひ合ひたり。恵印(ゑいん)、「いかにかくは集る。何かあらんやうのあるにこそ、あやしき事かな」と思へども、さりげなくて過ぎ行く程に、すでにその日になりぬれば、道もさりあへず、ひしめき集る。

その時になりて、この恵印思ふやう、「ただごとにもあらじ。我がしたる事なれども、やうのあるにこそ」と思ひければ、「この事さもあらんずらん。行きて見ん」と思ひて、頭つつみて行く。大方近う寄りつくべきにもあらず。興福寺の南大門の壇の上に登り立ちて、「今や竜の登るか登るか」と待ちたれども、何の登らんぞ。日も入りぬ。

暗々(くらぐら)になりて、さりとては、かくてあるべきならねば、帰りける道に、一つ橋に、盲(めくら)が渡り合ひたりけるを、この恵印、「あな、あぶなのめくらや」といひたりけるを、盲(めくら)とりもあへず、「あらじ、鼻くらななり」といひたりける。この恵印を、「鼻蔵(はなくら)」といふとも知らざりけれども、「めくら」といふにつきて、「あらじ、鼻暗(はなくら)ななり」といひたるが、鼻蔵に言ひ合せたるが、をかしき事の一つなりとか。
                              

現代語訳

これも今は昔、奈良に、蔵人得業恵印(くらうどとくごふゑいん)という僧がいた。鼻が大きく、赤かったので、人々は、「大鼻の蔵人得業」と言ったのだが、後には、長々しいということで、「鼻蔵人」と言った。さらに後々には「鼻蔵、鼻蔵」とだけ言った。

その僧が若かった時に、猿沢の池の端に、「○○月○○日に、この池から竜が昇ろうとするなり」と書いた札を立てた。それを見て、往来の者は、老いも若きも、それなりに分別のある人たちまでも、「ぜひ見たいものだ」とささやき合った。この鼻蔵人は、「おもしろい事だな。自分がしたことを人々が騒ぎ合っている。ばかげた話だわい」と、内心おかしく思っていたが、「だまって押し通そう」と、知らぬ顔をして過ぎて行くうちに、その月になった。だいたい、大和(やまと)、河内(かわち)、和泉(いづみ)、摂津国(せっつのくに)の者までがこの話を噂に聞いて集って来た。恵印は、「どうしてこんなに集まるのか。何かわけがあるに違いない。妙な事だわい」と思ったが、内心の動揺を表には出さないようにして過ぎ行くうちに、いよいよその日になった。道も通れないほど押し合いへしあい人が集って来る。

その時になって、この恵印は、「これはただ事ではないぞ。自分がした事ではあるが、何かわけがあるのだろう」と思った。「ひょっとして竜が昇るというのは本当かもしれない。俺も行って見よう」と、袈裟で頭を包み、目だけを出して行く。人混みで池の近くに寄り付けそうにもない。そこで、興福寺の南大門の壇の上に登り立って、「今や竜が登るか登るか」と待っていたが、どうして昇るはずがあろう。やがて日が暮れた。

暗くなったが、このままいるわけにもいくまいと、帰りかけたが、道の途中に橋が一つ掛かっており、橋の上で盲と行き合った。恵印は、「ああ、あぶない暗闇に盲人だ」と言ったが、盲人はすかさず、「それは違う。鼻暗(鼻蔵)なんじゃわい」と言ったもんだ。盲人は、この恵印を「鼻蔵」というとも知らなかったが、「目暗」と言われて、「それは違う。鼻暗なんじやわい」と言ったのである。それがあだ名の鼻蔵に偶然音が一致したのが、ひとつの笑いぐさであったということだ。
                                           

語句  

■蔵人得業-「蔵人」は在俗時代の官名か。「得業」は南都の三会(さんえ)(維摩会・御斎会・最勝会)の竪義(りゅうぎ)を勤めた僧の呼称。■恵印-興福寺の僧。大系によれば久安元年(1145)に竪者(りっしゃ)を勤め、のち已講(いこう)、権律師に就任した。

■猿沢の池-奈良市登大路町にある興福寺南大門前の前の旧放生池(捕らえた魚類などを放してやるために設けた池)。■をこの事かな-ばかげた話だわい。■すかしふせん-だまし隠そう。だまって押し通そう。■空知らずして-知らぬ顔をして。■何かあらんやうのあるにこそ-何かわけがあるに違いない。自分が仕掛けたいたずらであったはずが、人々の意が居な動向に、恵印自身も疑心暗鬼で引き込まれ、動揺し始める。■さりげなくて-内心の動揺を外には出さないようにして。■さりあへず-通れないほどに。「さりあへず」は「避り敢えず」で、人を避ける事ができずに、の意。

■やうのあるにこそ-きっと(自分の知らない)わけがあるに違いない。■さもあらんずらん-本当の事であるのかもしれない。竜が昇るというのは本当の事かもしれない。■頭つつみて-頭を包んで。僧侶が袈裟で頭を包み隠し、目だけを出したさま。

■かくてあるべきあらねば-そのまま待ち続けているわけにもいかないので。■あぶなのめくらや-あぶない、暗闇に盲人だ。「めくらに」は、目先の暗いの意と盲人の意とを掛けた。■あらじ-違う(目先が暗いのではない)。鼻先が暗いのだ。偶然にも「鼻暗」というのは恵印の「鼻蔵(人)」という通称と同じ音であった。■をかしき事の一つなりとか-一つの笑いぐさであったという話。

備考・補足

■集団心理に巻き込まれていく個人の心の経緯などをたどってみせた笑い話。芥川龍之介の『龍』の出典。自分の仕掛けたいたずらの立札が近隣の国々の人々の好奇心を誘い、群衆的行動となって動き出すと、いたずらの張本人までが、立札のでたらめに引っかかってしまう。結果は空しく、自己嫌悪の思いで帰途についた彼は、狭い橋の上で出会った盲人に気を遣い、「落ちでもしたら危ない、めくら(目暗・盲人)で」と声をかけた。「違う、危ないのは、はなくら(鼻暗・鼻蔵)のせいだ」と切り返されてギョッとする。みずから撒いた種で、この日は恵印にとってはまことに踏んだり蹴ったりの一日となったのであった。

朗読・解説:左大臣光永